• ホーム
  • ショップ
  • 本日オープン!アウトドア体験もできる南町田「グランベリーパーク」へひと足先に行ってみた

本日オープン!アウトドア体験もできる南町田「グランベリーパーク」へひと足先に行ってみた

2019.11.13

まったく新しい「グランベリーパーク」がついにオープン!

駅構内に設置されたグランベリーパークの看板

東京の町田に展開していたグランベリーモールが、1113日(水)から「グランベリーパーク」と名前を改めて生まれ変わる。駅名もこれに合わせて変更し、街の再開発の拠点として大々的にリニューアル。先日に行われたプレス向けお披露目会に足を運び、その全体像をひと足先に見てきた。

駅・商業施設・公園がシームレスにつながる場所

渋谷駅側から降りると、スヌーピーがお出迎え

旧グランベリーモールは東急が開発したアウトレットモールで、ショップは98店舗、約87000平方メートルの敷地面積をもっていた。郵便局やコンビニ、スーパー、そして映画館といった娯楽施設が揃い、街の生活拠点としても機能していた。

そんな同施設は、街の再開発とともに2017年に一時閉館。そしてついに新しいショッピングモールとしてグランベリーパークがオープンすることとなった。駅名は旧南町田駅から「南町田グランベリーパーク」駅と変わり、急行が止まるように改正するほど力を入れている。

まるでターミナルを想起させる広い空間の駅

「生活遊園地〜くらしの楽しいがあふれるエンターテインメントパーク〜」をテーマにした同施設は、駅・商業施設・公園をひとつなぎに展開する新しい場所。その入り口となる同駅は、ホームに高く広々とした天井とプロジェクションマッピングを駆使した階段を設置する。

改札を出る前からワクワク感を感じる!

階段を上がって右側に同施設があるのだが、改札を出る前に施設の入り口が佇んでおり、迷うことなくスムーズにグランベリーパークに入れる。

中央に展開するスノーピークのサイトは展示用。今後はワークショップなども実施する予定

商業施設と通り抜けると、その奥には鶴間公園が広がる。ここは1979年に開園され、中央に延びる水道みちの両脇には桜並木が植えられており、春は見物客で賑わいをみせるそうだ。

充実した遊具が揃う「森のあそびば」

リニューアルにともない、さわやか広場と水道みちはそのままにして、にぎわい広場、砂場がある「星のあそびば」、大型遊具を揃えた「森のあそびば」などが加わった。遊具が充実し、休日はファミリー層で賑わうだろう。

ちなみに駅・商業施設・公園をトータルで見たこの場所は、世界的なグリーンビルディング(環境に配慮した建築物)の評価指標“LEEDLeadership in Energy & Environmental Design)”のゴールドレベルを獲得し、駅を含めたトータル認証は全国初だそうだ。

241店舗!商業施設の概要と飲食店の特徴

テナントの構成の4割はアウトレット業態、3割は飲食系店舗、残りがアウトドアやエンターテインメント系

次に、中心となる商業施設について見ていこう。旧グランベリーモールの店舗数は98だったのに対し、同施設は241と2倍以上増えたのが特徴。海外のラグジュアリーブランドから日本のセレクトショップ、アウトドアショップ、そのほか飲食店まで豪華な顔ぶれが揃い、郊外のアウトレットモールに引けを取らないバリエーションがある。

ギャザリングマーケットの外観

「ここで購入したものを公園などで味わってもらいたい」というコンセプトがあることから、飲食店はどれもテイクアウトメニューを揃えている。中央の「Gathering Market(ギャザリングマーケット)」には、約30店舗の飲食店が並び、各所にイートインスペースが設けられているのでランチやディナーを取ることもできる。コミュニティの場所としても機能しそうだ。

パンや惣菜を販売する成城石井の店頭

成城石井では、工場直送のテイクアウトメニューを開発。店頭で専用のレジが設けられているので、スムーズに購入することができる。ここ限定の商品も展開するとのこと。 

アウトドアショップも充実!アクティビティやレンタルがあり

モンベル グランベリーパーク店は、2フロアの建物が2棟も並ぶ!

