ここが横浜?心地よい森でMTBライドを気軽に楽しめる!専用コースがおもしろい | 自転車・MTB 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 自転車・MTB

    2021.08.27

    ここが横浜?心地よい森でMTBライドを気軽に楽しめる!専用コースがおもしろい

    ここが横浜?と思えるほどの森のなかを自転車に乗って走れます!

    「トレイルアドベンチャー・よこはま」に行ってみた!

    皆様はマウンテンバイク(以下、MTBと略)で野山(トレイル)を走ったことはありますでしょうか?

    土の上をタイヤで踏みしめる独特の感触や木立の中を駆け抜ける爽快感、全身を使ってアップダウンやコーナーをリズミカルにクリアしていく面白さなど、ほかの乗り物では味わえない魅力が盛り沢山です。経験上、初めてトレイルライドを経験した方は例外なくこう言います。「最高!もっと早くやっていれば良かった」と(笑)。

    はじめてのトレイルライドはアクセスの良い専用コースで

    ところが、首都圏在住だと走る場所がとても少ないのがネック。もともとMTBで乗り入れできる登山道やハイキングコースが首都圏近郊に少ないうえ、ネットでそうしたフィールドの情報がアップされることもほとんどありません(フィールドを守るため)。

    わざわざ車にバイクを積んで郊外の山やMTBの専用コースまで遠征するのは、「気軽に楽しめる」というMTB本来の魅力をスポイルしてしまうようでどうも釈然としません。

    受付の雰囲気もいい感じ。楽しいライドの予感が!

    そこで私が目を付けたのが、2020年にオープンしたMTBコース「トレイルアドベンチャー・よこはま」。ここは東名高速の横浜町田インターから約15分という好立地にあり、都心からのアクセスもばっちりなのです。すぐ隣に「よこはま動物園ズーラシア」があるので、この辺りに来たことがあるという方も多いのでは?じつはここ、私の自宅からもすぐ近く。早速、遊びに行ってきました!

    「トレイルアドベンチャー・よこはま」の特徴は誰でも気軽にMTBのトレイルライドが体験できること。バイクはもちろん、ヘルメットなどの装備品もレンタルが用意されており、バスや電車で来場しても遊べちゃいます。

    コースの利用料金は2,500円(2時間)。レンタルバイクの料金はMTBが2,300円。電動アシスト付きのE-MTBが3,800円となっている。もちろん自分のバイクを持ち込んで走ることも可能。

    レンタルバイクは普通のMTBと電動アシスト付きのE-MTB、さらに右手のスロットルをひねるだけで走行できる電動モーターバイクという珍しい乗り物まで用意されています。キッズサイズのMTBもあるところもグッドですね。トレイルライドの基本テクニックをレクチャーしてくれるレッスンプログラムなどもあるので、初心者には心強いです。

    誰でも安全にクリアすることができるが、リズム良くスムーズに走るにはそれなりのスキルが必要。距離は短くともなかなか奥の深いコースだ。

    トレイルライドを安全に楽しめるコース設定

    スキー場などに設置された本格的なMTBコースは中上級者向けの所が多く、初心者が基本を身に付けないまま走れば転倒して怪我をするリスクもあります。その点、トレイルアドベンチャー・よこはまのコースは全体的に難易度が低く設定されています。「グリーン(初級)」「ブルー(中級)」「レッド(上級)」の3種類ありますが、総距離は約1.2kmと短く、アップダウンも緩くて走りやすいレイアウトですね。

    トレイルアドベンチャー・よこはまのスタッフ、久保亮介さん。

    スタッフの久保さん曰く、「なるべく元の自然環境を活かしたコースづくりを心がけている」とのこと。たしかにどのコースもまるで天然のトレイルを走っているような雰囲気。都市部のすぐ近くにありながら、豊かな自然の中を走るMTBの気持ち良さがバッチリ味わえちゃいます。

    ジャンプやバームを使ったコーナリングを楽しめる上級コース。

    初級、中級で何となく感じをつかんだらいざ上級コースへ。こちらはバーム(バンク)が設けられたコーナーやジャンピングスポットなど、トレイルライドのエッセンスが短い距離にぎゅっと詰め込まれたレイアウトになっています。初心者がMTBの基本を安全に学ぶにはうってつけのコースではないでしょうか。

    ペダルを漕ぐことなくトレイルライドが楽しめる電動モーターバイク。スピードリミッターが効いているため速度はゆっくりだが、どんな登り坂もぐいぐいと力強く登るので面白い。

    ワクワクのイベントも開催!

    MTBライドついでに楽しめる、様々なイベントも開催されます。

    イベントも定期的に行なわれており、取材時には横浜市内にあるアウトドアセレクトショップ「Campoo」とコラボレーションした「SUMMER CAMP DAYS 2021」が開催されていました。

    これは場内で最新モデルのテントの設営体験のほか、クラフトプレーンや木製ゴマ作りのワークショップなどが楽しめるというもの。今後のイベントなど、気になる方はぜひHPをチェックしてみてください。

    ガツガツ走るよりも、デイキャンプ的に自然をのんびり楽しみながらまったり走るのがここのコースの正しい過ごし方。日陰にはこんな休憩スペースも用意されている。

    場内には適切なライン取りや荷重移動が学べるパンプトラックも常設。

    施設情報

    トレイルアドベンチャー・よこはま

    住所:神奈川県横浜市旭区上白根町1425-4
    電話:070-4170-7354
    営業時間:AM9:00~日没(冬季はAM10:00~)※駐車場はPM5:00まで
    コース利用料金:2,500円(2時間)
    レンタルバイク料金:MTB2,300円、E-MTB(電動アシスト付き)3,800円
    https://trailadventure.jp/

    私が書きました!
    乗り物好きライター
    佐藤旅宇
    オートバイ雑誌、自転車雑誌の編集部を経てフリーランスのライターに。3人の子どもを育てる傍ら(ときには一緒に)、クルマ、モーターサイクル、自転車ライフを楽しんでおり、現在はBE-PALをはじめ、乗り物系のメディアなどで幅広く執筆中。自身のWebサイト『GoGo-GaGa!』でも情報発信を行う。写真好き。1978年生まれ。横浜市出身。www.gogo-gaga.com

    NEW ARTICLES

    『 自転車・MTB 』新着編集部記事

    コンパクトな折りたたみ自転車をアウトドアの相棒に!おしゃれ・電動などおすすめフォールディング16選

    2024.07.10

    乗りやすくて用途が広い、旅系グラベルバイク=コナ/ローブを選ぶべき理由とは?

    2024.07.08

    女性におすすめの自転車14選|通勤・通学からロングライド向けまで人気モデルを紹介

    2024.07.05

    シェルパ斉藤が直伝!フェリーとサイクルトレインを駆使したお役立ちツーリング情報

    2024.06.07

    サイクリングにはBLUE LUGのハンドルバッグがおすすめ! かわいくて収納力もばっちり

    2024.05.15

    子供はもちろん、大人でも参加OK!無料でBMXレースの基礎が学べる方法があった

    2024.05.12

    電動アシスト自転車が人気のCYCOOから、折りたためる電動アシスト自転車が登場!

    2024.05.06

    ロード系ミニベロ3選|高性能で爽快な走り心地がたまらない人気の自転車

    2024.04.26