アオリイカの水中撮影に挑戦!

2017.12.10

連載【漕いで、釣って、食べて】カヤックフィッシング奮闘記Vol.46

 

季節によって、様々な魚種を狙えるのがカヤックフィッシングの魅力だが、『昨年』に続いて、今年もアオリイカにチャレンジしてみた。10月27日に逗子海岸を朝6時半に出船し、葉山沖を目指す。

アオリイカは水深15メートル前後の根(海底がごつごつしたところ)周りにいるので、魚探を見ながらめぼしいポイントを探す。怪しいところがあれば「エギ」というルアーを海底まで落とし、2、3度しゃくって、少し待つ。

「そんなんで釣れるの?」と思うかもしれないが、釣れるときは釣れる(釣れないときはまったく釣れないが)。この日は、3投目くらいで竿先に異変を感じたので、軽く合わせるとギュンギュンとした独特の引きが!来たか、アオリイカ。

今回はちょっとやりたいことがあった。というのは、昨年アオリイカを釣ったときに書いたが、生きたアオリイカは本当に「綺麗」なので、それをなんとか伝えるべく水中撮影に挑戦したかったのだ。針がかりが甘いとバレてしまう可能性があるが、とりあえずやってみる。

寄せてきたアオリイカ目がけて、防水カメラを水中に沈める。が、ファインダーを覗きながら撮影するわけにもいかないので、とにかく闇雲にシャッターを切りまくる。その画像が、こちら。

うーん、やはり難しい。そして、やはり写真より実際に見た方が断然美しい。釣り上げてからも撮影してみるが、実物はこんなもんじゃないんだよね。と、この子は小さいので、リリース。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海・川・カヌー・釣り 』新着ユーザー投稿記事

『 海・川・カヌー・釣り 』新着ユーザー投稿写真

『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』