タープやハンモックにもなる!6変化するテントセット「ベルーガ」が日本上陸!

2020.10.19

フランス・マルセイユの新鋭アウトドアブランド「Qaou(カウ)」がデザインした多機能テントセット「ベルーガ」が日本に上陸。1つのセットで6通りの使い方が可能なこのアイテムは、多様化した日本のキャンプスタイルにマッチしやすい理想のギアになりそうだ。

1台6役のアレンジ力が魅力のテントが上陸

アレンジした用途例。

このベルーガは、①ハンモックコクーン(タープがあるハンモックスタイル)、②ハンモック2点、③タープ単体、④シェルター、⑤テント+タープ、⑥テントと計6通りに変化させることができる画期的なアイテム。

付属品はドーム型のテント本体、リバーシブルハンモック2枚、小物(ペグ、ガイロープ、カラビナなど)が入っており、テント泊からハンモック泊、さらには緊急時の日よけ・雨よけとして使える。なお、テント+タープで使用する場合、別でキャノピーポールもしくはトレッキングポールを用意する必要がある。

ベルーガの名は、絶滅危惧種シロナガスクジラに由来。

テント構造は吊り下げ式で、簡単に設営が可能。耐水圧は1,500㎜、ボトム部分は4,000㎜なので、単体でも少しの雨なら問題ないが、強い雨の場合は2,000㎜の耐水圧をもつリバーシブルハンモックを上にかければ安心。

ちなみにハンモックに「リバーシブル」と明記しているのは、撥水処理した面を裏返せば(上にすれば)テントのフライシートになるため。

ホワイトに使いカラーで優しい色もポイント。

フロアサイズは約125×210㎝で、就寝定員2名のコンパクトサイズ。もし3人以上もしくは複数人でのキャンプなら、ベルーガ同士をファスナーで連結して使うことができるので、行き来も楽になるのが特徴だ。

テント部分にリサイクルナイロンを使用

テント布は、コインランドリーなどの大型洗濯機で洗濯可能とのこと。

テント生地には、廃棄プラスチックから作られたリサイクルナイロンを使用。一般的に染料で線維を染め上げる工程は、大量の有毒廃棄物を環境に放出してしまうため、ベルーガはあえて白く染めず、そのまま仕上げている。

約410gの7.5㎜厚ポール。

ポールには、耐久性の高い超軽量アルミを使用。風が強い日でも、安心してアウトドアを楽しむことができそうだ。長く使える素材はゴミも減らせ、再生産の必要がないのでエコにつながっている。

Makuake(マクアケ)にて先行予約販売中

海や公園などではシェルターとしても便利。

トレッキング・キャンプ・お花見・ピクニックなど、様々なシーンで活躍してくれそうなベルーガは、すでにファンディングサイト・マクアケにて先行予約販売を開始している。

プロジェクト終了は10月末の予定で、今購入すると、来年2021年2月頃にフランスから商品が届く予定だそうだ。2021年の新しいキャンプギアの1つに、検討してみてはいかがだろうか。

商品詳細

Beluga(ベルーガ)

参考価格:¥42,545+税(参考価格)
重量:約2.9㎏
収納サイズ:約15×15×42㎝

ベルーガのマクアケサイトはこちら
https://www.makuake.com/project/beluga/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 テント 』新着ユーザー投稿記事

『 テント 』新着ユーザー投稿写真

『 テント 』新着編集部記事

おすすめ記事