プラントハンター・西畠清順さんインタビュー「植物は生粋の旅人。遠くに行くことを考えているんです」 | ナチュラルライフ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 3
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ナチュラルライフ

    2017.01.09

    プラントハンター・西畠清順さんインタビュー「植物は生粋の旅人。遠くに行くことを考えているんです」

    アルゼンチン原産のパラボラッチョ。掘り 出した4本はトレーラーで運ばれ、検疫などの手続きを経て、5か月後に日本に届いた。

    アルゼンチン原産のパラボラッチョ。掘り出した4本はトレーラーで運ばれ、検疫などの手続きを経て、5か月後に日本に届いた。

    本気だからこそ、依頼もないのに自費で現地に行き、植物を探して輸入することもある。そのひとつが、アルゼンチンの巨木、パラボラッチョだ。意味は「酔っぱらいの木」。幹の真ん中が膨らんでいて、ビール腹の人に似ているのが名前の由来だ。

    「リスクは高いけど、植物を届けるのはオレの仕事。今、70以上のプロジェクトを抱えていますが、そのひとつひとつに対して、もっとも相乗効果の高いものを選びたいんです。
    だから、いろんなジャンルの植物を持つようにしています。オレが食虫植物で目覚めたときのように、この木を見て、ハッとなる人がいるかもしれないでしょ。大航海時代は、植物を運んでいた人たちが時代を変え、リードしていたんです。ゴッホの『ひまわり』だって、種が持ち込まれなかったら生まれなかったはず。
    だからつぎはオレの番(笑)。オレの届けた植物で、自然に興味を持ってくれる人が少しでも増えるといいなぁと思っています」

    77-2

     

    そら植物園代表・西畠清順さん

    1980年兵庫県生まれ。150年続く花と植木の卸問屋『花宇』の五代目。年間、国内外からの依頼が2000件を超えるという植物卸の仕事のほか、植物を用いたさまざまなプロジェクトを企業や団体と各地で展開している。

    『プラントハンター西畠清順』

    77-4NHK取材班編/小学館刊 ¥1,400(税抜)
    日々の活動やパラボラッチョのエピソードなど、人物像に多方面からアプローチ。魅力的な人柄に引き込まれる。

    ◎構成/松村由美子 ◎撮影/小倉雄一郎

    NEW ARTICLES

    『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

    縄文、ハニワって面白い! 夢枕 獏と考古学者・若松良一が語る「古代史の遊び方」

    2024.07.09

    破けたら直して使おう! 簡単にできて刺繍がかわいい「ダーニング」超入門

    2024.07.09

    水辺で拾った海洋ゴミで楽器作りはいかが?夏休みの自由研究にもおすすめ

    2024.07.07

    1本の竹から作る竹工作円ギア6選!難易度別に作り方を解説

    2024.07.06

    気象予報士・菊池真以さん伝授!昼は雲、夜は星を肉眼で楽しむ「空の観察」の楽しみ方

    2024.07.05

    地方の0円物件でアウトドア拠点を手に入れられる!?

    2024.07.02

    虫の絵の描き方、おもしろ樹木探し…すぐ始められる自然観察の楽しみ方3選

    2024.06.30

    ハーブティ、軟膏も手作りで!自然遊びのプロが指南「身近な薬草で作るナチュラル・レメディ」

    2024.06.30