CGM記事詳細 | BE-PAL

腸を使わない、チョー簡単なソーセージ作り

2021.08.30 (閲覧数) 349

腸の代わりにラップで包むソーセージの作り方を紹介します。

基本の材料の分量は
・豚ひき肉 300g
・黒胡椒 少々
・バジル 少々
・すりおろしニンニク 2cmくらい
・すりおろししょうが 2cmくらい
・塩 小さじ1

※レモン汁は好みで入れてください。レモン果汁を入れすぎると、肉が分離してしまいボソボソしたソーセージになってしまうので注意が必要です。
※ 豚ひき肉以外は、食料品を扱っている100均で揃えることができます。

材料を全て入れて練り合わせます。
香辛料などの量は、好みで変えても大丈夫です。
僕はバジルを結構入れますよ。

噛みごたえのある食感がいい場合は、軽く粘り気が出る程度まで混ぜます。
魚肉ソーセージの様な食感にしたい場合は、更にひき肉を練り、滑らかにしてください。

チャック付きビニール袋に材料を入れて、もみもみすれば手も汚れません。

腸の代わりにラップを使うため、ラップの上に絞り出しますが、専用器具がなくてもチャック付きビニール袋などの袋の角をカットして押し出せば、全然OKです。(洗う手間も省けこっちの方が楽です)
ラップで包んで形を整えるので、手で乗せても大丈夫ですよ。

形を整えラップの両端をねじり、輪ゴムでしっかりと縛ります。
ラップの巻き数が少ないと、この後のボイルの段階で、膨張した具がはみ出る場合があるので気をつけてください。
※ 輪ゴムは、2重や3重にした状態から巻くと、巻回数が少なくて済むので楽です。

輪ゴムがない場合の代用として、ラップで包んだ後に、しっかりとアルミ箔で包んでもよいです。

次は、ボイルです。
蓋をするので、ソーセージが半分浸かるくらいの水で大丈夫です。
沸騰後3分くらいかな、色が変わればオッケーです。

ボイル後は、そのまま食べても美味しいですが、僕はフライパンで焦げ目を付けて食べる方が好きです。

変わり種として、チーズや明太子を混ぜて、自分の好きな具材で作ることもできますよ。
ちなみに、豚ひき肉ではなく牛ひき肉を使うとハンバーグっぽくなります。
スティックハンバーグにしても面白いですね!

けいすけさん

福岡県で薪ストーブのある家に住んでいます。 ソロキャンデビューの弟を見守り中! ホーボージュンさんのような旅に憧れてます。 今年の目標 昨年は決行出来なかった、「九州縦断(北九州→鹿児島) & 鹿児島にてキャンプする!」を実現できるといいなぁ

もっと見る

この記事をシェアしよう!

けいすけさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。