サイクリングの荷物問題をスタイリッシュに解消!英国発『アピデュラ』のフードポーチをレビュー | 自転車・MTB 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • サイクリングの荷物問題をスタイリッシュに解消!英国発『アピデュラ』のフードポーチをレビュー

    2021.03.27 腰山雅大

    私が書きました!
    CX / BMXアスリート
    腰山雅大
    自転車歴20年の社会人アスリート。BMXパーク競技を経て泥の中をレースするシクロクロスへ参戦、ボーダーレスな自転車競技活動を続けている。All-City Cyclesの本国契約ライダーとして国内トップカテゴリーを走る一方、本職では自動車整備業に従事。乗り物のほかコーヒー、銭湯、カメラにアウトドアなど、趣味は常に多彩でオーバーフロー気味。https://www.instagram.com/vhlg/

    サイクリングのお供に。「アピデュラ」製のポーチを紹介する

    イギリス生まれのバイクバックブランド、「アピデュラ」のフードポーチをご紹介しよう。

    屋外へ出かけるときの荷物といえば、どのような持ち物が思い浮かぶだろうか?スマートフォン、財布、鍵、カメラなど。徒歩ならポケットや小さなサコッシュなどにしまっておけば事足りてしまうが、これがサイクリングとなると、少し厄介に感じるのは私だけではないはずだ。

    小さくても、自分にとってはとても大事な手回り品。今回はそんなアイテムをがっちりしまっておける便利なキャリーバッグとして「APIDURA」(アピデュラ)製のポーチを紹介したい。

    自転車に乗るときは「手ぶら」が一番良い

    ハイキングなどで便利なサコッシュやポーチも、自転車に乗る場合は揺れて扱いづらいケースもある。

    自転車に乗るときの手回り品といえば、スマホや財布などを思い浮かべるが、どこに仕舞っても案外邪魔になってしまうことが多い。ポケットに入れると太ももやお尻が圧迫されてペダリングしづらいし、口の大きいポケットだと知らぬ間に落としてしまうこともある。

    肩掛けのサコッシュも選択肢としてはよいが、どうしても風や振動で暴れてしまうので、快適性を求めるなら身体に何もつけない状態で自転車に乗るのが一番だろう。

    最先端の素材・技術を用いたイギリス生まれのブランド

    キレイな梱包で届いた商品、重量は55gでサイドの生地は「VX21」という高強度かつ防水性が高い素材が使用されている。

    私の場合、オフロードを軽快に走るMTBが趣味で、週末は荒れた路面をガタガタと音を上げながら走り抜けている。そんな過酷な状況でも不安なく手回り品を持ち運べるアイテムとして、「アピデュラ」製のバッグがライダーに支持されていると聞き、実際に購入してみることにした。

    イギリス生まれのバイクバックブランドであるこの「アピデュラ」。最先端の素材・技術が盛り込まれたアイテムの数々が人気を博している。元来自転車でキャンプ道具などの荷物を運ぶときには、あと付けの金属製ラックなどが不可欠だった。一方、本ブランドではラック類を一切必要とせず、自転車に直接、取り付けられる”ストレージ”というコンセプトで製品開発を行ない、<バイクパッキング>という新たなカテゴリー発展の一役を担った。

    容量も多くて軽量、なんでも放り込める便利なポーチ

    この日は携帯、財布、補給食、キーホルダーを入れてみたが、容量的にまだまだ余裕があった。

    たとえば、定番のサドルバッグ(サドルの後部に取り付ける大容量バッグ)で約350g、4.7Lのフレームバッグで170g。今回紹介する0.8Lのフードポーチにいたっては、わずか55gと、自転車を組み上げるうえでは、ほぼ誤差の範囲といえる軽さを誇る。

    しっかり自転車に乗っていると、補給食を取り出すことが意外と面倒だったりする。この位置にあるから、お腹が空いた時にサッと手にすることができる。

    フードポーチという名の通り、長距離サイクリングに必須な補給食を入れることがメインではあるが、その他、携帯、鍵、財布、カメラ、チューブなどなど、なんでも便利に放り込んでおくことができる。

    着脱も簡単で、揺れにくく中身も安心

    蓋はないが上部の開閉部は巾着のような構造になっている。黄色いゴムを引っ張れば、上部が締まってそのままロックする。

    使い方はいたって簡単。本体の側面にある面ファスナーをハンドル・ステムに巻き付けて固定させる。最後に底面とフォークの肩部分をバンドで留めれば完成。3点留めされるのでかなり揺らしても、まったく動かない。またデッドスペースともいえる場所のため、ペダリングの邪魔にならないうえ、ハンドルを切ってもほかの部分に干渉することもない。

    蓋はなく、巾着タイプで黄色いゴムを引っ張れば袋を閉めることができる。雨などを防ぐことはできないが、カメラや携帯など、必要なものをサッと取り出すことに長けている。

    長距離サイクリングから、ハードなオフロードライドまで

    この日は仲間とMTBライド。ちょっと休憩するときに、ポーチからサッとカメラを取り出して一枚。

    写真の通り、今回はテストライドとしてお気に入りのトレイルをMTBで走ってみたい。登りあり、下りあり、ジャンプあり。かなりハードに走り回ってみたが、ハンドルに取り付けた製品が取れたり暴れたりすることは、まったくなかった。ポーチの中には携帯と財布、補給食などを入れてみたが、こちらも飛び出して紛失してしまうこともなかった。

    自転車のフレーム(骨格のパイプ部分)に固定するタイプの場合、ポーチの中にある小物がフレームなどに干渉して、双方に傷が入るケースがある。しかし、この製品は、ポーチ本体が宙に浮いている状態なので荷物に傷は入りづらいといえる。

    自転車側面から。ハンドル周りにも収まりよく、見た目的にもかさばらないところもよい。

    街でのちょっとした移動から、長距離、オフロードまで様々なシチュエーションで使い勝手の良い<アピデュラ>のフードポーチ。サイクリングのお供にオススメしたい逸品だ。

    <APIDURA(アピデュラ)/ フードポーチ>

    容量:0.8L
    定価:5,500円(税込)
    お問い合わせ先:オルタナティブバイシクルズ
    https://www.alternative-bikes.com/

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 自転車・MTB 』新着編集部記事

    自転車のサビを落とす方法は?軽度から重度まで、パーツごとに分けて解説

    2023.01.30

    佐藤ジョアナ玲子がドナウ川下り後、次なる旅へ。自転車経験ゼロからの東南アジア横断チャリ旅

    2022.11.25

    電動バイクと自転車が1台に!夢のような二刀流バイク「glafit」の仕組み

    2022.11.19

    エシカルな自転車ライフを追求する、京都のサステナブルパーク

    2022.11.02

    豊かな山の恵みを満喫!「ジャパンエコトラック東三河 デジタルスタンプラリー」開催中

    2022.10.11

    ジャイアントのマウンテンバイク10選!初心者向けから本格派まで紹介

    2022.09.01

    z