ゴアテックスウェアを持って「ちょい登山」に行こう! | BE-PAL

ゴアテックスウェアを持って「ちょい登山」に行こう!

2016.01.08

この時期、アルプスや八ヶ岳に登るのはハードだけど、低山なら日帰りでサクッと登れる山もある。
往復で3時間くらいの行程なら、朝登って昼過ぎには下山も可能だ。
せっかく晴れた休日は、バックパックにゴアテックスウェアを入れて、おいしいものを食べに行こう!

今回『b*p9号』(P.42-P.43)の取材で南高尾にある草戸山(くさとやま)に登ったのは、

英国風パブ『HUB』の人事担当小川和珠さんと医療系テープ販売会社で営業を勤める田部聡司さんのふたり。

フェス仲間のふたりは、キャンプや山登りが大好き。

とくに田部さんは、テントを担いでアルプス縦走をするほどの経験者。

今回は、初心者の小川さんをアテンドする役だ。

ya_gore_0151

「息が白い!」
草戸峠で休憩中、小川さんがバックパックからゴアテックスウェアを取り出した。
「今年、フェス用に買ったんですけど、キャンプでも山登りでもフル活用しています」
ゴアテックスウェアは、雨具としてはもちろん、ちょっとした山歩きの防寒着としても、ちょうどいい。登り道で体温が上がってもムレにくいから行動中も快適なのだ。

ya_gore_0093

1時間ほどで山頂に到着。松見平休憩所からは眼下に城山湖、遠くには東京の街並みが。
「スカイツリーが見えるよ~。すごい!」
模型まで持っているという小川さんは大興奮だ。

ザ・ノース・フェイス

田部さんの青いザ・ノース・フェイスのレインウェアは、山登りを始めたときから着ている。「色が気に入って購入。動きやすいし、重ね着もしやすい」と田部さん。

しばしの休憩後、転げ落ちそうなほどの急坂を下ったかと思うと、今度は登り返し。3時間の行程だが、なかなか厳しい。下山したときには、ほどよく汗をかき、お腹もいい具合に減っていた。
旬の野菜料理を肴にお酒が楽しめる蕎麦屋『杜々』に入店し、さっそくビールで乾杯!

杜々

レンコン、ニンジン、インゲンなどの季節野菜の天ぷら盛り(1,300円)

「このかぼちゃの天ぷら、ジンセイでいちばんおいしいです!」
感動した田部さんがお店の奥さんに聞くと
「塩をふって、蒸してから揚げるんです。水分が増して甘くなるんですよ」と教えてくれた。ひと手間加えたていねいさに、さらに感動した田部さんは、思わず握手を求める。
「テンション上がりすぎ!」と小川さんは隣で大爆笑だ。

ひら茸と春菊の蕎麦(1,200円)。季節ごとに変わるメニューで、12月末まで。

ひら茸と春菊の蕎麦(1,200円)。季節ごとに変わるメニューで、12月末まで。

ゴアテックス

軽くてコンパクトになるゴアテックスウェアは、低山用の小さいバックパックにも収納しやすい。携行性もバッチリだ。

歩いてハラペコになって、うまいものを食べる。どんな高級レストランにも負けないシアワセ感が「ちょい登山」にはあるのだ。


【今回立ち寄ったお店】
<杜々>
2012年にオープンした、蕎麦と雑穀料理のお店。高尾山口駅、高尾駅のどちらからも徒歩15分ぐらい。蕎麦は、店主の石井さんが毎日蕎麦打ち小屋で打っている。サイドメニューは、奥さんの担当。無農薬野菜と雑穀を使った家庭料理が楽しめる。
http://blog.soba-toto.com/

◎文=中山夏美(フェス&食担当ライター/山形いも煮広報部長) 写真=矢島慎一(山&鳥好きフォトグラファー)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ウェア 』新着ユーザー投稿記事

『 ウェア 』新着ユーザー投稿写真

『 ウェア 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。