アウトドア一眼の決定版!? 本誌カメラマンが「ペンタックスK-70」をインプレッション【前編】 | ニュース 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    アウトドア一眼の決定版!? 本誌カメラマンが「ペンタックスK-70」をインプレッション【前編】

    2016.07.16

     さて、3番目の写真。

    IMGP1044

    角度を自在に変えられる「バリアングル液晶モニター」がついているので、こんなローアングルでもらくらく撮れます。

    DSC03965

    実は液晶モニターっていつもはほとんど使わないんです。まわりが明るいと暗くてディテールがよく見えないし、電池の減りも早くなる。たいていファインダーを覗いて撮っています。

    でも、「K-70」には、「アウトドアモニター」という機能がついていて、液晶モニターの明暗を簡単に調節できます。
    今の愛機「K-3Ⅱ」には無い、自由に角度を変えられるバリアングル液晶モニターとアウトドアモニター機能が斬新で楽しくなっちゃって、今回の撮影では7割くらいライブビュー撮影(液晶モニターを見ながら撮ること)をしていました。

    では、最後の写真。

     IMGP0870

    見よ、この解像感! シャープネス!

    「リアル・レゾリューション・システム」という機能を使いました。
    仕組みを説明するとむずかしいのですが、要するに4枚を連続撮影して、それらを重ね合わせることによって超高精細の画像にしています。
    カメラマンの腕ではなく、カメラの腕です……。
    重ね合わせなので、風で動いている葉などを撮るとうまくいきません。撮影条件は難しいですが、ハマった時の解像感はフルサイズ機にも負けない描写をしてくれます。

    この「リアル・レゾリューション・システム」は、これまでペンタックスでは「K-3Ⅱ」などの高級なモデルのみに付いていた機能です。

    ボディのみで7万円台。これはお買い得な1台ですよ。僕は今回もまた、自腹で買ってきます~!

    DSC04340

    リコーイメージング公式直販サイト
    http://store.ricoh-imaging.co.jp/a/as2016b/

    後編へ続きます。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 ニュース 』新着編集部記事

    パタゴニアの創業者イヴォン・シュイナード氏が環境保護のため株式譲渡、その真意とは

    2022.10.05

    米沢牛や松茸の豪華BBQも味わえる!アウトドア婚活イベント「恋の収穫祭」、10月8日山形県高畠町にて開催

    2022.09.30

    ヨックモックのサブレでスモア!?3日間限定「グランモックスタンド in WILD MAGIC」オープン

    2022.09.22

    環境マンガ家・本田亮さんのオリジナル作品「武器と楽器」がイケシブアートウォールに登場!

    2022.09.21

    海女文化を継承する漁村「安乗」で11月に開催…野外フェス「あのり拍子-anorhythm-」

    2022.09.21

    三菱自動車主催の「スターキャンプ」が3年ぶりに開催!気持ちいい会場の模様をレポート

    2022.09.19