ソロキャンプ用にホームセンターの材料で武骨なオイルランタンを自作[読者投稿記事] | ランタン・ライト 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

ソロキャンプ用にホームセンターの材料で武骨なオイルランタンを自作[読者投稿記事]

2020.11.02

キャンプでの雰囲気づくりにランタンの灯りも貢献しますよね。
ガスランタン、ハリケーンランタン、LEDランタン、キャンドルランタンなど市販のものも使っていますが、すぐ手元に、癒される,揺れる灯りを置いておきたく、ホームセンターの金具とセリアのガラス瓶2つでDIYしてみました。

立管バンドとは、配管自体の重量を支えるものではなく、長い縦の配管を保持して振れを止めるものです。
上下のバンドを渡すように握り手をつけています。ビールを注ぎたくなる見映えです(笑)。
光が漏れ出るように、穴を多数開けましたが、不要だったようです。よって超簡単DIYになります。
作ってひと月ほどですが、テントサイトのインテリアとしても気に入り、一軍選手として活躍しています。

ガラス瓶の上から差し込みましたが、割れるのではと冷や冷やでした。
難燃のカーボンフェルトなどを間に挟むとよかったのかもしれません。
許可を得て、立管バンドを複数の100均ショップに持ち込んで合うガラス瓶を探しました(笑)。

炎を灯す芯を取り付けるため、小瓶の蓋に10mmの穴をあけます。ナットで隠れますので、後述のネジが入れば大丈夫です。

コンクリート土間に収納庫を固定する際に使う打ち込み式のアンカーボルトのピンを抜いて、芯を保持するバーナーにします。
写真では下を向いていますが、先端のピンは、後ろの割りの部分を一撃すると簡単に抜けます。

必要なのは上半分のネジ部です。写真のようにカットするのではなく、穴の開いたネジ(130円程度)を入手した方が賢明でした。その存在を工作後に知りました(笑)。

お試し点火、OK。
くるくる回して芯を上げ下げ……は出来ません。短くなったらラジオペンチで引き上げることとします。


※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

バリカタさん

『創って・作って・使う』をモットーにキャンプで使えるギアのDIY方法、アイディアを共有しています。
DIY情報発信が、キャンプグッズを作る楽しみ、愛着に繋がり、アウトドアライフの更なる充実と満足度向上に貢献し、多くの方のココロとカラダの健康促進に寄与出来れば幸いです。
DIYに幸せ、充実を感じておられる皆さま、人とは違うソロキャンプをお楽しみの皆さま、これからキャンプを始められる皆さま、多少の失敗など気にせず、Only Oneなアウトドアを是非一緒にエンジョイしましょう!
36,000名様にご登録いただいているYouTubeチャンネル『バリカタさんのDIYキャンプ工房』にてテーブル、焚き火台、五徳などなどの制作の様子を配信中で、同じ趣味をお持ちの方と双方向で情報交換しています。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ランタン・ライト 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。