LOGOS「ぴったりグランドシート」はサイズが豊富で使える!初心者にもおすすめ! | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドア雑貨・小物

    2021.07.24

    LOGOS「ぴったりグランドシート」はサイズが豊富で使える!初心者にもおすすめ!

    筆者私物。

    テントと一緒にLOGOSのグランドシートを購入しました

    筆者は、テントを購入した際に、LOGOSのグランドシート「ぴったりグランドシート200」も一緒に購入しました。

    そもそもグランドシートって必要?と購入を思いとどまっている方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

    グランドシートは、テントや私たちを守ってくれる便利ギアです。

    グランドシートをテントと地面の間に敷くことで、小石などでテントが破れることを防ぎ、インナーテントへの浸水予防、さらに、地面からの冷気をシャットアウトすることができます。

    これらの機能があると、トラブルが少なく快適なキャンプが可能なのです。

    今回紹介するLOGOSのグランドシートは、幅広いサイズ展開が最大の魅力。

    この「ぴったりグランドシート」シリーズは210×210cm、270×270cm、300×300cmなど、様々なテントサイズ用のシートを展開しています。

    ちなみに筆者が購入したのは200×200cmサイズのテント用のグランドシートです。

    正方形だけではなく、横長サイズも売っており、所有しているテントとサイズが合うグランドシートがある可能性が高いのも嬉しいですね。

    これらの理由により、キャンプ初心者さんが手を出しやすいのが、このLOGOSのグランドシートなのです。

    収納時の大きさは、小さめなクッションくらい

    収納カバー代わりに使ってます。

    収納袋は付属していないので、筆者は購入した際のパッケージの袋をそのまま使用しています。

    このパッケージの袋は、固めのプラスチック素材。

    汚れもつきづらいので、他にぴったりサイズの収納袋を見つけるまでは、この袋は捨てないことをおすすめします。

    大きさは、小さめのクッションくらいのサイズです。

    色は汚れが目立たないブラック

    折りたたむとこのサイズになります。

    グランドシートは、土の上や芝の上に置きます。

    地面に直接触れる部分は汚れるため、ブラックのカラーリングに助けられています。

    なおかつ白い紐の部分が、ブラックの武骨さをやわらげて、おしゃれです。

    テントを設営する前に広げましょう

    開いてみます。

    テントの設営前にパパっと、グランドシートを開きましょう。

    ただ広げるだけなので、ほとんど手間はないです。

    裏面と表面が少しわかりにくいので、表面に防水シールなどわかりやすい目印をつけておくとベターです。

    材質はPEラミネートクロス

    素材はブルーシートと同じ。

    素材は防湿・防水効果のあるポリエチレン(PE)ラミネートクロス。

    ブルーシートに使用する素材と同じものです。

    グランドシートをブルーシートで代用することもできるのですが、ブルーシートだと作業場感がでてしまうこともあり、筆者はこちらのグランドシートを選びました。

    四隅の紐はテントに結べます

    端っこに結び紐があります。

    四隅に2本の結び紐があります。

    この紐をテントフレームにくくりつけることができるため、テントからずれてしまう心配はありません。

    キャンプが終わったら最後にシートの裏を拭くだけ

    キャンプが終わったら裏を拭くだけです。

    キャンプが終わったら撤収準備です。テントをしまったら、最後にグランドシートの裏を拭けばOKです。

    我が家は、撤収するときはバタバタしがちなので、キャンプ場ではグランドシートをささっと拭くだけ。

    帰ったら軽くシャワーをかけて干します。テントを洗うよりも断然楽です。

    テントの保護をするならグランドシートを!

    我が家のテントの下にすっぽり収まってます。

    私の使用しているテントは200×200cmです。テントの下にすっぽり収まってくれて、四隅の紐も余裕で結ぶことができます。

    グランドシート購入のセオリーは、テントのサイズよりも少し小さいサイズを購入することです。テントより大きいと雨水がシートに溜まって浸水するおそれがあります。

    「ぴったりグランドシート200」は、商品名のとおり200cmサイズのテントを想定して192×192cmのサイズとなってます。まさにぴったり。

    我が家のテントのインナーテントは素材が柔らかく、白いです。グランドシートがなかったら、今頃どうなっていたかわかりません。

    記念すべき初テントだったので、大事に使っていきたいと思っていました。

    テント購入時にグランドシートを購入したおかげで、いまもテントの状態は良好です。

    テントに穴をあけたくない、または汚したくない方。種類が豊富でお手頃な、このぴったりグランドシートシリーズの購入の検討をおすすめいたします。

    ぴったりグランドシート200

    サイズ:(約)幅192×奥行192cm
    主素材:PEラミネートクロス

    私が書きました!
    フリーライター
    みーこ
    夫婦2人でキャンプの知識やギアを求める「キャンプ沼」にハマったアウトドアライター。関東のキャンプ場をめぐり、地元の美味しい食材でキャンプ飯を作るのがマイブーム。キャンプ系YouTubeを見るのが大好きです。

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    最大2mの水中で2時間使える!水辺アクティビティにもおすすめの骨伝導イヤホン発見

    2024.05.22

    トレッキング中ちょっとした雨をしのぐ、晴雨兼用の傘&レインハット16選!

    2024.05.20

    キャンプに必携!マダニに噛まれたら…電気ショックで気絶させる「エレクティック」

    2024.05.19

    約175gと軽量かつ丈夫!晴雨兼用の折りたたみ傘はトレッキング仕様がおすすめ

    2024.05.18

    「SNS映えする」と人気上昇中!キャンプに連れていきたくなる萬古焼の「蚊やり豚」

    2024.05.17

    100均のセリアで発見した「香りで虫除けシリーズ」を屋外で試してみた

    2024.05.16

    ダイソーの「圧縮バッグ」にどれくらい入るのか検証してみた!

    2024.05.13

    浮く、大容量、暗闇で光る…!? 使い方に合わせて選べるおすすめ防水スマホケース6選

    2024.05.12