みんなのハンモックスタイル見せて!ギアの目利きが惚れ込んだ自立式ハンモック | BE-PAL

みんなのハンモックスタイル見せて!ギアの目利きが惚れ込んだ自立式ハンモック

2021.10.22

Hammock style

ギアの目利きが惚れ込んだ、自立式ハンモックで都心の屋上リフレッシュ!

フリーランスプレス
辻井国裕さん

アウトドア&ファッション業界でプレス業を営みながら、革小物のディレクションなども行なう。昨年秋からはじめたバイクパッキングにハマり中。

image

仕事柄、常に何かしらのアウトドアギアを試して遊んでいる辻井国裕さん。

「アウトドアグッズって、キャンプ以外でも使えるモノが多いでしょ。お家キャンプが流行った所以でもありますよね」

その最たるモノがハンモックだ。そもそも中南米の先住民が、高温多湿な気候下で快適に寝られるようにと考え出した寝具だが、最近、猛暑が騒がれる、日本の夏の救世主でもある。

「今年はハンモックの新作を出すブランドも多そうですよ」

そんなギア通の辻井さんが愛用しているのは、フレームが付いた自立式のハンモック。

「キャンプ場はもちろん、家の庭でも、マンションのベランダでも、すぐに立てられる。木へのインパクトも心配ないし、気軽に楽しめるのがいい」

今日は屋上に持ち出してゴロリ。ひとりBBQを堪能しつつ、優雅にシエスタを決め込む。

「仕事の合間にリフレッシュするのにピッタリ。でも、ハンモックの難点は、一度寝ちゃうとなかなか起きられないこと」

たまにはこのまま、仕事からエスケープすることも!?夜空を見上げ、夜景を見下ろす。都会ならではの贅沢時間だ。

「何もしない時間を作ってくれるのがハンモックですから」

image

体が沈み込みすぎない、ホールアースのTENKU COTがお気に入り。

image

フレームが折り畳めるのでキャンプにも携行可能。夏ならこれだけで野営もいける!

image

ギアポケットが付属されているので、貴重品や文庫本、スマホ置き場にも困らない。

image

アウトドアギアを使えば、家でのおひとりさまBBQも気軽に楽しめる。

※構成/大石裕美 撮影/小倉雄一郎

(BE-PAL 2021年5月号より)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ベッド・ハンモック 』新着ユーザー投稿記事

『 ベッド・ハンモック 』新着ユーザー投稿写真

『 ベッド・ハンモック 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。