• ホーム
  • ニュース
  • キャンプで使えるアイテムもいっぱい ‼ 『東京蚤の市』で掘り出し物を見つけよう!

キャンプで使えるアイテムもいっぱい ‼ 『東京蚤の市』で掘り出し物を見つけよう!

2017.05.06

春と秋に開かれる日本最大級のアンティークマーケット『第11回東京蚤の市』の開催期日が迫ってきました。2017年は5月13日(土)と5月14日(日)の2日間。場所は東京・調布市の京王閣競輪場(東京オーヴァル京王閣)です。

今回は昨年開催された第9回東京蚤の市の模様をレポート。今年、参戦されるみなさん、参考にしてくださいね。

開場前は黒山の人だかりができていた。お宝を見つけたい人は早めに会場入りしよう。

まずば、受け付けでもらったパンフレットをチェック。ひとくちにアンティークマーケットといっても内容はバラエティに富んでいて、古道具から雑貨、古書、古着、器などなど。もちろん、おいしそうなフード屋台も。全部で250ほどのブースがある。人も多いし、すべて回っていたら1日あっても足りない……。ということで、本日の目的である「キャンプ・アイテム」を扱っていそうなブースに的を絞り、回ることにした(といっても、しょっちゅう、脇道にそれていたけど)。

まず目を付けたのが、ミリタリー系のショップ。バーナーや飯盒、アルミの食器やカトラリーなど、キャンプに使えそうなものがたくさん並んでいる。ウルトラライトとは真逆の重厚なつくりだけど、オートキャンプなら問題ない。こういうアンティークをひとつふたつ、キャンプ道具にしのばせておくだけで、熟練キャンパーに見られるかも(うしし)。

バーナーや飯盒なども発見。飯盒はスイス軍のものだった。

アルミ系の食器は安くてかわいいので、大量買いしている人も多かった。

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • ニュース
  • キャンプで使えるアイテムもいっぱい ‼ 『東京蚤の市』で掘り出し物を見つけよう!

関連記事

『 ニュース 』新着編集部記事

おすすめ記事