重量185gの山用ザック!ブラックダイヤモンド「トレイルブリッツ12」をレビュー | バックパック・バッグ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    バックパック・バッグ

    2022.04.14

    重量185gの山用ザック!ブラックダイヤモンド「トレイルブリッツ12」をレビュー

    筆者私物。

    オールラウンダーとして使えるアタックザック

    アメリカ生まれの登山用品メーカー、ブラックダイヤモンド。

    実用的かつスタイリッシュなギアを数多く手がける同社から、重量185gを誇る超軽量なバックパックが販売されています。

    洗練されたデザインが魅力的。

    それがこの「トレイルブリッツ12」。

    軽さと強度のバランスにすぐれる、100デニールのリップストップナイロン生地を採用したモデルです。

    トレイルブリッツ12の本来の用途は、アタックザック。つまりはメインのバックパックとともに持ち歩き、必要なときに必要なぶんの道具を移し替えて活動するためのアイテムです。

    アウトドアにも、普段使いにも対応できるサイズ。

    しかしそれは、あくまで肩書き。軽い登山やハイキング程度であれば、最初からこれ1つだけで対応できます。

    ほかにもキャンプにおける、周囲の散策や貴重品の携帯。さらには釣りにおけるランガンなどにも、もってこい。

    漫画本1冊分程度の重さしかないという尖った特徴をもちながら、オールラウンダーとしても活躍してくれるバックパックです。

    素早く中身を出し入れできる“巾着式”を採用

    簡単かつ確実なロック機構。

    トレイルブリッツ12の上部は、1枚のフラップで覆われています。

    フラップを止めるパーツはフック形状のものを採用し、片手でも簡単にリリースできる仕様です。

    完全に覆いかぶさるカバーとちがい防水性はそこまで高くありませんが、多少の雨なら防いでくれます。

    地面に置かなくても開閉できます。

    フラップを開くと、巾着式の開口部があらわれます。コードのストッパーと、反対側に備わったリングを指でつかみ、グイッと引っ張るだけで開く構造です。素早く、かつ簡単に開けられます。

    もちろん、閉じるときもスピーディー。ワンアクションで開閉できる、非常に便利な作りです。

    歩きながらでも荷物の取り出しが可能!

    フラップを開け、メイン収納から道具を取り出し、再びフラップを閉じる。使い慣れると、これらの動作すべてを背負ったままで行なえます。

    この開け閉めの簡単さもまた、トレイルブリッツ12がもつ強力な武器の1つです。

    セキュリティポケットが貴重品の携帯に便利!

    内部に備わった、セキュリティポケット。

    装備しているポケットは必要最小限。メインの収納、フラップ裏の小さなポケット、トレッキングポール用のスリーブ、そして内部に設けられたセキュリティポケット。この4種類です。

    セキュリティポケットは、パッと見ではわかりにくい場所にあり、ジッパーが備わっています。車の鍵や財布など、貴重品の携帯において重宝する装備です。

    収納した状態でもハイセンスなデザインが光ります。

    また、このセキュリティポケットは、トレイルブリッツ12本体の収納袋としても機能します。収納時のサイズは、手のひらに乗るほどコンパクト。

    アタックザックとしてほかのバックパックに入れて携帯するだけでなく、車のグローブボックスや自転車のサドルバッグなどに入れておくのにも便利です。

    折りたたむだけなら、生地の傷みを気にする必要はありません。

    ちなみに、収納袋に入れずに折りたたむと、こんな状態になります。普段持ち運ぶ際は、これで十分でしょう。

    チェストストラップつきで装着感良好

    ブラックダイヤモンドのロゴが、ひかえめにプリントされています。

    まるで車のシートベルトのようなショルダーストラップは、しなやかで体にピッタリとフィットします。

    クッションは内蔵されていないものの、肩が痛くなるようなことはありません。ショルダーストラップの長さは、もちろん調整可能です。

    チェストストラップを装備している点も、背負い心地のよさに大きく貢献しています。

    ショルダーストラップの横ずれを防止してくれ、手足を使って岩場を登ったり、山道を走ったりする際も不安や不快感がありません。

    チェストストラップは細くてもしっかり機能します。

    また、チェストストラップは体型にあわせて、4段階の高さ調整ができます。チェストストラップ自体を取り外すのも簡単です。

    トレイルブリッツ12のシルエットは縦に細いため、横に揺さぶられる感覚もありません。少々ハードな活動においても違和感を与えない作り込みは、実際に使ってみてはじめてわかります。

    “軽い”は正義。しかしそれだけではない!

    この気軽に使える感じがイイ!

    登山に限らず、キャンプでも釣りでもどんなアクティビティーにおいても、軽さという武器は絶対的なアドバンテージを生みます。軽いというだけで、選ぶ理由としては十分といえるでしょう。

    トレイルブリッツ12が誇る185gという重量は、バックパックのなかではきわめて軽量です。

    いっぽうで、トレイルブリッツ12よりも軽いバックパックやアタックザックも、確かにあります。

    しかし100gを切るようなバックパック・アタックザックは、耐久性に不安が残るもの。

    登山においては木の枝や岩肌に引っかけることも多く、軽さをきわめたバックパックは、相応のリスクを覚悟しなければなりません。

    ハードな仕様にも耐える、丈夫な生地。

    その点、ブラックダイヤモンドのトレイルブリッツ12は、軽さと耐久性、そして機能性や快適性。そのすべてにおいて、非常にバランスよくまとめられています。

    そしてなにより、見た目がカッコいい。

    「すべての人にとってベストな選択である」とまでは言いませんが、「多くの人にとってベターな選択である」と、自信をもって言える逸品です。

    ブラックダイヤモンド
    トレイルブリッツ12

    サイズ:ワンサイズ
    容量:12L
    重量:185g
    素材:100d リップストップナイロン
    価格:6,050円


    私が書きました!
    アウトドアライター
    斎藤純平
    キャンプに関する記事を中心に執筆しているアウトドアライター。趣味はキャンプ・国内旅行・バイク・スキューバダイビング。温泉や神社を巡るのも好きで、そこそこ詳しい自信あり。どこにも定住しない自由気ままな生活を目指すため、ライターとして活動している。

    NEW ARTICLES

    『 バックパック・バッグ 』新着編集部記事

    この三角形が使いやすい!アウトドアでおすすめのショルダーバッグを紹介

    2024.05.17

    キャンプには「腰鉈」ならぬ「サコ鉈」がおすすめ!火おこし道具や調理道具も一緒に

    2024.05.16

    ハイカーに人気のデイパック「Thule AllTrail」が、タウンでも使いやすくなった!

    2024.05.15

    街でもデイキャンプでも!軽量でおしゃれ、保冷機能も抜群なソフトクーラーバッグを発見

    2024.05.14

    パーゴワークス「RUSH 10」愛用レビュー!トレランのバックパックエントリーモデルはこれだ

    2024.05.12

    ドライバッグ11選|雨の日や、川海などのレジャーに欠かせない防水バッグ

    2024.05.05

    マックパックとはどんなブランド?特徴やおすすめモデルを紹介

    2024.05.04

    ソロキャンプ向けリュックおすすめ16選!売れ筋の人気モデルを紹介

    2024.04.28