ビッグジョン、ロックス、ビーパルが考えた究極のアウトドアジーンズ

2020.06.02

アウトドア用パンツの快適さに慣れてしまうと、ジーンズの窮屈さが気になってしまうものだが、このパンツならその心配はない。トルコISKO社のストレッチデニムを採用し、ウエスト部分はゴム入り、太もも部分は太くしてある。リラックスしてはけるジーンズである。

このアウトドア用ジーンズはビッグジョン、ロックス、ビーパルの3者のコラボレーションから生まれた。ビッグジョンは、言わずと知れた日本初の国産ジーンズメーカー。作業服や学生服の生産地だった岡山県児島で1940年に創業、ジーンズの輸入販売、受託生産を経て、1965年に国産第一号となるジーンズを販売した。それと同時に世界初の洗い加工(ウォッシュド加工)もはじめている。

今回のジーンズはワンウォッシュが施され、鮮やかなインディゴブルーのなかにほどよいユーズド感がただよっている。ステッチや革パッチ、リベットなども、歴史あるジーンズメーカーらしい丁寧なつくりである。

ロックスは2000年にアメリカでスタートしたクライミングウェアブランド。1970年代のヨセミテで活躍したクライマー、マイク・グラハムが立ちあげた。高いファッション性と股下のガゼットクロッチ(大きなマチ)に代表される機能性が特徴である。このコラボジーンズも股下にはガゼットクロッチが採用され、脚を大きく広げても窮屈さがない。ウエストのゴムとストラップもロックスらしい仕様だ。

さて、最後のわれらがビーパルはフォルムに注目した。冒頭でお伝えした「太ももを太く」はビーパルのアイデアである。膝を動かしやすいゆったりとしたアウトドア用パンツに慣れているアウトドアファンにとっては、おそらくそれが正解だろうと考えた。ぜひ履いて体感してください。

オーソドックスなヒップポケットと革パッチ。

股下のガゼットクロッチ。

横方向によく伸びる。デニムを製造したISKO社は、多くのファッションブランドにデニムを提供している世界的なメーカーだ。

ウエストの内側に、ビッグジョンとロックスのダブルネームのタグ。

太ももの太いワイドなシルエット。股下は日本人の体型に合いやすいように短めとなっている。

16,500円

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

ISKOストレッチデニムパンツ
https://www.pal-shop.jp/item/A55006001.html

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ウェア 』新着ユーザー投稿記事

『 ウェア 』新着ユーザー投稿写真

『 ウェア 』新着編集部記事

おすすめ記事