濡れたテントの持ち帰り、シートカバー、ポンチョなど7変化!キャンプで超便利な新発想バッグ『andback』活用術 | バックパック・バッグ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 濡れたテントの持ち帰り、シートカバー、ポンチョなど7変化!キャンプで超便利な新発想バッグ『andback』活用術

    2021.12.03 山本修二

    一見するとお洒落なバッグ。開けば様々な用途に使えるシートに変身

    マルチに使える『andback』(アンドバック)が、一般販売を開始した。2021年6月に開催された『アウトドアライフスタイルショー』で展示(https://www.bepal.net/event/164734)され、注目を集めたこの商品。キャンプ、サーフィン、フィッシング、MTBなど、あらゆるアウトドアシーンで便利に使えるアイデア品だ。

    簡単に説明するなら、耐水性、撥水性に優れたナイロンで作られた、1辺約110cmのシート型バッグである。シートの外周には、フックやストラップ、そして、フードが取り付けられている。このひと工夫が秀逸で、様々な用途に対応できる仕掛け。

    バッグとして使う際には、三角形のトートバッグ風に。

    1.濡れたテントをそのまま包んで持ち帰る

    雨降りの日のキャンプの撤収。濡れたテントは、ゴミ袋などに入れて持ち帰るのが一般的だろう。そんなときにはandbackを広げ、その上にドサドサとテントを載せたら、シートの端を折り返して包んでしまう。続いて備え付けのフックを数か所留めれば、テントをしっかり包んでバッグに変身。手提げできるストラップがついているから、車載するのも楽々。メーカーにもよるが、ソロテントから小ぶりの4~5名用程度のシングルルームテントに対応するそうだ。

    シートを広げて濡れたテントを載せて包むだけで撤収完了。しっかり包んでおけば、車内で多少揺れても水漏れしない。

    2.キャンプ場到着後のギア置き場に

    キャンプ場に到着。クルマに満載してきた道具をおろすとき、地面に直置きしたくない大切な道具もあるだろう。そんな道具をおろす前に、andbackを敷いて、その上に置けば問題解決。

    ブルーシートを敷くのもありだが、かっこいいシートなら気分もあがる。

    3.薪を置く

    このシートは、PVCコーティングされているため耐水性が高い。シートとして敷いた上に薪を載せた場合、地面からの湿気を防ぐことができる。夜になったら、薪を包んで保管。夜露や急な雨から、薪が濡れることを防ぐ効果が期待できる。

    薪専用に使うのもあり。車内に積んで運ぶ際には、細かい木端が車内に散らばることも防げる。

    4.雨のときはポンチョに変身

    シートの外周に縫製されたフードを被れば、なんとポンチョとしても使える。うっかり雨具を忘れてしまったときに役立つだろう。

    雨具を忘れた際に助けられるかも。

    5.濡らしたくない道具のカバーに

    キャンプ道具は、たとえタープの下に置いていても、風が吹けば濡れてしまうこともある。大切な道具をずぶ濡れにしたくなければ、andbackに包んでおこう。箱物なら、そのまま上にかけておくだけでも、かなりの濡れを防げるだろう。

    6.クルマのシートカバーにも

    フライフィッシングでウェーダーを着たままポイント移動をする際には、andbackのフードをクルマのヘッドレストにかけて、シートカバーとして使用。濡れたまま運転しても、シートを濡らさずに移動できる。サーフィン、大雨のキャンプの撤収にも役立ちそう。

    濡れた服、汚れた服でクルマに乗る前に、andbackをシートにかければもう安心。

    7.水遊びあとの着替えも快適

    子供の川遊びや、濡れた服を着替えるときには、andbackを敷いてその上で。砂利や砂で足を汚さないですむので、タオルでサッと拭いて快適に着替えられる。

    濡れた足に砂や砂利が付くと、落とすのも大変。シートの上で快適に着替えよう。

    ブルーシートやゴミ袋でも、andbackと同じようなことはできるかもしれない。でも、せっかく楽しいアウトドアの時間を過ごすのだから、どうせならスタイリッシュに濡れ物にも対応したい。アイデア次第で、もっといろいろな使い方もできると思うので、クルマに1枚積んでおいてはいかがだろう?

    カラーは全4色。

    商品情報

    andback
    価格:14,080円
    サイズ:シート約110cm×110cm
    フード内収納時:約25cm×25cm×15cm
    重量:700g
    素材:ナイロン100%
    カラー:カーキ、ブラック、グレー、ブラウン
    撥水性:4(5段階評価中)
    耐水性:1517mm(テントと同等)
    耐荷重:150kg
    容量:約20L
    販売元:美創
    https://andback.jp/

    (写真提供/美創)

    私が書きました!
    フリーランスライター
    山本修二
    1963年東京生まれ、名古屋在住。自転車が得意なフリーランスライターとして、本誌を中心に25年以上東京で活動。2015年に名古屋へ移住し、スポーツバイクの輸入代理店でマーケティング広報を担当。2019年12月からライター活動を本格再開し、アウトドア遊びのパラダイス=名古屋からディープな情報をお届けします。著書『スポーツ自転車でまた走ろう』(技術評論社) http://yamabon.jp

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 バックパック・バッグ 』新着編集部記事

    「2WAYミニライト」と「サコッシュ」をセットで使うと超便利だった!

    2022.10.18

    【無印良品新商品】人気の「肩の負担を軽くするリュック」に新バリエーション登場

    2022.09.10

    ホーボージュンが解説!いま手に入れるべき2大ブランドのバックパック

    2022.08.30

    夢の組み合わせ!L.L.Beanの「ボート・アンド・トート」と『ドラえもん』

    2022.08.23

    アメリカ「CROME」のイカしたハンドルバーバッグ。ウエスト&ショルダーバッグにもなるよ

    2022.08.21

    キッズ向けのアウトドアリュックおすすめ12選。選び方も紹介

    2022.08.20