夏休みにまだ間に合う! 「ふじさんミュージアム」に行こう!! | ニュース 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 夏休みにまだ間に合う! 「ふじさんミュージアム」に行こう!!

    2016.08.23

    富士吉田市歴史民俗博物館が2015年4月にリニューアル!
    「ふじさんミュージアム」になりました。

    展示内容や、展示方法が一新。プロジェクションマッピングを含む映像がふんだんに取り入れられた、小学生から大人までみんなで楽しめるミュージアムになっています!①ミュージアム外観

    人はなぜ富士山へ登るのか?
    遥か昔から、人々を魅了し続ける富士山。
    ただの「山」ではなくなった富士山と人との歴史がここにギュッと詰め込まれています。②企画展ポスター9/26までは、こちらの企画展をやっています。
    入場料がお手頃なのも嬉しいですね。隣接している富士山レーダードーム館などとのセット券800円が絶対お得!オススメです。

    さて、ミュージアムの内容ですが、全部紹介しちゃったら行く意味がなくなっちゃうので、私目線でちょこっとお見せします。③金鳥居目の前にはどーんと、「金鳥居」が。これは明治時代のものを約1/2サイズで復元した物です。それでも天井いっぱいです。

    現在の「金鳥居」は富士山駅の東側すぐのところ(国道137と国道139が交わるところ)にあります。北口本宮冨士浅間神社への一ノ鳥居。ここが吉田口登山道の入り口となっています。鳥居の向こうには富士山が見え、俗世界と富士山信仰の世界とを仕切る境界線となっていたそうな。確かに鳥居越しの富士山はより神々しく見える…。

    ④浮世絵おっとっと、さて展示に戻ります。
    参道をイメージして左右に部屋が。全部で10の展示ブースと企画展のブースに分かれています。壁には歌川国輝の浮世絵からクローズアップされた、当時の参拝者たちのようすが。にぎやかな参道をイメージさせます。⑤このはなさくやひめ展示の中には、こんな素敵な彫像が。

    江戸時代に富士山の女神として定着した「木花開耶姫(このはなさくやひめ)」です。サクラの花が咲くように美しい女性という意味。彼女の伝説もアニメーションで紹介されています。ガラスのドームの中の姫は8.5㎝という小ささ!

    ⑥大日如来こちらは「浅間大菩薩像」。
    富士山の本地仏とされる大日如来とのツーショット。上が大日如来、下が富士山の女神(木花開耶姫)。高さ12.8㎝の小さな木像です。細やかな美しい彫りに目が釘付けになりました。このように仏像好きにもたまらない展示となっています。

    ⑦タッチパネル富士登山の「デジタル今昔絵巻」は、タッチパネル式なので、たくさんの情報がすっきり見やすくなっています。好きな部分をタッチして見られるので、子どもも楽しいですね。

    ⑧登山スタイル現在の登山スタイルの紹介などもありますよ。

    ⑨富士山青そして突き当たりに、ズドーンと富士山。
    縮尺1/2000の大型立体模型です。タッチパネルに流れる数字をタッチすると、数字にちなんだ富士山トピックが、プロジェクションマッピングで紹介されます。わかりやすい!⑩富士山溶岩流⑪富士山そのほかにも、富士山信仰の起源と変遷、富士吉田の歴史、文化や産業など盛りだくさんです。

    ⑫火祭のみこしこれは、日本三奇祭のひとつ「吉田の火祭」(毎年8/26、27に開催)に使われる明神神輿(右)と御山神輿(左)。

    ⑬漆のおわんこれは、企画展「富士山御師のたからもの」ブースの、御師(おし)の宿坊で使われていた漆器類の一部。すごい数です。ロゴやデザインも色々。

    「御師」は、一言でいうと、江戸時代に、富士山を信仰登山する人たちに信仰の指導だけでなく、道案内から宿泊まですべての面倒を見ていた人たちのこと。

    江戸時代に、富士山への信仰登山が、ものすごくシステマチックに構築されていったこと、そこで繰り広げられるブランディング戦略が今に通ずることに驚きました。

    ●ふじさんミュージアム http://www.fy-museum.jp

    さてさて、ミュージアム近隣の情報も少し。⑭ミュージアム案内図入り口の園内案内板の横には、東海自然歩道の看板が。BE-PAL的には押さえておきたい情報ですね。詳しくは、山梨県のホームページで!

    https://www.pref.yamanashi.jp/kankou-sgn/toukaisizenhodou.html

    8月に入っても紫陽花が咲いているなんて、やっぱり涼しいんですね。

    ⑮モンベルとハーベステリアふじさんミュージアム一帯は「リフレふじよしだエリア」となっていて、山頂の寒さ体験が人気の「富士山レーダードーム館」、屋内遊園地キッズランドとスポーツ施設が入った「富士山アリーナ」、「道の駅 富士吉田」、「モンベル富士吉田店」とカフェレストラン「ハーベステラス」が広々とした敷地に建っています。

    ⑯お茶セット今日は曇って見えなかったけど、ハーベステラスは、富士山を見ながらのんびりお茶が飲める素敵なカフェです。富士山の天然水で仕込んだ「ふじやまビール」とお食事もいただけます。

    道の駅では、地元の新鮮野菜や果物、パン、お菓子、お酒がところ狭しと並んでいて、珍しい野菜や吉田うどんをがっつり買い込みました〜。

    どうでしたか?
    ふじさんミュージアムと周辺施設で1日では足りないくらいでしょ?
    ぜひ夏休みに遊びに行ってみてくださいね!

    文・写真/やまぐちあつこ

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 ニュース 』新着編集部記事

    相乗効果が心地いい! この秋のおすすめ“音楽+クラフトビールフェス”

    2022.10.07

    パタゴニアの創業者イヴォン・シュイナード氏が環境保護のため株式譲渡、その真意とは

    2022.10.05

    米沢牛や松茸の豪華BBQも味わえる!アウトドア婚活イベント「恋の収穫祭」、10月8日山形県高畠町にて開催

    2022.09.30

    ヨックモックのサブレでスモア!?3日間限定「グランモックスタンド in WILD MAGIC」オープン

    2022.09.22

    環境マンガ家・本田亮さんのオリジナル作品「武器と楽器」がイケシブアートウォールに登場!

    2022.09.21

    海女文化を継承する漁村「安乗」で11月に開催…野外フェス「あのり拍子-anorhythm-」

    2022.09.21