コスパ・使い勝手に優れる5つのおすすめ着火剤!火おこしに不慣れな人、必見 | 火おこし道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

コスパ・使い勝手に優れる5つのおすすめ着火剤!火おこしに不慣れな人、必見

2022.08.28

筆者私物。

これがなければ始まらない!バーベキューには着火剤が必須

キャンプでバーベキューをする際に、火おこしは大事なポイント。時間がかかってしまうと、早く調理をしたい仲間や家族たちの気持ちは、じらされてしまいます。そんな空気の中、火おこしを急いてしまうこともあるでしょう。

火おこしのよくない例。これでは着火できません。

ここでやってはいけないのが、木炭や薪に、ライターで直接火をつけようとする行為。これでは時間がいくらあっても足りません。

そうです。バーベキューでの火おこしには着火剤が必要なんです!木炭や薪を並べて、着火剤にライターで火をつけて、あとは待つだけ。たったこれだけで、火おこしの完了です。

着火剤には数多くの商品がありますが、今回はとくにおすすめしたい5つのアイテムをピックアップします。

スマートに、クールに、スピーディーに火おこしを成功させ、デキるキャンパーだということを家族に見せてあげましょう!

富士屋「文化たきつけ」

定番中の定番!安く済ませたいならこれがおすすめ!

着火剤といえば、まずはコレ!木の繊維に灯油を染み込ませた、定番の着火剤です。1袋18本入りで、必要なぶんだけ折って使います。

価格が130円程度と安いこと、そして取り扱っている店舗が多いため手に入れやすいことが、この文化たきつけの魅力です。

手に灯油がつきやすいため、引火に注意。

灯油を使用しているだけあり、ライターでの着火はまさに一瞬。すぐに大きな炎をあげ、短時間のうちに火おこしが完了します。

使用後は密閉できる容器に移し替えることで、長期的に使用できます。それが面倒だと感じたら、1回で使い切ってもOK。これも価格が安いからこそ、できることです。

富士屋 文化たきつけ

内容量:18個
価格:オープン

富士屋
文化たきつけ

■数量:18本入り
■材質:木材繊維質・灯油


ロゴス「防水ファイアーライター」

火力、燃焼時間ともに優秀な着火剤。

ロゴスの「防水ファイアーライター」もまた定番の着火剤であり、その名のとおり、水に濡れても問題なく使用できるのが強み。

たとえいちど水に浸かってしまってもライターで簡単に着火でき、火力が強く、長い時間燃焼を続けます。

水に浮いた状態で燃え続けます。

子供がいる家庭では、手持ち花火に火をつけるための火種としても便利です。金属製のバケツに水を張り、防水ファイアーライターを1個浮かべた状態で着火すれば、より安全に手持ち花火を楽しめます。

灯油が用いられた着火剤とちがい、手に臭いがつかない点も、おすすめする理由のひとつ。1箱21個入りで長期保存も可能なため、災害用の備蓄としても優秀です。

ロゴス 防水ファイアーライター

内容量:21個
価格:オープン

ロゴス
防水ファイアーライター

総重量:(約)400g
内容量:21pcs

ソルスティックカン「ファイヤーライターズ」

テレビ番組でも紹介された注目のアイテム!

「ファイヤーライターズ」の特徴をひとことで表すとすれば、8分間燃え続ける極太のマッチ。

箱を開けると「文化たきつけ」のように1本1本が繋がった状態で並んでおり、それを手で折って使います。

手軽さはトップクラス!

使い方はよくあるマッチとほぼ同様。箱の側面のザラザラとした部分に、ファイヤーライターズ先端の発火薬を擦り、火がついたらあらかじめ組んでおいた薪や炭の下に潜り込ませるだけ。

成分として灯油ではなく植物性ワックスを使用しており、素手で触っても嫌な臭いがつきません。

ライターがなくても使用でき、コンパクトで携帯性にすぐれているため、もしものときの備えとしても心強い着火剤です。

ソルスティックカン ファイヤーライターズ

内容量:20個
価格:660円

ソルスティックカン
ファイヤーライターズ


ウェーバー「天然点火キューブ」

ジッパーつきの袋が便利な着火剤です。

フタつきのバーベキューグリルで有名なウェーバーの「天然点火キューブ」は、天然素材100%とカーボンニュートラルをウリにする着火剤。

ヨーロッパ産のおが屑を圧縮成形したもので、化学成分は不使用。そのため燃焼時に煤や臭いが発生しにくく、食材の味に影響を与えません。

火力・持続力ともに申し分なし!

内容量は48個で、1回の火おこしにつきキューブを2〜3個使う想定。そして火おこし器を用いることにより、15〜20分ほど待つだけで木炭の火起こしが完了します。

内容量が多いだけに、節約すればコストがかなり抑えられるところもポイントです。

3cmほどのコロコロとした形がユニークで、それをまとめる袋のデザインも秀逸。使いやすいだけでなく、見た目においても個性的な着火剤です。七輪での使用にもおすすめ!

ウェーバー 天然点火キューブ

内容量:48個
価格:890円

Weber
天然点火キューブ

原材料: ヨーロッパ産おがくず使用。化学成分一切不使用で安心安全
環境に優しい:化学成分不使用、匂いなし、変な煙も出ない


ブッシュクラフト「ティンダーウッド 100g」

中身を使い切っても、袋はそのまま使い続けられます。

「ただライターで着火するのは、なんだか味気ない」と、ちょっとした手間を楽しみたいのであれば、ブッシュクラフト社のティンダーウッドがおすすめです。

ここまでご紹介してきた着火剤とは性質が異なり、こちらは松脂をたっぷり含んだ天然の松をそのまま商品化したもの。

そして、“ファイヤースターター”を用いた火おこしを想定しているアイテムです。

着火に成功すると、ちょっとした達成感を得られます。

ファイヤースターターとは、いわば現代版の火打ち石。ナイフを使ってティンダーウッドを毛羽立たせ、ファイヤースターターで火花を飛ばして着火します。

ライターで着火するよりも難易度は高まりますが、これをスマートに成功できれば、お子さんからの評価がアップすること間違いありません!

ブッシュクラフト ティンダーウッド 100g

内容量:100g
価格:418円

ブッシュクラフト
ティンダーウッド100g

松脂成分


これでもう、家族を待たせることはない

週末のバーベキューにもキャンプでの焚き火にも、そして火おこしのやり方にも、それぞれのスタイルがあります。

便利なものに頼らず、自分のスキルを試すのも一興。反対に、不便はとことん排除して、ゆったり過ごす時間を大切にするのも素晴らしい選択です。

ここで考慮したいポイントは、自分ひとりが楽しむための時間か、それとも友人・家族で一緒に楽しむための時間か。

後者の場合、やはり火おこしは短時間のうちに済ませるのがベターといえるでしょう。そうなると、着火剤はなかば必須となるわけです。

ひと口に“着火剤”といっても、製品ごとに特徴はさまざま。それぞれの強みを楽しみつつ、自分にとって理想的な着火剤を探してみましょう!

私が書きました!
アウトドアライター
齋藤純平
キャンプに関する記事を中心に執筆しているアウトドアライター。趣味はキャンプ・国内旅行・バイク・スキューバダイビング。温泉や神社を巡るのも好きで、そこそこ詳しい自信あり。どこにも定住しない自由気ままな生活を目指すため、ライターとして活動している。
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 火おこし道具 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。