アゾロの新作「エルド MID レザー GV」は、登山からキャンプまで快適に履けるオールラウンダーだった | フットウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アゾロの新作「エルド MID レザー GV」は、登山からキャンプまで快適に履けるオールラウンダーだった

    2022.11.11

    横のロゴの寄り

    イタリアのアウトドアフットウェアブランド・アゾロから、新作のマウンテンブーツが上陸。同ブランドの中でもシンプルかつシャープなデザインで、芝生のような柔らかい場所から岩場のような硬い場所まで、あらゆる場面で快適に履ける万能ブーツだ。

    硬い場所でも安定して歩けるグリップ力の高いブーツ

    シューズの全体

    「エルド MID レザー GV」¥29,700

    今回紹介するこちらは、約25Lのデイパックを背負って登山することを想定して開発されたミドルカットのブーツ。アッパーには1.5〜1.7mmのスエードレザーを配し、上品な佇まいを演出している。

    ブーツのアウトサイド

    つま先に貼られた補強材・ランドは後ろまで長く伸びる。

    ブーツの後ろ

    履き口から底まで真っ直ぐ下に落ちるシャープなフォルム。

    ブーツのインサイド

    アッパーから両サイドに伸びる撥水加工を施したスエードレザー。

    重量は片足415gで、本革を使用しているわりには軽量に仕上げている。こちらはグラファイトグリーンオアシスというカラーで、履き口やアウトソールなどに差し色でヴィヴィッドな色が入っている。

    防水透湿性やグリップ力はお墨付き

    アウトソールの全体

    ブラックとイエローの2色で構成されたアウトソール。

    アウトソールには、汎用性の高いビブラム メガグリップを採用。パターンは推進力や安定性を考慮した、アゾロ社とビブラム社が共同開発したもので、デコボコの多い木道からゴツゴツした岩場まで幅広く使える。

    トゥの底の寄り

    アウトソールの中で特にグリップ性の高いトゥ。

    トゥはクライミングゾーンという平らなソール部分を取り入れ、地面や岩場などの密着度を高めて優れた安定性を実現。

    ミッドソールの寄り

    イエローとグレーのミッドソール。

    ブーツ本体とアウトソールに挟まれたミッドソールにはEVAを入れており、優れた衝撃吸収性で硬い場所を歩いても膝への影響を最小限にしてくれる。つま先よりかかとのほうを厚くすることで、着地時のクッションがしっかり感じられるのだ。

    ゴアテックスのロゴの寄り

    防水透湿性に優れたゴアテックス。

    ビブラムソールのほか、生地にはゴアテックス メンブレンを取り入れ、水濡れや蒸れから足を守ってくれる。夏場だけでなく、冬場でも運動中には足が不衛生な環境になりやすく、ゴアテックスがあればとても安心だ。

    そのほかのディテールもチェック

    つま先の寄り

    しっかりとガードされたつま先。

    前述したランドをよく見ると、つま先に丈夫なラバー、その横にポリウレタンを採用している。この補強のおかげで、硬い場所でつまずいてもブーツを損傷することがなく、また2種類の素材を使い分けることで、耐久性と軽量を両立している。

    インソールの寄り

    シューズ界では人気の高いインソール。

    インソールには、多くのシューズメーカーで採用されているオーソライトを使用。オープンセルPUフォームという特許取得済みの独自素材を使っており、クッション性や通気性、防臭性、そして弾力性を兼ね備えている。

    靴紐の寄り

    靴紐の通し方もほかのモデルと異なる。

    また、靴紐は通常アイレットという穴に通すものだが、エルド MID レザー GVは2本の細い紐に靴紐を通す新しい構造になっている。これによって甲高の足でも締め付け感が軽減され、包み込むようなフィット感を得られる。

    実際にエルド MID レザー GVをフィールドでテスト

    フィールドでブーツを履いているシーン

    筆者は26.0cmを使用。

    ディテールを紹介したところで、次に実際にフィールドで履いて試してみた。こちらは以前にレビューした「ファインダー GV」と同様に26.0cmを使用。エルド MID レザー GVのラスト(型)はファインダー GVを比べてゆとりを持たせており、窮屈感はほぼ感じなかった。

    アゾロ「ファインダー GV」のレビュー記事はこちら

    坂道を登っているシーン

    急な坂道も楽に歩ける。

    坂道を下っているシーン

    かかとがいいブレーキになり楽ちん。

    次に坂道を歩いてみた。つま先のクライミングゾーンは凹凸がないため、岩場や小石の多い不整地、よくつまずいてしまう場所を歩いても難なく進めたのは良かった。
    個人的にすごいと感じたのは、ヒールカットがほかのモデルと比べてシャープになっているためか、下りの際にブレーキがしっかりかかり疲れにくかったこと。下り坂が続く場所なら重宝しそうだ。

    芝生の上で歩いているシーン

    キャンプでも快適性は変わらず。

    平地で使ってみると、靴紐でギュッと縛り付けられた感覚はなく、長時間履くことができた。アイレットではなく独自の靴紐構造をしているためか、甲高で幅広な筆者の足によく馴染んだ。

    使っていて気になったこと

    ヒール部の紐の寄り

    指を通してシューズインをサポートする紐。

    履き心地は申し分なく、登山からキャンプまで多くのフィールドで使えることがわかった。唯一個人的に気になったのは、シューズインするために設けられたヒールの紐が、取れてしまわないか心配だったこと。
    この部品は靴紐を通す細い紐と同じで、紐自体は切れる心配はないが、特に湿気の多い日や足が湿っている際は、これを強く引っ張ったらどうなるか、と感じてしまった。

    アウトドアフィールドで広く活躍できる一足

    ブーツを履いて山道を歩くシーン

    普段はローカットシューズを履くことが多い筆者だが、このエルド MID レザー GVは取材時もキャンプも履いていきたくなるブーツ。寒くなると、高い履き口が足首の冷えから守ってくれるし、ゴアテックスやビブラムソールなど確かな性能を備えたものを備えており、悪環境でも活躍すること間違いなしだ。

    商品概要

    アゾロ「エルド MID レザー GV」

    価格:¥29,700
    サイズ:25.0〜29.0cm
    重量:415g(27.0cm片足)

    http://www.honeyware.co.jp/lineup/GT14.html

    私が書きました!
    『ロウホウ』代表
    小川迪裕
    アウトドア&ファッションメディアの編集者、ライター、コンテンツディレクター。雑誌、WEBメディアの編集と執筆に加え、ブランドのホームページやブックレットの製作も行う。日産・エクストレイルの上にルーフトップテントを載せて車上泊をするのがキャンプスタイル。愛犬のジャック・ラッセル・テリアと旅をするのが今の夢。https://www.michihiro-ogawa.com

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 フットウェア 』新着編集部記事

    山散歩で足取りが軽くなる!確かな機能のハイキングシューズ2選

    2022.11.21

    アウトドアシューズブランド「HI-TEC」を知ってほしい!抜群の機能性かつオシャレなデザインが魅力

    2022.11.17

    2022年秋の新作!メレルの大人気ハイキングシューズ「モアブ3」がより高機能にアップデート

    2022.11.06

    人気のアウトドア長靴を一気見せ!メンズ・レディース・キッズ別にご紹介

    2022.10.30

    最強のスニーカーインソールまとめ!悩み別選び方のポイントも

    2022.10.22

    アウトドアの足の疲れに!AKAISHIのリカバリーサンダルでリラックス

    2022.09.30