いつも頭の中はキャンプでいっぱい!?キャンプ沼あるある | サステイナブルな暮らし 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

いつも頭の中はキャンプでいっぱい!?キャンプ沼あるある

2021.04.02

私が書きました!
取材漫画家/イラストレーター/アーティスト
新里碧
芸大を卒業後、広告業界を経て独立。2018年、自身の体験を元に描いた『アプリ婚 お見合いアプリで出会って1年で婚約→結婚しました』(小学館)発売。旅と工作が大好きな新米キャンパーです。

昨年のキャンプデビュー以来、すっかりキャンプ沼にずぶずぶとハマってしまっている我が家です。

「キャンプ大好き!」などと言いながらも、コロナの流行や冬の寒さでしばらくキャンプに行けない日々が続いています。

飽きやすい私は、時間が空いてしまうと冷めてしまうことが多いのですが、ステイホーム期間中もキャンプ沼には足を入れたまま過ごしていました。

3月7日に緊急事態宣言が明けたら、キャンプに行こうと計画をしていました。

日にちが近づくにつれて「キャンプまでもうすぐ!」と、キャンプに行くことを心の目標に日々過ごしていました。

「そろそろキャンプ場予約する?レンタカーは?」なんて、いよいよ具体的な話をしようと思った矢先、13県の緊急事態宣言の期間延長が発表されました。

残念と思う気持ち半分、しょうがないなと思う気持ち半分、楽しいキャンプはまた先送りになりました。

キャンプデビューを待つギアと、いつ使うのかわからない知識(松ぼっくりで着火する、スウェーデントーチの作り方など)がじわじわ増え、どんどんキャンプへの期待感が高まっています。

キャンプに行ける日が決まったら、嬉しすぎて3日前くらいから眠れなくなりそうです。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 サステイナブルな暮らし 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。