おしゃれなサイトを実現。ミニマルワークス「インディアンハンガー」で最適化されたアウトドアを | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • おしゃれなサイトを実現。ミニマルワークス「インディアンハンガー」で最適化されたアウトドアを

    2021.10.07

    筆者私物。

    小物が意外に多くなってしまうのがキャンプ。サイトが散らかりがちで困っている、あるいは少しでもおしゃれにレイアウトしたい、と思っている方におすすめしたいギアがあります。

    それが、ミニマルワークスの「インディアンハンガー」です。

    ミニマルワークスは、日本で2020年から本格的に取り扱いが始まった、韓国発のブランド。ミニマルワークスという名前は「MINIMAL」+「WORKS」の合成語で、「シンプルで最適化されたギアでアウトドア活動をする」というブランドコンセプトがあります。その名が示す通り、シンプルかつ機能的なギアの数々で、目が離せないブランドのひとつとなっています。

    そんなミニマルワークスから展開されている、インディアンハンガー。このアイテムにより、吊るすレイアウトが可能になります。冒頭で記載したような散らかりがちのギアを整理する際や、おしゃれなレイアウトを実現する上で、非常に有用な存在となるのです。

    今回は、このインディアンハンガーについて、愛用者目線で魅力を紹介します。

    吊るすレイアウトができる

    すでに述べたとおり、インディアンハンガーの最大の特徴は、吊るすレイアウトが可能になることです。

    このように、ギアを吊るしてレイアウトできます。

    吊るすことによって、限られたスペースを有効に活用することができるので、省スペース化や、すっきりとしたサイトの創出に活躍してくれます。

    工夫次第でさまざまなギアを吊るせるところもポイント。

    吊るすためにはフックが必要ですが、専用フックは別売りとなっています。ただし、100円均一などで売っているS字フックでも代用できるので、専用品でなくても気にならない方は代用品でも問題はありません。

    筆者も異なる大きさのS字フックを駆使して、さまざまなギアを吊るして楽しんでいます。吊るすギアに合わせて異なる大きさのS字フックを選択すれば、専用フックに比べて幅広いギアに対応ができると考えます。

    専用フックの代用としてS字フックを使用した実用例。ギアによってサイズを変えられるのがポイントです。

    なお、インディアンハンガーは、SXLのサイズ展開があり、吊るすギアなどによって使い分けができます。

    個人的な視点では、SMサイズは小物などを吊るすのに最適です。MXLは長めのギアや、アウターなどの衣類を吊るすのに最適だと考えています。

    ちなみに筆者はMサイズを愛用しており、焚き火周りのギアを、吊るすレイアウトで楽しんでいます。

    焚き火台の横にディスプレイしたところ。焚き火台周りがすっきりとして見えます。

    また、吊るすレイアウトとは少し意味合いが異なりますが、キャンプでは意外にも濡れたタオルなどを掛けておく場所にも困ったりするもの。イスに掛けると、座面が湿ってしまうこともあります。

    そのような場合でも、このインディアンハンガーに掛けることで、解決できます。

    タオルを掛けた状態。サイズにより掛けられる量は異なりますが、あると意外と重宝します。

    コンパクトで機能的

    このインディアンハンガーの更なる特徴として、コンパクトになることが挙げられます。

    Mサイズで収納時はこのくらいにコンパクトになります。収納ケースも縦ファスナーがあり、出し入れが容易です。

    筆者が使用しているMサイズは、収納時サイズが42cm×6cmと非常にコンパクト。また、主な材質がアルミで軽量なため、積載や運搬の際の悩みになることはありません。

    20Lザックのサイドドリンクホルダーを駆使して、すっぽりと収納できるほどにコンパクトです。

    また、コンパクトに収納できる上に、ポールはショックコードで繋がっている構造のため、組み立てと片付けは簡単かつスピーディに行うことができます。

    時間のかかる設営と撤収作業においても、この簡単さとスピード感はかなり嬉しいはず。特に設営と撤収作業に慣れてない初心者の方にも、おすすめしたいギアです。

    ただし、取り扱い時の注意として、軽量が故に風がある場合において転倒や飛ばされることが想定されます。ギアを組み立てたらそのままにせず、ペグを打つか、ある程度重量のあるギアを吊るして使用するといいでしょう。

    持たない理由が見つからないギア

    インディアンハンガーについて、特徴を交えながら紹介しました。吊るすレイアウトが可能でありながら、コンパクトで機能的な側面も持ち合わせているギア。

    これだけの魅力が詰まっていれば、持たない理由が見つからないのではないでしょうか。

    なにより、筆者のキャンプシーンにおいては、無くてはならない存在となっています。

    インディアンハンガー Mサイズ

    使用時 : 幅66cm×高さ75cm
    収納時 : 長さ42cm×直径6cm
    重さ : 550g
    素材 : アルミ

    私が書きました!
    アウトドア愛好家
    たまぞう
    キャンプや釣りといったアウトドアが好きで、将来は自然に囲まれて暮らすのが夢。キャンプを通じて、コーヒーや料理、DIYなど様々なカルチャーを楽しんでいる。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    わざと雑に仕上げているのがカッコイイ!ランバージャックスチェアの魅力

    2022.12.04

    おしゃれなアウトドア用ブランケット9選!持ち運びに便利、サイズ展開が豊富など

    2022.12.03

    スリコのアウトドアグッズが優秀だ!調味料収納バッグとロール収納ケース徹底レビュー

    2022.11.25

    刃物から手をガードし使い込むほどに味わいが増す!CRUDの新作「ケブラーライナー ディクソン グローブ」

    2022.11.16

    とうとう“食”の枠を超えた!「ほりにし」がサンタクルーズ&ペアブリックと異色のコラボレーション

    2022.11.13

    車のハンドル…じゃない!じつは「アウトドア料理」に超便利なアイテムだった

    2022.11.01