裸足よりも気持ちいい!? ウォータースポーツから生まれた「Chaco」のZサンダル

2017.05.18

 コロラド州でラフティングガイドをしていたチャコの創設者マーク・ペイジェンは、元・靴職人としての知識を活かして、自らが履きたいアウトドアサンダルを生み出した。それが、快適性と耐久性に焦点をしぼった「Zサンダル」だ。

 アジャスター式の1本のベルトによってフィット感を自由に調整できるので、くるぶしと足の甲、足の側面をしっかりホールドし、脱げにくく走りやすい。

フットベッドは土踏まずがフィットしやすいように設計されており、足全体が優しく包まれている軽やかな履き心地だ。靴底が厚く安定感もあるので、水の中や森の中も歩きやすい。

 耐久性も申し分ないが、ストラップやソールはメーカーで交換(有料)できるのもうれしい。

10,260円(税込)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 フットウェア 』新着ユーザー投稿記事

『 フットウェア 』新着ユーザー投稿写真

『 フットウェア 』新着編集部記事

おすすめ記事