新しいゴアテックス採用! 防風、透湿、撥水のリバーシブルジャケット | アウトドアウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアウェア

    2021.10.27

    新しいゴアテックス採用! 防風、透湿、撥水のリバーシブルジャケット

    「オレンジ×グリーン」。

    ゴアテックスといえば、防水性の高いレインウエア用の生地として有名だが、新しく登場した「ゴアテックスインフィニアムウインドストッパーファブリクス」は快適性を重視した生地。従来のゴアテックスは、ツルツルゴワゴワして(レインウエアだからしょうがないが)、街で着たり、雨の降っていないときに着ると、ちょっと大げさな感じがしてしまう。アウトドアをやらない人に対しては威圧感も与えてしまう。レインウエアのことを「アウターシェル」と呼ぶことがあるが、まさに「シェル」(貝殻)という感じ。安心感はあるのだが、着心地がいいとはいえない。一方、新しい「ゴアテックスインフィニアムウインドストッパー」は、やわらかくて、天然繊維のような手ざわりがあるので、とても着心地がいい。しかし、ただ着心地がいいだけなら天然素材と同じになってしまう。防水性はないものの、撥水性があり、防風性を高めている。また、従来のゴアテックスと同様、透湿性もあるから汗をかいてもむれにくい。その点でも快適な生地といえる。

    さて、今回紹介するのは、このゴアテックスの新生地を表地に採用したモンベルのリバーシブルウエア。裏地は、モンベル独自の毛足が長いフリース「クリマエア」を使用。表地の防風・透湿性と裏地の保温性で、快適さを高めている。表地のファスナーは止水タイプ、顎のところにはファスナーが直接当たらないようにフラップがつく。このあたりのディテールはさすがモンベル。

    「オレンジ×グリーン」のフリース面。

    「ブラック×ブラック」。

    「ブラック×ブラック」の裏地(フリース面)。

    表地は、防風性があるが、ツルツルゴワゴワではなく、ふわっとやわらかい。

    表地は、撥水性も高い。なおかつ止水ファスナー。

    裏地(フリース面)を表にしたときは、胸にファスナーポケットがある。サイドのポケットはオープンポケット。

    表地を表にして着たときは、胸ポケットはなし。サイドポケットはファスナーポケット。

    各17,820円

    ※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

    クリマエア リバーシブル ジャケット

    https://www.pal-shop.jp/item/A55111004.html

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアウェア 』新着編集部記事

    「DOD」「niko and …(ニコアンド)」人気ブランド同士のスペシャルコラボが帰ってきた!

    2024.05.25

    「ユニクロ」で登山服はそろえられる?コスパ抜群のアイテムも紹介!

    2024.05.24

    大定番VS最新製品どっちがおすすめ?ウィンドシェルをプロがチェック

    2024.05.18

    春夏の登山にうれしい!finetrackのベースレイヤーに新色&半袖タイプが登場

    2024.05.18

    大雨にも耐える耐水圧10000㎜!GRIP SWANYのレインウェアで雨の日もソト遊びを楽しもう

    2024.05.17

    プリマロフトはどんな素材?特徴やおすすめジャケット・手袋を紹介

    2024.05.11

    アウトドアウェアはおしゃれで機能的!人気ブランド11選&おすすめアイテムを紹介

    2024.05.09

    【決定!】2024年7月7日(日)「BE-PAL SUV試乗会」をPICAさがみ湖で開催します

    2024.05.09