厳冬期の釧路湿原でカヌー体験!

2020.10.21 (閲覧数) 323

厳冬期の釧路湿原アレキナイ川で60分のカヌー旅
タンチョウヅルにも、オジロワシにも出会え大満足!

NHK『ブラタモリ』でタモリさんのカヌー旅もサポートされた、「レイクサイドとうろ」のツアーで出発!

塘路湖畔を出航し、SLも走る釧路本線の鉄橋をくぐり。カヌーでしか行けない、釧路湿原の奥深くへ。

プライベートツアーなので、カヌーには私達夫婦とベテランガイドさんのみ。

他に行き交う船もなく、
ゆったりと、静かで贅沢な時間です。

しばらく進むと、目の前にタンチョウヅルのつがいが!
大興奮ですが、静かに静かに進みます。

さらに進むと、
湿原の主 オジロワシが悠然と出迎えてくれました。

「よく来たね ここはいいところだろう?」

うんうん!
本当に美しく素晴らしいところ。
抜けるような青空も、マイナス10℃の冷気も、気持ちいい!

アレキナイ川と釧路川が合流するところでUターン。
川の「流氷」初めて見た。

帰り道にも、オジロワシやタンチョウヅルは、そのままゆったりと待っていてくれました。

あまりにも自然にくつろいで迎えてくれる姿に、自分たちも釧路湿原の生き物の一員になったかと錯覚を覚えるほど。

訪れる人の少ない厳冬期だからこそ出会えた釧路湿原の素顔。心に残る、素晴らしい冬のカヌー旅でした。

※私達が行った日は、風もなく穏やかでしたが、気温はマイナス10℃。カヌーでは特に足腰が冷えるので、防寒対策は万全で!
※情報は2020年2月のものです。訪れる前に、最新情報をご確認願います。

なんこさん

キャンプ愛好家 ぐうたらキャンプをこよなく愛し。絶景を眺めながら、ビール片手にぼけーっとするのが最高のシアワセ! 生まれも育ちも東京下町  海外の国々でのくらしを経て、日本に帰国した時ホームセンターで見かけたBBQグリルを衝動買いしたのが、はじめの一歩。以来14年(2006年〜) 登山部出身の夫とデュオ、ときどきお酒好きの楽しい友人達とキャンプしてます。冬にはスノーシュートレッキングも!

もっと見る

この記事をシェアしよう!

なんこさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

おすすめ記事