CHUMS ×BE-PALの焚き火台とトランギアのアルストで野点をしてみた[読者投稿記事] | 焚き火道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

CHUMS ×BE-PALの焚き火台とトランギアのアルストで野点をしてみた[読者投稿記事]

2021.06.21

ギア類は使ってなんぼ、使い込んで味も出てくる物かと思いますが、やはりこの様に美しく愛らしい佇まいのCHUMS ×BE-PALの焚火台は、もう少しこの美しさを堪能させて頂きたいです(*´∇`*)。

と思った時に、トランギアのアルストとの組み合わせはどうか…?
…的中でした。
この辺のスケールのとり方は流石ですね。
ハイマウントのアジャスタブルグリルとも相性は良く、安定感が増します。

マイフェイバリットメーカーのチャムスなので、当然自前の他のチャムスギアと相性が悪いはずがありません。
サムズアッププレートと、マグカップの相性も抜群です。
ギアが変わるとコーヒーの味も、変わるんですよね。
次の次の次のソロキャン時!?、フェザースティックとファイヤースターターを使い、再び野点を楽しみたいと思います。
またコーヒーのお味も変わるはずですよね。



※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

TAKASHIさん

ファミキャン&グルキャン歴9年目。
2020年10月、遂にソロキャンデビュー!

少年かむい殿、西尾維新様、細美武士師匠…リスペクトです。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 焚き火道具 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。