【第1弾】ベルモントの2021新作アイテムは、焚き火を楽しむ軽量アイテムが豊作! | 焚き火・火おこし道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 【第1弾】ベルモントの2021新作アイテムは、焚き火を楽しむ軽量アイテムが豊作!

    2021.02.20

    新潟発のベルモントが2021年新作ギアを公開!

    2021年春夏のベルモントの新作は、「焚き火」「山」「キャンプ」がテーマ。細部までこだわったアイテムは、軽量ながら機能性や使い勝手も抜群だ。

    まずは焚き火まわりのギアを中心に、便利な5アイテムをチェックしてみよう!

    軽量なのに太い薪もしっかりつかめる

    ギザギザが内向きなのでバッグに入れて持ち運ぶのも便利。

    クワガタのハサミのようにも見える先端部分は、アルミをコの字型にすることで堅牢性をアップ。本体重量70gと軽量ながら、薪を安定して持ち上げることができる。

    焚き火台「TOKOBI」や「TABI」のケースに、一緒に収納可能。

    独自設計の先端は、熱くなったケトルのハンドルをひっかけるのにも便利。

    アルミは錆びにくく軽量な素材なので、ギアの軽量化を図りたいツーリングキャンプや、ソロキャンプにもオススメ。バネの部分は反発力のあるステンレスで出来ており、へたることなく、長く愛用し続けられるのも魅力だ。

    UL hibasami

    価格:¥2,600+税
    サイズ:全長33cm
    重量:70g

    送風ポンプと合わせて使える画期的な火吹き棒

    最長で85cm先に空気を送り込むことができる。

    ベルモントの火吹き棒は、2つのグリップの間隔を広げることができるセパレートグリップタイプ。これにより手元が安定するので、狙った場所に空気を送り込める。

    本体ボディはステンレス製で丈夫に作られており、先端部分はゴミ詰まりなども考慮して、メンテナンスがしやすいよう着脱式構造になっている。

    2箇所をしっかりと握ることができるので、ポンプを取り付けても操作しやすい。

    吹き口に送風ポンプを取り付けられるモデルは、強力な風を送り続けるのに便利。火起こし、火力アップはもちろんのこと、細かい部分の灰掃除などにも重宝しそうだ。

    焚き火ブロウパイプ

    価格:¥3,000+税
    サイズ:2.5×85cm
    収納サイズ:2.5×23.5cm
    重量:130g

    焚き火ブロウパイプ ポンプ付き

    価格:¥3,500+税
    サイズ:2.5×85cm
    収納サイズ: 2.5×23.5cm
    重量:本体/130g、ポンプ/92g

    人気のアイアン焚き火スタンドに待望のミニサイズが登場

    今まで同様、脚のセット位置を変えるだけで2パターンの高さで使用が可能だ。

    2020年の発売以来、ベルモントの人気アイテムとなっているアイアンシリーズに、新しくミニタイプの焚き火スタンドが発売された。

    低い方(23cm)に設置すると、同社の焚き火台「TABI」にちょうどいい高さになる。

    既存モデルよりも1112cm低くなったことにより、ウッドストーブやコンパクトサイズの低め焚き火台にもマッチ。ミニサイズながら耐荷重が20kgあり、ダッチオーブンとスキレットを並べても問題ない堅牢なつくりは流石のひと言。

    今のところオプションアイテムに関する情報はないが、新アイテム情報に注視したい。

    アイアン焚き火スタンドmini

    価格:¥8,600+税
    サイズ:54×17.5×23/28cm
    収納サイズ:46×17.5×7cm
    重量:1.8kg
    耐荷重:20kg

    熱からもしっかりと守る焚き火シート

    焚き火シートは延焼防止効果があり、後片付けも楽になる。

    キャンプ人口が増えるにつれて、あちこちから問題が聞こえてくるようになった焚き火跡。 一般的な不燃シートは、火の粉や炎は防いでくれるが、熱は地面に伝わってしまっているのをご存知だろうか。

    今回発売されたベルモントの焚き火シートは、表地にアルミニウムを採用。熱を空中に放射し、地面へのダメージを劇的に軽減してくれる。

    一般的な不燃シートと比較し、熱伝導を45〜58%軽減するそうだ。

    長時間の焚き火は、高さのある焚き火台でも地面への負担が少なくないというから、焚き火好きの方はぜひ1枚持っておいてもらいたいアイテムだ。

    焚き火プロテクトシート

    価格:¥2,300+税
    サイズ:60×56cm
    重量:350g

    好きな高さに取り付けられる便利なテーブル

    横から差し込んで固定できるので、テーブルとして使用できる。

    どのデザインも、ポール径18〜35mmのものまで広く対応。写真はハーフA4。

    テントやタープの設営後に、好きな場所・高さに取り付けられる便利なテーブルの登場だ。サイズや形の違う3種を同時に発売。どれも耐荷重が約8kgあるので、ランタンや鍋など、少し重さのあるアイテムも安心して載せられる。

    ナチュラルウッドはサイトに馴染みやすく、複数枚取り付けてもオシャレだ。

    ポールを倒したり浮かせたりせずに取り付けられるので、手間がかからないのが魅力。また、就寝時は邪魔にならない位置に固定してスマホやランタンを置くなど、テント内の限られたスペースを有効に活用できそうだ。

    ワンポールテーブル ハーフA4

    価格:¥5,000+税
    サイズ:30×23×4.7cm
    重量:610g
    耐荷重:約8kg

    ワンポールテーブル 300

    価格:¥6,000+税
    サイズ:直径30×4.7cm
    重量:610g
    耐荷重:約8kg

    ワンポールテーブル 395

    価格:¥6,400+税
    サイズ:直径39.5×4.7cm
    重量:980g
    耐荷重:約8kg

    今回ご紹介したアイテムは、すでに販売を開始しているものもあるが、火バサミや、火吹き棒などは3月下旬の発売予定とのこと。詳しい発売日時などは公式HPでチェックしてみよう。

    ベルモント 公式ページ
    http://belmont.co.jp

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 焚き火・火おこし道具 』新着編集部記事

    設営までわずか10秒!機能面も文句なしのVASTLAND焚き火台が登場

    2022.12.03

    いつもの焚き火がさらに快適!かゆいところに手が届く6つの道具を紹介

    2022.12.03

    焚き火用ブロワーにもランタンにもなるエアポンプ!?

    2022.11.30

    子どもも簡単に組み立てOK!八王子の町工場が手掛ける焚き火台キット「小焚台」

    2022.11.26

    オープン型なのに二次燃焼が可能!新スタイルの焚き火台が登場だ

    2022.11.24

    親指だけで炭火をおこす!画期的な「熱風火おこし器」が日本初上陸

    2022.10.24