パッケージをかっこよく隠せる。カップヌードル専用レザーカバーの作り方 | 自作・DIY 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • パッケージをかっこよく隠せる。カップヌードル専用レザーカバーの作り方

    2021.02.28 マリ

    私が書きました!
    ライター
    マリ
    自然とランニングを愛するアラサー女性。今年はトレイルランニングに挑戦予定!レザークラフトが好きで、靴やカバンも自作しています。

    「キャンプといえばキャンプ飯が楽しみ!」そんな方も多いですが、その一方で「いやいや、うちはカップ麺派」という方も少なくありません。ソロキャンプや登山メシの友といえば、代表選手にあがるのがカップヌードルです。

    大自然の中で味わうカップヌードルは最高ですよね!ただ、独特の原色のパッケージが自然の中でやたらと浮いて気になりませんか?今回はそんなパッケージをかっこよく隠せるカップヌードル専用レザーカバーの作り方を紹介します。

    特別感が出るので、キャンプや登山の時のみならず、べランピングや公園などでのお外ごはんにもおすすめ。

    針や糸を使わず、使う道具も少なく済むので、レザークラフト初心者さんにも挑戦しやすいです。

    材料・道具

    • カップヌードルの容器
    • 革(1mm厚)(30cm×15cm)
    • 革紐(80cm)
    • ハサミ
    • ポンチ(革紐が通る大きさの穴が開けられるもの)
    • 銀ペン(ボールペンで代用可)
    • 革包丁(カッターで代用可)
    • トコノール(あれば)

    作り方

    よく洗って乾かしたカップヌードルのパッケージ。

    まずは型紙を作ります。作りたいものと同じ大きさのカップヌードルの容器を用意します。

    油がついているので、洗剤でよく洗って乾かしておいてください。

    パッケージを切り開いたところ。

    カップヌードルの容器を切り開き、平らにします。

    下の赤線部分をカットする。

    容器の下から1cm程度のところをカットします。この商品では赤い線に沿って切り落とします。

    これで型紙ができました。

    革に銀ペンで印をつけているところ。

    作った型紙に合わせ、革に銀ペンで印をつけます。

    銀ペンは革細工用のペンで、黒や茶色などの暗い色でもよく目立ち、消しゴムで消せます。もしお持ちでない場合はボールペンで代用しても構いません。

    革包丁で印通りにカット。

    銀ペンで印をつけたところを革包丁で革をカットします。

    今回は1mmの薄い革なので、革包丁をお持ちでない場合はカッターや断ちバサミで代用できます。

    トコノールを塗る。左が塗る前、右が塗った後。

    革の裏側と断面にトコノールを塗り、革の毛羽立ちをおさえます。

    トコノールがなければ省略しても構いません。

    今回はシルクスクリーンで馬のエンブレムを入れました。

    革に模様を入れたい場合は、この段階で入れます。

    刻印を打つ、革用の絵の具で描く、ハンダゴテで描く、革に使えるスタンプを使う、シルクスクリーンで模様を入れる、部分的に穴を開けて模様を作るなどなど、お好みの方法で装飾してください。

    ロータリーポンチで穴を開けたところ。

    端にポンチで等間隔に6つ穴を開けます。片側が終わったら、反対側の端にも同様に穴を開けます。今回は直径4mmの穴を開けました。

    ポンチは100円ショップでも購入可能な手打ちポンチでも構いませんが、ロータリーポンチを使えば大きな音を出さずに綺麗な穴が開けられます。アパートやマンションなど音が気になる場合でも使えて便利です。

    編み上げブーツのような見た目になりました。

    開けた穴に靴紐と同じ要領で革紐を通して、結べば完成です。

    蝶々結びがかわいらしすぎる…という場合は、ループエンドを使ったり、ロープワークを駆使したりと、お好みでアレンジを楽しんでくださいね。

    さっそく公園で使ってみました

    中身はカップヌードルと缶コーヒー。オリジナルギアをプラスするだけで特別感がでます。

    さっそくカップヌードルに作ったカバーをかぶせ、近所の公園に持っていってランチを楽しんでみました。水筒にお湯を入れて持っていき、公園でカップラーメンにそそいで3分待つだけのお手軽ランチです。

    たったそれだけなのに、オリジナルギアがあるだけでとてもスタイリッシュ。特別感があります。

    お気に入りのギアで外ごはんを楽しもう

    カップヌードルの原色のパッケージを隠して、周りの自然によく馴染んでいます。

    別にあってもなくてもいい存在、カップヌードルカバー。でもひとつあると、カップヌードルのようななんでもないアイテムでも、特別感を演出してくれます。

    色違いを作ってみたり、同じ要領でカップ入りのお菓子のケースを作ってみたり、オリジナルエンブレムを作ってみたりと、いろいろ遊んでみてください。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 自作・DIY 』新着編集部記事

    大人は手出し無用!子供の自立心を育てるオランダの秘密基地作りとは

    2023.01.06

    キャンプの思い出を形に残せる!親子で作れるクリスマスオーナメントの作り方

    2022.12.11

    そろそろ冬支度!ベランダ栽培のローズマリーで、うがいやヘアケアに使える「ハーブチンキ」作りを

    2022.11.12

    都心に住むDIY好きの人を応援する体験型のホームセンター「DCM DIY place」に行ってみた

    2022.11.12

    実は元祖だった!ブラック・アンド・デッカーのエコなハンディクリーナーでテントも簡単お掃除

    2022.11.07

    旅の思い出にいかが? 箱根強羅公園の「クラフトハウス」でとんぼ玉作り

    2022.10.23

    z