想い出深いランドセルがキャンプチェアに!?ランドセルをリメイクできる新サービス登場 | チェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

想い出深いランドセルがキャンプチェアに!?ランドセルをリメイクできる新サービス登場

2022.01.11

小学校6年間使用するランドセル。現在6年生の子どもたちは、その役目があと数か月で終わってしまう。子どもの成長とともに過ごしたランドセルとの別れは親としても寂しいものだが、保管したところで正直これといった使い道はない。でも捨てるに捨てられない。だったら別のものにリメイクするのはどうだろうか?

キャンプでも家の中で使ってもOK

スツールの製作を手掛ける職人。

スツールの製作を手掛けるのは、地元静岡の家具メーカー ヒノキクラフト。

静岡の鞄メーカー『池田屋』では、役目を終えたランドセルをスツールにリメイクする新サービスを開始した。注文はもちろん、池田屋ランドセル以外でも可能。ランドセルを背負ったときにみえる部分“カブセ”を座面に使用することで、世界に1つだけのオリジナルスツールへとよみがえる。

日本ヒノキのスツール。

美しく光沢のある白い木肌が特徴の「日本ヒノキ」。湿気に強く、非常に軽い無垢材で、経年変化により色濃く艶やかに変化する。1万8700円

スツールの脚は日本ヒノキとチェリー、ウォールナットの3種類。サイズは高さ約34cm42cmから、それぞれ自由に組み合わせることができる。キャンプやBBQなどのアウトドアシーンではもちろん、屋内でも魅せる・使えるインテリアとして活躍しそうだ。

チェリーのスツール。

緻密で柔らかな木肌が特徴の「チェリー」。経年変化が大きい樹種のため、時間とともに表情を変えていく。1万9800円

カブセが寿命を迎えても張替え用の革と布を用意しているそうで、メンテナンスを楽しみながらずっと使える。初回注文は2022111日より受け付けているが、受付後2週間以内にランドセルを送る必要があるとのこと。現6年生の場合は、卒業後に受付をしたほうがいいだろう。

ウォールナットのスツール

美しい木肌と深く紫がかった暗褐色が特徴のウォールナット。高級材として人気がある。2万900円

池田屋ランドセル

https://www.pikachan.com/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 チェア 』新着ユーザー投稿記事

『 チェア 』新着ユーザー投稿写真

『 チェア 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。