流行を先取り!360度回転するアウトドアチェア「PIVOT CHAIR V2」をレビュー | BE-PAL

流行を先取り!360度回転するアウトドアチェア「PIVOT CHAIR V2」をレビュー

2020.12.12

私が書きました!
アウトドアライター
また たびこ
旅・キャンプ・温泉・猫が大好きなアウトドアライター。群馬県在住。フリースクール運営のかたわらライター活動中。夫婦でキャンプ&車中泊の日本一周をしたり直感で旅する世界一周をしたり、根っからの旅好きです。今年、家庭菜園を始めました!

キャンプや釣りなど、アウトドアに共通して必要なものといえば、アウトドア用チェア!さまざまなメーカーから折りたたみのコンパクトチェアが出ていますが、チェックすべきは、座り心地、使い勝手の良さ、そして、デザインですよね。

今回、ご紹介する「PIVOT CHAIR V2」は、すべてのチェック項目をクリアするほどの優れもの。一般販売はまだですが、早割価格で先行入手したPIVOT CHAIR V2のレビューを、いち早くお届けします!

PIVOT CHAIR V2のここがすごい!

アウトドアチェアなのに、ぐるっと360度回転!

回転モジュールは、しっかりしたつくりです

今まで持っていたアウトドアチェアは、食事中や焚き火などのアウトドアシーンで、いちいち立ちあがってイスの向きを変えなければなりませんでした。PIVOT CHAIR V2のすごさは、360度、座ったまま回転しちゃうところ!風景をぐるっと見渡して楽しんだり、くるっと向きを変えて物を取ったりと、とっても便利です。

軽すぎてびっくり!

こんなふうに、軽々持てちゃいます!

360度回転するだけでもびっくりなのに、持ちあげた瞬間、さらに驚きます。なんとPIVOT CHAIR V2は、設置した状態のチェアを、片手で軽々と持つことができるのです!PIVOT CHAIR V2は、ショートモデルの重量が約1.2キログラム、ロングモデルは約1.5キログラム。アウトドアチェアの多くが約2〜3キログラムなのに比べて、とても軽いことに感動です!

ものすごい安定感

モジュール下部から脚が出ています。安定感抜群の秘密はここにあり?!

クッション性の高さから、のびやかに座れます。長時間座っても疲れません

PIVOT CHAIR V2に座ってみたところ、抜群の安定感です。PIVOT CHAIRモデルから、脚部分が改良され、末広がりの設計になっています。床を支える面積が広くなったことで、倒れにくいようです。また、ゆるやかにカーブした脚部分のおかげで、高いクッション性を味わえるので、リラックスしたいアウトドアシーンにぴったりです。快適度満点ですよ!

組み立ても折りたたみも簡単!

同梱内容。組み立て方などの説明書が付いています!

この持ち手は嬉しい!持ち運びに便利です

フレームは、組み立ても折りたたみもとても簡単にできます。部品は、フレームと座布のみ。コンパクトに収納袋に入れて、持ち運びも楽々。収納袋には、持ち手もあるのが嬉しいですね!

素材やデザインが最高!

ショートモデルのたたずまい。座布もフレームもしっかりしています

縁まできちんと作りこまれています。TALONは韓国のING Leisure発アウトドアブランド

フレームには、強度が高く、軽量な素材であるジュラルミンが使われています。座布の素材は、ポリエステルで二重になっています。また、メッシュ部分もあり、通気性もいいです。ブラックのチェアは赤い縁どり、レッドのチェアには黒い縁どりなのも、とてもかっこいいです。座布の縁には、反射材が採用されています。

サイズ、色は2種展開

ブラックバージョンの2モデル。レッドバージョンは、座布が赤で縁どりが黒です。

ロングモデルの最上部には、クッションが!細かいところに配慮が感じられますね。

サイズは、ロングモデルとショートモデルの2種類があります。ロングモデルは、首回りから頭の方まですっぽり覆ってくれ、最上部にクッションが入っています。少し深めに座ることができ、あぐらをかくこともできますよ。ショートモデルは、背もたれは短いですが、伸びをしたとき、後ろにのけぞることができます。カラーは、黒と赤の2色展開です。

気をつけること

座布を張るとき、ちょっとしたコツがいる

ロングモデルは、背もたれのスリーブにフレームを通してからキャップに固定しましょう。

このように倒して、バックフレームを少し曲げるとやりやすいです。

フレーム組み立てのあと、座布を張るときに、ちょっとしたコツが必要です。フレームを直立させた状態で、布を張ろうとすると力が要ります。以下の要領で張ると、スムーズにできますよ。

1.背もたれの部分から先に張る

2.本体を倒す

3.地面で背もたれの反動をおさえながら腰かけ部分を張る

組み立てるときは、ロックに注意!

モジュール部分にも注意書きがあります。ロックできたか確認をしましょう!

脚をすべて開き、バックフレームとフロントフレームを組み立てる際、回転モジュール部分にフレームをしっかりロックしましょう。商品に同梱されていた説明書にも「モジュール部はカチッと音がするまで」と記載されています。ロックされない状態で使用すると、破損する場合があるとのこと。十分確認して使いましょう。

絶対にゲットすべし!おしゃれなPIVOT CHAIR V2

アウトドアシーンで大活躍間違いなしのPIVOT CHAIR V2!筆者おすすめのギアのひとつになりました

PIVOT CHAIR V2は、360度回転し、クッション性もあり、コンパクトに収納可能。そのうえ、軽々と片手で持ちあげられます。機能性も抜群で、見た目もかっこいい!こんなにおしゃれで利便性の高いギアは、見逃せませんね。

PIVOT CHAIR V2

展開時サイズ:幅58×奥行50×高さ115センチ(ロング)、
       幅50×奥行49×高さ73センチ(ショート)
収納時サイズ:幅21×奥行21×高さ47センチ(ロング)、
       幅15×奥行15×高さ37センチ(ショート)
重 さ:約1.5キログラム(ロング)、約1.2キログラム(ショート)
予定小売価格:13,600円(ロング)、10,600円(ショート)(送料、税込)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 チェア 』新着ユーザー投稿記事

『 チェア 』新着ユーザー投稿写真

『 チェア 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。