大ヒットの予感!ワークマンの新作は新感覚レインブーツ | BE-PAL

大ヒットの予感!ワークマンの新作は新感覚レインブーツ

2020.12.06

リーズナブルな機能性ファッションを数多くそろえるワークマン。人気の商品はすぐに売り切れてしまうほど大人気です。そのワークマンのこれから販売開始となる新商品の中から、ヒットの予感がする商品を見つけたのでご紹介します。

防水フェストブーツ 2,900円


一見、ありふれたレインブーツのようなフォルムのワークマン「防水フェストブーツ」。
しかし、手に取ってみると、明らかにアタラシイ“長靴”です。
その特長は、防水性、耐久性、収納性、機能性に優れていること。
そのスペックを知れば知るほど欲しくなる、そんなレインブーツです。

それでは、ワークマン「防水フェストブーツ」の特長を1つずつ見てみましょう。

足の動きに馴染む、履きやすさ

一般的なレインブーツのデメリットの1つは、その歩きにくさ。歩くとカポカポしてしまったり、ゴムの固さに足の動きが制限されたり。ハッキリ言って、濡れないために歩きやすさを犠牲にしています。

しかし、このワークマンの「防水フェストブーツ」のひざ下のゴム部分は適度に柔らかく、ストレッチ性もあり、足の動きを妨げません。

足回りは靴底の厚さがあるため、ある程度の重みは感じます。しかし上部はとても軽く、自立こそしませんが、丸められるほどやわらかいのに、ずり落ちてくるような感じはありません。
つまり、ワークマンの「防水フェストブーツ」はレインブーツのくせに足に馴染み、歩きやすい!
これだけでも十分に買いたくなる理由になりますが、特長はまだまだ続きます。

コンパクトにできて携帯もできる、収納性にすぐれたレインブーツ


レインブーツのデメリットとして、もう1つ思い浮かぶのが、その収納性の悪さ。ブーツ類は下駄箱に収納しにくく、アウトドアでも持ち運びにかさばります。
その点も、「防水フェストブーツ」は、折りたたんだり、丸めたりできるほどやわらかいゴム素材を使いクリア。

付属の収納ポーチに入れて携帯したり、高さ40cmもあるのにスニーカーと並べて下駄箱に収納することもできます。

折り曲げて自分好みの長さにできる


筒状のひざ下部分は柔軟性がある生地なので、折り曲げて長さを調節することができます。土砂降りのときはフルに伸ばして、履き口の紐を絞れば雨が中に侵入してくるのをがっつり防げます。その後の雨上がり時などには、折り曲げて裏地をアクセントにする履き方も。
天候に合わせて、ファッションに合わせて、自分好みの長さにできます。

ここまでご紹介した、歩きやすさや収納性に優れたレインブーツは、もしかすると他社製品でもあるかもしれません。しかし、ここからはワークマンならではのスペック。機能・性能の特長を引き続きご紹介します。

ワークマン独自の素材で4倍の耐久性


このレインシューズの足回りには、高強度素材「TOUGHTERIAL(タフテリアル)」が使用されています。これはワークマンオリジナルの素材で、引き裂き強度は通常のゴム長靴の4倍なんだとか。耐久性抜群です。

発売予定日は12月中旬とのこと。一足早くワークマンさんから商品をお借りしてレビューしましたが、もうコレ、発売したらすぐに買いたい!と惚れこんでしまう商品です。デイリー使いにも、アウアトドア用にも使えるレインブーツ。タダモノじゃないレインブーツが2,900円です。これなら欲しい!と思った人は、早めに購入することを予定しておいたほうがいいかもしれませんよ。

※価格はすべて税込価格。店舗によって品揃えが異なり、在庫がない場合があります。また掲載商品については廃盤、仕様変更等となっている場合があります。

取材協力:株式会社ワークマン https://www.workman.co.jp/

文/栗山 佳子

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ウェア 』新着ユーザー投稿記事

『 ウェア 』新着ユーザー投稿写真

『 ウェア 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。