季節や天候に合わせて設営アレンジ!テンマクデザインの「大注目シェルター」いよいよ発売 | BE-PAL

季節や天候に合わせて設営アレンジ!テンマクデザインの「大注目シェルター」いよいよ発売

2021.01.16

ロイヤルブラックの落ち着いたカラーと多彩なアレンジが特徴のシェルター「BLACK SUMMIT(ブラックサミット) GG8」がいよいよ発売される。横幅と奥行きが同じ長さで、利用シーンに合わせてアレンジ自在なツインポールシェルターだ。

最大8台のコットも並べられる広い空間が特徴

「ブラックサミットGG8」¥49,800+税

こちらはフルクローズするとサイズは約4.7×4.7mで、コットを入れてソロやデュオキャンプで使用したり、ファミリーキャンプでリビングとして使用するのに最適。

ブラックサミットはポール別売り。写真では「JOHN AND POLE180」を使用。

張り出しポールを使用すれば、傾斜部分の天井を高くすることもできるので、空間を広く活用できる。ポールを使用している時でも、両サイドにコットを並べる事ができ、最大で8台のコットを収容できる広さがあるというから驚きだ。

適度にプライバシーを確保しつつ、シーンに合わせてアレンジできるのが嬉しい。

片側パネルを跳ね上げることにより、オープンタープのような開放的な空間にもアレンジ可能。雨風や日差しの向き、気温などに合わせて開放する箇所や広さを変えれば、通年で便利なシェルターとして使用できそうだ。

夏は涼しく冬は暖かい。初心者でも簡単な裾周りや出入り口のアレンジ

着脱式のループの位置を変えると、テントの高さや広さが変化する。

シェルターの裾部分にはデイジーチェーンが配置されており、着脱式のペグ用ループの取り付け位置を調整すればスカートのように変化させることもできる。

ペグで固定してから、地面の方向に幕自体を引く(テンションをかける)ことができるので、設営の苦手な初心者でも、余分なシワなくかっこよく張れる。

縫製の向きで、結露の流れもコントロール

雨の溜まるポイントもできにくい、縦ラインの設計。

コット派にとっては気になる結露滴れ。ブラックサミットGG8は、縫製の向きを屋根上部から地面に向かうラインに統一することにより、幕内の結露が途中で落ちてきにくくなるように考えられている。横の縫製ラインを作らないことで、水滴の溜まるポイントを極力少なくするのだ。

おしゃれな収納空間をプラスする、付属のテイジーチェーン。

縦のラインだけが強調されたシンプルな空間には、天井を高く見せる効果もあり、付属のデイジーチェーンがアクセントになっている。

推奨ポールも同時期に発売

「JOHN AND POLE」上:250/下:180

ブラックサミットはポール別売りだが、2月下旬に「JOHN AND POLE」という名のラチェット式ポールが発売される予定。ロイヤルブラックの幕に合わせたカラーのアルミ合金ポールは、5cm刻みで細かく長さの調節が可能。

太さ〜約4.1cmのJOHN AND POLE250はメインポールに最適。

ポールは伸縮タイプになっており、折りたたみタイプと比べて幅も取らず収納面に優れている。メインポール用のJOHN AND POLE 250と張り出し用のJOHN AND POLE 180、どちらもブラックサミットの収納袋に一緒に入れて持ち運ぶ事ができる。

シックなブラックの幕は、キャンプ場でも目を惹く事間違いなしだ。

発売開始は1月下旬〜2月上旬の予定だが、事前予約等は受け付けていないそうなので、購入を検討する場合は、こまめにホームページやSNSをチェックしてみてほしい。

商品詳細

BLACK SUMMIT GG8

価格:¥49,800+税
使用サイズ:約468×468×234
収納サイズ:約58×22×22cm
重量:約8.47kg
耐水圧:1,500mm
素材:ポリエステルオックス210D(表面撥水加工)

JOHN AND POLE250

価格:¥7,800+税
使用サイズ:約170〜250cm /6節構成5cm刻み
収納サイズ:約41×64.5cm
重量:約1.12kg
素材:アルミ合金

JOHN AND POLE180

価格:¥4,200+税
使用サイズ:約130〜180cm /4節構成5cm刻み
収納サイズ:約29×61.5cm
重量:約550g
素材:アルミ合金

商品の詳細はこちら
https://www.tent-mark.com/black_summit_gg8/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 テント 』新着ユーザー投稿記事

『 テント 』新着ユーザー投稿写真

『 テント 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。