満足度最高ランクのテント!キャンバスキャンプのSibley 500 Ultimateが魅力的すぎる

2020.04.25

私が書きました!
アウトドアライター
また・たびこ
旅・キャンプ・温泉・猫が大好きなアウトドアライター。群馬県在住。フリースクール運営のかたわらライター活動中。夫婦でキャンプ&車中泊の日本一周をしたり直感で旅する世界一周をしたり、根っからの旅好きです。今年、家庭菜園を始めました!

自然の中でゆったり過ごすキャンプ時間。せっかく広大な野外に来たのに、テントの中はせまくて、息ぐるしいなと思ったことはありませんか?

テントでものんびりくつろぎたい!

そんな思いに答えてくれるのがベルテントと言われる大きなテント。この記事では、私が5年間愛用しているキャンバスキャンプのSibley 500 Ultimateをご紹介します!

ベルテントとは?

森の中にたたずむベルテント。自然に溶け込んでいる。

ベルテントは、モンゴルのゲルや中国のパオのようなテントです。サイドが立ち上がり、ベル(鈴)のようなフォルムをしています。数年前からグランピングがはやっていますが、グランピング施設にあるあの大きなテントをベルテントと呼びます。

大人が立って自由に動けるほどゆったりした空間なのが特徴。キャンバスキャンプのSibley 500 Ultimateは、大人が寝袋利用で8人ほど、座っての場合、10人以上でもくつろいでテントの中に入れます。

キャンバスキャンプSibley 500 Ultimateの魅力

フォトジェニックな見た目

魅力はなんと言ってもそのフォルム。パッと見、お家です!しかも、かわいい!そのうえ、キャンバスキャンプのSibleyシリーズは、キャノピー部分が美しいラインを描きます。

テントのトップから美しいカーブを描くSibley 500 Ultimate。なんとも言えない曲線美。

遠くから見ても一目瞭然。圧倒的な存在感のSibley 500 Ultimate。期間限定の自分たちのお家にテンションがあがります。お気に入りのキャンプ場へ出かけるたびに、大自然に移住したかのような気持ちになりますよ。

キャンプ場では、どこからでもすぐに見つけることができる。

お家で暮らしているかのようなテント空間

キャンバスキャンプSibley 500 Ultimateは、直径が5メートル、床面積19.6平方メートル、高さが3メートルのワンポールテントです。

テントの入り口は大きく開き、メッシュドアが設置できます。サイドの小窓も、ファスナーを開けるとメッシュ生地なので、 風や虫をよけながら、風景を楽しむことができます。

道具の配置を考えるのはいつもワクワク。私は、ベッドになるマットやコット、ちゃぶ台などを配置しています。軽量化や機能性を求める道具と、日々のお気に入りのアイテムをすみわけて持ち込むことで、日常と非日常の組み合わせが完成!

飾り棚にはお気に入りのアイテムを置いている

雨にも風にも強いコットン生地

キャンバスキャンプのテント生地はコットン100%。コットン生地はとても丈夫!通気性もパーフェクト!
しかも、コットン100%だから地球環境にやさしい素材。色も、やわらかいベージュなので、自然界にとけこんだように見えるのでしょうね。

やさしい色合いに包まれたテント空間。しっかりした生地が、通気性と快適な湿度を保ってくれる。

5年使用しているなかで、大雨の日や風が強い日が何度もありましたが、困ったことはほとんどありません。一度だけ、風がとても強い日に、念のためと、ゆるんだロープをきつく張りなおしたことがありますが、そのおかげで安心して一晩眠ることができました。

木立ちの中にテントを立てると、風にそよぐ木々の影が映し出される

雨が降っても、テントの中に水がしみたり漏れたりすることはありません。公式サイトによると、キャンバス生地は水を含むことで繊維がふくらみ、布地がキュキュッとしまり、さらに防水性を高めるのだそうです。Sibley 500 Ultimateを購入した当初は「本当?」と半信半疑でしたが、使ううちに「本当だった!」と信じられるようになりました(笑)。

Sibley 500 Ultimateで気をつけることともっと楽しむためのアイデア

設営での注意点

Sibley 500 Ultimateはサイズが大きく重量があります。女性1人での持ち運びはむずかしいので、パートナーや仲間と運搬・設営しましょう。慣れてくると、設営は1人でも20分ほどでできますよ!

設営手順(簡略ver.)①平らな場所を見つけ石など拾う②グランドシートを敷きテントを広げる③床部分をペグで固定する④ポールを中央に立てる⑤玄関口用のポールを立てる⑥ロープを張る。完成。

玄関口用のポールまで設置したところ

もっとSibley 500 Ultimateを楽しむには

公式サイトにも記載されていますが、Sibley 500 Ultimateには煙突があるテント用薪ストーブが使えます。他にも、タープとの連結やガーランドで飾りつけたり、ふわふわのラグを敷いたり。トータルコーディネートをいかに楽しむかも、あなたのアイデア次第!

床と屋根部分はファスナーで分けることができる。サイドウォールを巻き上げて宙に浮いたような設営も可能。

日が沈み、寒くなってきたら、テントの中へ。ゆったりくつろぎ何度も乾杯!

Sibley 500 Ultimateの購入前後の率直な感想

購入の時に、ちょっと頭をなやませたのは価格帯。Sibley 500 Ultimateは105,000円(税込)。購入前は大きな買い物だからと何度も検討しましたが、購入して大正解でした!暮らすような旅ができるし、おしゃれで機能的なので大満足。今となっては、Sibley 500 Ultimateなしのキャンプは不便だなあと感じてしまいます。お友だちファミリーや仲間と共同購入してシェア利用するのも賢いやり方かもしれません。

暮らすように旅することができるSibley 500 Ultimate。大自然の中で過ごす贅沢な時間は他の何にも代えがたい。

ぜひ一度、Sibley 500 Ultimateでアウトドアを体験してほしいです。でも、この豊かな空間を味わっちゃったら、もう小さいテントには戻れないかも!

CanvasCamp Sibley 500 Ultimate

床面積 19.6㎡
直径  5m
高さ  3m
最大キャパシティー 8人
ドアの高さ 175㎝
キャンバスタイプ クラシック(320gr/㎡)
フロアアタッチメント ファスナー
総重量 35kg

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 テント 』新着ユーザー投稿記事

『 テント 』新着ユーザー投稿写真

『 テント 』新着編集部記事

おすすめ記事