実用性に妥協なし!ビーパル9月号の付録は「ドラえもん ミニ・シェラカップ 焚き火キャンプの巻」 | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 実用性に妥協なし!ビーパル9月号の付録は「ドラえもん ミニ・シェラカップ 焚き火キャンプの巻」

    2022.08.27 BE-PAL付録斎藤純平

    ビーパル2022年9月号特別付録「ドラえもん ミニ・シェラカップ 焚き火キャンプの巻」

    筆者私物。

    “キャンプを楽しむドラえもん”の特別なデザイン!

    ビーパル2022年9月号(8月9日発売)の付録は「ドラえもん ミニ・シェラカップ 焚き火キャンプの巻」。

    ドラえもんが焚き火でマシュマロを焼いている様子が描かれています。単なるプリントではなく立体的な刻印であり、ほかでは手に入らない完全オリジナルのデザインです。

    ミニ・シェラカップとほかのシェラカップを並べている

    部屋に飾っておくのにも丁度いいサイズ。

    容量は一般的なシェラカップの半分ほど。焼肉のたれを入れる容器として、ドレッシングを作るための器としてなど、ちょっとした使い方に適したサイズです。

    50ml刻みの目盛りがついているため計量カップとしても使用できるほか、なかにはプリンの型として使う人まで。

    可愛らしいデザインを最大の特徴としつつ、実用性もきちんと備わっているアイテムです。

    小さいけれど直火OKの本格仕様

    ミニ・シェラカップをバーナーで加熱している

    小型の燃焼機器との相性がいい感じ!

    ミニ・シェラカップのウリとして、厚いステンレスから作られているため耐久性・耐熱性にすぐれていること、そして普通のシェラカップと同じく直火にかけられる点があります。

    小型のシングルバーナーやアルコールストーブで使うことはもちろん、煤がついてもよければ焚き火台に乗せて使うことも可能です。

    ちょっとした料理やステーキソースを作るくらいであれば、十分にその役目を果たしてくれます。

    ただしすべてが金属製であるため、もちろんハンドルも高温になります。加熱調理に使う際、ヤケドには十分に注意しましょう。

    リュックに装着すれば水分補給に便利

    ミニ・シェラカップをリュックに装着している

    すぐに取り外せるように装着すると便利です。

    ミニ・シェラカップはハンドルが小さめに作られていることもあり、リュックに装着しても邪魔になりにくい利点があります。

    カラビナを利用してぶら下げておけば、活動中の水分補給に便利です。湧き水を見つけたときも、すぐに使えます。

    また、本体・ハンドルともに頑丈で、地面に落としたり多少荒っぽく扱ったりしても、使用不能になることはまずないでしょう。

    雑菌が気になれば加熱して殺菌できる点も、安心して使用できる要素です。

    同シリーズのアイテムとスタッキングできる

    複数のミニ・シェラカップを重ねた様子

    ミニ・シェラカップはコレクション性のあるアイテム。

    ミニ・シェラカップはビーパルの付録として、毎年の恒例となっています。いずれもデザインは異なるものの、サイズは同じ。複数持っていれば、綺麗に重なった状態で携帯できます。

    今後もミニ・シェラカップが毎年恒例の付録として続いていくとすれば、今回から集めていくのもいいでしょう。

    また、過去にはモンベルやオピネルとのコラボによって生まれた、特別なデザインのミニ・シェラカップが登場したこともありました。

    もしかすると今後、自分が好きなブランドとコラボすることがあるかもしれません。そういった意味でも、ミニ・シェラカップはなかなか目が離せないアイテムです。

    頑丈さは正義!半永久的に使える実用品

    ミニ・シェラカップを手に持っている

    小さくても持ちやすいところがお気に入り。

    メインの調理器具として使うには容量的に厳しいものの、所持していれば、いざというとき役に立ってくれる。

    そんなミニ・シェラカップは、いわば、アクセサリー感覚で携帯できる実用品です。

    コップの代わりとして、小皿として、そして調理器具として…。シンプルな道具であるだけに、さまざまなシーンにおいて使いどころがあります。

    注意すべきことがあるとすれば、焦げつかせると、それを落とすのに少々苦労する点。ドラえもんのイラストが立体的であることが理由です。

    とはいえ、どれだけ強くこすっても、模様がなくならないのも強みのひとつ。ガシガシとハードに扱っても大丈夫なミニ・シェラカップは、半永久的にデザインと実用性を損ないません。

    アウトドアにおいて、道具の“壊れにくさ”は非常に大切なことです。

    ミニ・シェラカップならどんな場所へも安心して持っていくことができ、そして使うたびに可愛らしいイラストで使用者を癒してくれることでしょう。

    私が書きました!
    アウトドアライター
    斎藤純平
    キャンプに関する記事を中心に執筆しているアウトドアライター。趣味はキャンプ・国内旅行・バイク・スキューバダイビング。温泉や神社を巡るのも好きで、そこそこ詳しい自信あり。どこにも定住しない自由気ままな生活を目指すため、ライターとして活動している。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    手軽で風味も良し!ロゴス「フレンチプレスコーヒーポット」が登場

    2022.10.03

    切ってそのままテーブルに!食器としても使えるロゴスの竹製まな板が発売

    2022.09.29

    格安ピザ焼き器を手に入れよう!マルカ「らくらくピザ焼き」を徹底レビュー

    2022.09.29

    2枚同時に焼ける!キャプテンスタッグ「ダブルサンドトースター」をレビュー

    2022.09.26

    キャンプでおすすめのスープジャーを紹介!選び方や注意点もチェック

    2022.09.25

    【新作】ナチュラルカラーがかわいい!おしゃれキャンパー必見のBRUNO「カセットコンロスリム」

    2022.09.20