3位はスノーピークとMSR、2位ogawa、1位は…?いま売れてるソロテント 26選 | テント 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

3位はスノーピークとMSR、2位ogawa、1位は…?いま売れてるソロテント 26選

2022.05.01

テント

今、どんなアウトドア商品が売れているのか? 全国17のアウトドアショップに2021年の「売れたもの調査」を依頼。結果から判明したベストヒット商品を発表します! 今回は「ソロキャンプ向けテント」のランキングをご紹介。キャンプデビューする人が増え、リーズナブルなモデルを選ぶ傾向が顕著です。一方で、店舗スタッフの助言をもとに、品質や機能性に実績のあるモデルを選択するビギナーも多いようです。

第1位

夏でも涼しいダークルームテクノロジー採用

コールマン/ツーリングドーム/ST+
¥19,800

テント

「これからソロキャンプデビューするという方にお薦めしやすい価格帯と機能性が決め手ですね」(SWENフレスポ小田原店)

独自の遮光素材フライが、テント内の温度上昇を抑えてくれる。室内は真っ暗になるが、ルーフに透明窓が付いているので必要に応じて光を取り入れることができる。フライ前面パネルは、別売りポールで張り出すことも可能だ。

問い合わせ先:コールマン カスタマーサービス 0120-111-957

第2位

前室が広く使い勝手バツグン!

ogawa/ステイシーST-Ⅱ
¥48,400

テント

前室両サイドにドアを装備。ドアのジッパーと裾が連動し、パネルが地面について汚れるのを防ぐ親切設計はさすが。収納するとコンパクトなのに、前室サイズは幅220×奥行き110㎝!

問い合わせ先:キャンパルジャパン 0800-800-7120

第3位

居住性に優れコスパも抜群!

MSR/エリクサー2 
¥38,500

テント

魚座型に交差するフレームで天井を広げ、リッジポールによって前後ドアを垂直に近く立ち上げることで広い居住空間を確保。誰でも直感的に設営できる、シンプルなフレーム構造だ。

問い合わせ先:モチヅキ 0256(32)0860

第3位

初心者にやさしい機能性と価格

スノーピーク/アメニティドームS
¥35,200

テント

ソロ部門でのランクインだがテント自体は大人ふたりと子供ひとりが寝られるから、ソロユースとしては贅沢すぎるほどのサイズ。品質、耐久性もこの価格はまさに"神"価格!

問い合わせ先:スノーピーク 0120-010-660

第3位

ひとりでも立てやすいポールポケット式

コールマン/ツーリングドーム/LX 
¥19,800

テント

吊り下げ式インナーテントのクロスポールの片側がポケット状になっているので、ひとりでも設営が楽ちん。前後に出入り口がある2〜3人用のサイズだからソロならゆったり過ごせる。

問い合わせ先:コールマン カスタマーサービス 0120-111-957

第6位

通気性に優れた3シーズン仕様

ライペン/トレックライズ1
¥46,420

テント

フロアの長辺側に半月状に開く出入り口を装備。外側がメッシュパネルになっているので内側からの換気、通気調節がしやすいのが特徴だ。

問い合わせ先:アライテント 04(2944)5855

第7位

居住空間が広いスクエアデザイン

ニーモ/オーロラストーム2P 
¥34,100

テント

リッジポールで押し広げられた天井と、垂直に近い状態まで立ち上がったウォールを持った広々空間が魅力だ。2人用モデル。

問い合わせ先:イワタニ・プリムス 03(3555)5605

第7位

軽量でコンパクトな"人力移動"用

ライペン/エアライズ2 
¥48,400

テント

フロアの短辺側に出入り口があり、狭い岩棚でも使える山岳仕様。最大3人までが寝られるサイズ設定で、フライはグリーンが人気。

問い合わせ先:アライテント 04(2944)5855

第7位

軽量性に優れたミニマムなひとり用

ライペン/エアライズ1
¥42,900

テント

幅130㎝のエアライズ2に対して、こちらは100㎝。その分190g軽い、1,360g。山屋からの絶大な支持を誇る定番モデルだ。

問い合わせ先:アライテント 04(2944)5855

第7位

夏は涼しく、冬は暖かいTC素材

バンドック/ソロベース 
¥44,000(参考価格)

テント

焚き火の火の粉にも強いポリエステルとコットンの混紡素材を使用。付属インナーテントはメッシュ素材で通気性バツグンだ。

問い合わせ先:カワセ 0256(33)0532

第11位~第25位

第11位 ムラコ/ラピードX1ー2P
第11位 ニーモ/アトム1P
第11位 ゼログラム/スルーハイカー 1P(フットプリントなし)
第11位 モンベル/ステラリッジ テント2
第11位 ヒルバーグ/アナリス
第11位 ファイントラック/カミナドーム1
第17位 ニーモ/アトム2P
第18位 ファイントラック/カミナドーム2
第18位 スノーピーク/ランドブリーズPro.1
第18位 ノルディスク/ファクシー2
第18位 ゼインアーツ/オキトマ2
第18位 ライペン/トレックライズ0
第18位 モンベル/ステラリッジテント1
第18位 ニーモ/タニ1P
第25位 ザ・ノース・フェイス/エバカーゴ2

ライター注目!半端なく居住空間が広い新デザイン

シー トゥ サミット/アルトTR1プラステント 
¥51,700

 

テント

ポールメーカーDAC社の創業者と共同開発した、天井を押し広げる独自のフレーム構造。その他使いやすい機能が満載されている。

image

問い合わせ先:ロストアロー https://www.lostarrow.co.jp/

※構成/坂本りえ 撮影/永易量行 協力/影山盛太、木村泰河 (BE-PAL 2022年2月号より)

 

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 テント 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。