ダイソー新商品「メタルジグマイクロ」を使ってみた結果。意外な魚が釣れて歓喜!! | 海・川・カヌー・釣り 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 海・川・カヌー・釣り

    2021.07.29

    ダイソー新商品「メタルジグマイクロ」を使ってみた結果。意外な魚が釣れて歓喜!!

    メタルジグマイクロとは?

    メタルジグマイクロ(上)3g(下)5g。商品写真は全て筆者の私物です。

    今までどこにも売っていなかったダイソー釣り具の新商品をついに購入することができたので、ご紹介します。

    商品名は『メタルジグマイクロ』というもの。

    その名の通り、かなり小型のメタルジグで、小型回遊魚や根魚などが狙えます。

    釣り業界では1g~7gまでのメタルジグを『マイクロメタルジグ』と呼んでおり、小さいジグが扱えるタックルも多数販売され、ここ数年で人気がでてきた釣法(ちょうほう)です。

    今回ダイソーからは3gと5gのものが販売されました。

    新しいアイテムを手に入れたからには、すぐに試してみないと気が済まないのが釣り人の性。
    さっそく釣行(ちょうこう)してきました。

    ダイソーメタルジグマイクロで狙える魚とは?

    こんな小さいガシラ(カサゴ)も遊んでくれます。

    関西ではアジやサバ、カマスやスズキの幼魚(セイゴ)をはじめ、根魚ではガシラ(カサゴ)や、メバル、運が良ければアコウ(キジハタ)などが主なターゲットになります。

    夏の間は小型青物と呼ばれる、ブリの幼魚(ツバス)やカンパチの幼魚(シオ)なんかも釣れたりします。

    使用した場所

    ここは私のお気に入りの場所です。

    今回の釣行場所は和歌山中紀にある小磯。

    春秋には地元のイカ狙いの方が多く訪れるところでもあります。

    釣行した日は誰もおらず、貸し切り状態でした。

    潮の流れもよく、波も少しだけ立っている状況……

    釣れる気配はプンプンに漂っていました。

    マズメ時は赤金カラー

    作りが精工でとても110円商品とは思えません。

    朝の5時半過ぎから釣りを開始。

    マズメと呼ばれる日の出と日暮れの時間帯には、相性の良いルアーのカラーがあります。

    それはズバリ『赤金』と呼ばれるカラー。

    実際筆者も日の出の赤金カラーには何度もお世話になっています。

    さっそくヒット!

    ファーストヒットはカマス。

    ルアーの動かし方は非常に簡単で、投げてメタルジグを底まで沈め、あとはリールを巻きながらロッド(竿)をチョンチョンと上下に動かすだけです。

    そうすると、開始2投目でさっそくヒット!

    スルスルと上がってきた魚の正体は……

    夏の魚の定番、カマスでした!

    サイズが少し小さいので、リリースし、すぐさま再開。

    立て続けにカマスが釣れ続け、たまにガシラやアナハゼといった魚も交じり、入れ食い状態。

    根魚の反応もとても良いです。

    和歌山のポテンシャルの高さを感じながら、お土産のカマス5匹を確保したあとは全てリリースしました。

    カラーチェンジも大事

    いかにも釣れそうなカラー。

    小1時間ほど釣れ続けたあと、急に魚の反応がなくなったので、メタルジグのカラーを赤金からシルバーにチェンジ。

    時間帯によって反応が良いカラーがあるので、日の上り具合やルアーへの反応が薄くなってきたら、変更します。

    まさかの魚が喰いついてきた!

    突如始まった強烈なファイト!

    日も少し上り、カラーチェンジして数投目……。

    グンッと竿先が沈み込み、今までとは明らかに違う引きが!

    アワセを2回行ない、こちらも必至にロッドを立てて抵抗します。

    手前は根が荒く、そこに潜り込まれたらライン(糸)が擦られて切れてしまうおそれがあります。

    半ば強引にロッドを立てながら、リールをゴリ巻くも魚の抵抗が強く、リールからラインがジリジリと出されます。

    これはちょっと想定外の魚が来たぞ……。

    そんなことを考える余裕があったので、まだ冷静だったのかもしれません。

    しばらく魚とやり取りを続け、引きが若干弱くなった頃に勝負に出ました。

    これでラインが切れたら仕方がないと思いながら強引にリールを巻きあげると、海面から姿を現したのはなんと……マダイ!

    30センチくらいのマダイでも引きは強烈です。

    思わず歓喜の声を上げながら、慎重に魚を岸にずり上げ、無事釣り上げることができました。

    筆者自身、ショア(岸)からタイを釣ったのは初めてで、しばらくは興奮を抑えることができませんでした。

    しかも、ダイソーのルアーでタイを釣りあげることができるとは。

    うれしさと驚きがないまぜになった感情を落ち着かせるため、少し休憩をはさみました。

    再開後、さらに毎投カマスがヒットし、8時くらいまでずっと釣れ続けてくれました。

    今回はポイント選びと使用したルアー、海の条件が合致してとても良かったのでしょう。

    非常に良い釣行となりました。

    ダイソーメタルジグマイクロは間違いなく買い!

    かなりオススメできます。

    『メタルジグマイクロ』を実際使ってみた感想は、どんなアクションを入れても魚の反応が非常に良く、素晴らしいの一言。

    本格的な釣り具メーカーのものと比べても、肩を並べることができるくらいの商品ではないでしょうか?

    作りのクオリティも非常に高く、付属の針やティンセル(針周りのキラキラしたもの)もしっかりしていました。

    投げてロッドをチョンチョンと動かしてあげると何かしら釣れてしまう、非常にポテンシャルの高いルアーです。

    ルアー釣りを始めてみたい初心者の方や、なんでも良いから魚が釣りたいという方にぜひ、一度使ってもらいたい商品ですね。

    最後に

    釣りをする際はルールやマナーを守り、誰にも迷惑のかからないよう行ないましょう。

    私が書きました!
    ソルトアングラー
    フジノ・キュー
    週末になると関西圏の海辺に突如出没するソルトアングラーライター。趣味はもっぱら海でのルアー釣り。
    Googleマップを頼りに未開拓の釣り場を求めて沿岸を練り歩き、自然の美しさと過酷さに魅了された冒険家気質な釣り人。

    NEW ARTICLES

    『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

    キビナゴの大産卵を見つけた!海中が真っ白な雲に包まれる…?

    2024.06.12

    釣った魚を美味しく食べるために、鮮度を保って保存・持ち帰る3つの方法

    2024.06.06

    初心者にもわかりやすいルアースナップの種類、選び方を解説。意外なメリットもあり!

    2024.06.02

    タモ網、フィッシュグリップ…釣り初心者必携のランディングツール3選

    2024.05.24

    釣り糸「PEライン」って何? メリット・デメリットと使用上の注意を解説

    2024.05.19

    1万円以下でそろえる!イカ釣りの基本と仕掛けなどのおすすめギア

    2024.05.16

    釣りで大切な「リールに巻くラインの適正量」って? 下巻きを実践してトラブルを減らそう

    2024.05.14

    日本の折り紙から発想された、話題の折りたたみ式カヤックがUPIで買えるぞ!

    2024.05.08