2位はバンドックのソロパップテント、1位は…?2021年『Amazon』で売れたアウトドア道具ランキング | キャンプ用品 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

2位はバンドックのソロパップテント、1位は…?2021年『Amazon』で売れたアウトドア道具ランキング

2022.03.17

快適キャンプを楽しめる実用グッズが人気でした

コールマン、スノーピーク、SOTOなど、お馴染みの有名アウトドアブランドも数多く見かけるオンラインストア『アマゾン』。ペグやクッカーなど、アウトドアショップで手薄になりがちな、細かな商品を素早く買うことができるため、利用経験のある方も多いのでは。

2021年のトップ5では、DOD、バンドック、コールマンと、キャンプ場でもお馴染みのブランドが占めた。
 
トップ30を見ると、キャンプ用品が全般に強く、顕著な傾向としては、テントを中心にソロキャンプ関連グッズのランクインが目立つ。ブランドとしては、スノーピーク、コールマンがよく売れている。

おもしろいところでは、ガーミンのアスリート向けウォッチが3点もランクイン。コロナ太り解消のため効果的にランを取り入れた人が増えたのか? 

第1位・第3位・第6位 4段階に高さを変えて快適に

第1位 DOD/スゴイッス(タン) ¥9,430

DOD/スゴイッス(タン)

第3位 DOD/スゴイッス(カーキ) ¥9,430

DOD/スゴイッス(カーキ)

第6位 DOD/スゴイッス(ブラック) ¥9,430

DOD/スゴイッス(ブラック) 

焚き火をメインにした今どきのロースタイルから、オーソドックスなハイスタイルまで、ひとつのチェアで4段階の高さに調整できる多機能フォールディングチェア。カラー別に3色がベスト10入り。

第2位 焚き火好きソロキャンパーの新定番

バンドック/ソロベースEX 
¥34,800(カーキ)

 

バンドック/ソロベースEX 

新潟県三条市に本拠地を置くバンドックのソロパップテント。こちらはフルクローズ可能で、インナーテントまで付属。フライはコットン混紡生地で、焚き火との相性もいい。

第4位 買いやすく実用的なファミリーテント

コールマン/タフスクリーン 2ルームハウスMDX 
¥57,173

 

コールマン/タフスクリーン 2ルームハウスMDX

日本のファミリーキャンパーに大人気の2ルームテント。広いリビングスペースは、虫を除けるメッシュスクリーン付き。キャノピーの張り出しもできる。

第5位 焚き火しながらひとり時間をのんびりと

バンドック/ソロ ティピー 
¥27,800

バンドック/ソロ ティピー 

焚き火に強いTC生地を使ったワンポールテント。サブポールが付属するので、フライシートを広げて簡単な前室を作ることもできる。インナーテント付き。

第7位 一度座ったら立ち上がれない?

コールマン/インフィニティチェア 
¥7,673

 

コールマン/インフィニティチェア 

座ったままでリクライニング操作ができる極上のリラックスチェア。足をのせたまま寝ころべるので、昼寝やチルタイムには最高の相棒となる。

第8位~第30位 こんな商品が売れました!

第8位 キャプテンスタッグ/EVAフォームマット56×182㎝
第9位 コールマン/ツーリングドームLX
第10位 コールマン/アウトドアワゴン(レッド)
第11位 DOD/いつかのタープ
第12位 コールマン/ツーリングドームST
第13位 ジェントス/LEDランタンエクスプローラー
第14位 スノーピーク/チタンシングルマグ300㎖
第15位 コールマン/マルチレイヤースリーピングバッグ
第16位 バンドック/ソロベース
第17位 ガーミン/フォーアスリート745(ブラック)
第18位 スノーピーク/チタンシングルマグ450㎖
第19位 コールマン/キャンパーインフレーターマットハイピーク・ダブル
第20位 スノーピーク/アルミパーソナルクッカーセット SCS-020
第21位 スノーピーク/ホーム&キャンプバーナー(カーキ)
第22位 炭魂/大黒オガ備長炭 10㎏
第23位 スノーピーク/ホーム&キャンプバーナー(ブラック)
第24位 スノーピーク/エントリー2ルーム・エルフィールド
第25位 ガーミン/フォーアスリート245(ブラック)
第26位 富士錦/パワー森林香(赤色)30巻入り
第27位 コールマン/ルミエールランタン
第28位 キャプテンスタッグ/アルミ ロールテーブル (コンパクト)
第29位 コールマン/ファイアーディスク
第30位 ガーミン/フォーアスリート55(ブラック)

『Amazon』とは

1995年にアメリカ・ワシントン州で創業したEコマースのリーディングカンパニー。日本では、2000年にサービスを開始し、現在は書籍、エレクトロニクス、スポーツ用品、食品など数億種類の商品を取り扱う。
https://www.amazon.co.jp/

※2021年1月1日から2021年11月14日の「Amazon」における流通額のランキングです。
※表示価格は2021年12月12日時点の「Amazon」における販売価格です。

 

※構成/山本修二 (BE-PAL 20222月号より)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンプ用品 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。