今回の見どころは、都内でも気軽にアウトドアが感じられるコンテンツを盛り込んでいるところ。たとえば、全国最大級の売り場面積をほこるモンベル グランベリーパーク店では、お店の前に高さ約12メートルのクライミングウォールを設置。

都内でカヤックを体験できるのはそう多くはないので貴重だ

その隣には、カヤック体験ができる人工池も常設。両方とも有料にはなるが、本格的なアウトドア体験をしたい子供や製品を試してみたい人にとってはいい機会だろう。

ダッチオーブンで作る本格キャンプ料理も登場

スノーピーク グランベリーパーク店は、物販と隣に全国で2番目となるレストラン「Snow Peak Eat」をオープン。メニューをリニューアルし、鶏・豚・牛の食材を選んでから、焼く・蒸す・煮るの3つの調理法を選ぶユニークな方式を採用。また、テイクアウトメニューも開発し、購入して公園で食事がとれるようになった。

人気のテーブルとチェアを借りてピクニックを楽しもう

鶴間公園で手軽にアウトドアが楽しめるように、同ブランドのテーブルとチェアのレンタルサービスも行う。スノーピーク会員限定でかつ有料にはなるが、テイクアウトのごはんを購入してギアをレンタルすれば、手ぶらピクニックが可能となるのだ。

そのほかの注目ショップ

取材当日はまだ未完成のスヌーピーミュージアム

グランベリーパークへ来たらぜひ行ってもらいたいのは、世界で唯一の公式サテライト博物館となるスヌーピーミュージアム。こちらは1214日(土)にオープンするが、日本で初公開となる原画展示や巨大なスヌーピーのモニュメントが登場する。

家形のフレームを設置したユニークな内装のカフェ

その隣には、ミュージアムショップ「ブラウンズストア」と、オリジナルメニューを揃えた「ピーナッツ カフェ」がオープン。ミュージアムのチケットがなくても利用でき、ストアではフェールラーベンなどのコラボバッグなどが販売。カフェではバスケットプレート(テイクアウトメニュー)やスキレット料理、パンケーキなどが食べられる。

「カーネル・サンダースのホームパーティー」をイメージした洗練された店内

また、KFC(ケンタッキーフライドチキン)は、関東で初となるビュッフェスタイルのレストランをオープン。アルコールの飲み放題プランもあるので、大人でも楽しめる工夫を凝らす。ディナー限定の「ロティサリーチキン」や、オリジナルチキンをつけて食べる特製スープカリーなど、バラエティに富んだメニューも販売する。

実際に調理体験プログラムに参加する子供たち

お店の隣には、オリジナルチキンの手作り調理体験「KFCキッズスクール」を展開。保護者同伴の子供が利用でき、バランスのいい食事について考えながら、手作りで作るおいしさや楽しさを学ぶ。まずは休日に1日1回を目処にスタートし、動向を見て回数を増やしていくそうだ。

ワンダーシアター前で行われた「映像、音楽と連動した炎の演出」

グランベリーパークは本日1113日(水)からグランドオープン。買い物から遊び、そしてアウトドア体験まででき、南町田の核となる存在になりそうだ。

「グランベリーパーク」情報

東京都町田市鶴間3-4-1
TEL042-788-0109
営業時間:10:0020:00(一部店舗を除く) 

グランベリーパークの詳細はこちら
https://gbp.minamimachida-grandberrypark.com

構成・取材/小川迪裕

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • ショップ
  • 本日オープン!アウトドア体験もできる南町田「グランベリーパーク」へひと足先に行ってみた

関連記事

『 ショップ 』新着ユーザー投稿記事

『 ショップ 』新着ユーザー投稿写真

『 ショップ 』新着編集部記事

おすすめ記事