あのブランドが一人勝ち?2021 年全国のショップで本当に売れた「防寒アウター」ランキング | アウトドアウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

あのブランドが一人勝ち?2021 年全国のショップで本当に売れた「防寒アウター」ランキング

2022.03.24

キャンプに山に焚き火にブッシュクラフトに! とアウトドアブームにわく昨今ですが、そんな熱気のなかでいったい何が売れているのか? 全国17店舗のアウトドアショップに調査を依頼し、売れに売れた物をリサーチしました。

ここでは、「防寒アウター」のベストヒットランキングをご紹介します。

第1位

抽選販売はもはや冬の風物詩!

ザ・ノース・フェイス/バルトロライトジャケット 
¥60,500

ダウンジャケット

不動の人気を誇るモデル! 見た目より軽く、ゴアテックスインフィニウム採用で雪や小雨にも対応します。(エルブレス御茶ノ水本店)

真冬の天体観測や雪中キャンプにも対応する厳冬期用のダウンジャケット。3年前には発売日に200名を超える行列ができ、以降混乱を避けるため抽選に。特殊セラミックの遠赤外線効果を持つ光電子ダウンが強力な保温力を発揮!

問い合わせ先:ゴールドウイン カスタマーサービスセンター 03(3481)7266、0120-307-560

第2位 

どこにでも羽織っていける化繊綿の気軽さ

アークテリクス/アトム AR フーディ 
¥38,500

ダウンジャケット

クリーンなデザインと高性能で今年も上位入り! 薄手ナイロン地に独自中綿を封入しアウターにも中間着にもなる。同シリーズの人気ぶりは本社社員も1着は所有するほど。ARはオールラウンドの意。

問い合わせ先:アークテリクス カスタマーサポートセンター consumerservice-apac-ja@arcteryx.com

第3位

売り切れ続出!クリーンで暖かい最強ダウン

ザ・ノース・フェイス/ビレイヤーパーカ 
¥60,500

ダウンジャケット

その名のとおりクライミングのビレイヤーのための一着だが、汚れを徹底洗浄した光電子ダウンの高い保温力や、内外ともに水に強い素材などから幅広いユーザーに大人気。入手困難なダウンアイテムのひとつ。

問い合わせ先:ゴールドウイン カスタマーサービスセンター 03(3481)7266、¡0120-307-560

第4位

ダウン専門ブランド自慢の一着

ナンガ/オーロラライトダウンジャケット 
¥74,800

ダウンジャケット

セレクトショップの取り扱いが増すなどファッション業界も熱視線を送るモデル。国産ブランドとしてダウンの品質は間違いなし。この価格に納得の一着。
問い合わせ先:ナンガ 0120-920-106

同率第4位

タウンでも映える定番デザイン

ザ・ノース・フェイス/マウンテンダウンジャケット 
¥68,200

ダウンジャケット

アイコニックな肩切り替えデザインをあしらった防水ダウンジャケット。リサイクルダウンを70デニールのゴアテックス生地に封入。今年も人気で購入制限がかかった。

問い合わせ先:ゴールドウイン カスタマーサービスセンター 03(3481)7266、0120-307-560

第6位~第15位

第6位 マムート/ロゼグINフーデッドジャケットAF Men
第6位 ザ・ノース・フェイス/サンダージャケット
第6位 パタゴニア/イスマス3in1ジャケット
第6位 パタゴニア/ボーイズ・インファーノ・ジャケット
第10位 ミレー/ティフォン50000 2Lストレッチダウン
第10位 マウンテンイクィップメント/パウダーデュぺ
第10位 アークテリクス/ニュークリアイ SV パーカ
第10位 ファイントラック/ポリゴンUL2ジャケット
第10位 モンベル/コロラドパーカ
第15位 グリップスワニー/リップストップパーカー

担当ライター注目!ストンと被れてお尻まで暖か

ノローナ/ウィメンズロフォテン プリマロフト80アノラック 
¥52,800

ダウンジャケット

世界最軽量の断熱材エアロゲルを化繊中綿にコーティングするというハイテク技術で薄手ながら抜群の保温力。丈が長いので雪山の待機時間に絶対使える!

問い合わせ先:フルマークスカスタマーセンター cs@full-marks.com/

※構成/福瀧智子 撮影/山本 智
(BE-PAL 2022年2月号より)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドアウェア 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。