開始数日でファンディングに成功!?トートバックなのにどこでも座れる『Chairbag』が大注目

2020.04.11

疲れたらサッと座れるチェアバッグ

4月1日からMakuakeにてファンディングを開始した座れるトートバック「Chairbag(チェバッグ)」は、開始1週間ですでにファンディングの成功が決定。目標金額の10倍以上の評価を得てあり、すでに20〜25%OFFで購入できる限定90個が完売している。

水・防汚加工を施したナイロン生地で、屋外でも安心して使える。

近くの公園へのお出かけるなど、家族で出かけると疲れて座りたくなるシーンがたくさんある。そんな「椅子に座って休憩できたらな……」と思うときに、ワンアクションで椅子になってくれるトートバッグが、今回ご紹介するチェアバッグだ。

オリジナルのハニカム構造で、安定感のある座り心地

蜂の巣のハニカム構造から着想したデザイン。

チェアバッグを広げると、本体側面に内蔵された6枚の繊維板(High Quality MDF)が広がり、6角形のハニカム構造のように体重を支えてくれる。地面との接地面につけられた6箇所の滑り止めが、滑りやすいタイルの上などでもしっかりとグリップ。

広げて座ることで荷重を分散し、体重をしっかりと支えてくれる設計で安定感のある座り心地とのこと。耐荷重の具体的な数値については記載がないが、「男性がジャンプしても大丈夫!」という実験動画も公開されているので安心だ。

男女を問わないシンプルなデザイン&カラー

落ち着いた定番カラーの2色を販売。

カラーはブラックとカーキの2色展開で、男性でも女性でも年齢を問わず使いやすい色とデザイン。トートバッグとして肩がけでの使用はもちろん、付属のショルダーストラップを使ってショルダーバッグとして使用したり、キャリーケースに乗せて移動したりすることも可能だ。

横ずれはしてしまうが、軽く固定できるだけでも便利。

内側には大小5つのポケットがついており、スマートフォンやペン、タオルや飲み物など、分けてしまうことが可能。サイドにはメッシュポケットもついているので、バッグを開閉せずに飲み物や傘などを出し入れできる。

毎日の生活の中で、いつでもどこでも休憩を

高品質の繊維板が、中身もしっかり保護してくれる。

チェアバッグをデザインしたのは、上海のFOOKOOというデザインチーム。忙しい毎日の中で、頭をリセットして空っぽにする時間や、小さな幸せに目を向けるきっかけを与えてくれる、そんな製品を目指してデザインしているチームだ。

このチェアバッグも、毎日使える機能性を備えており、街中でもアウトドアでもハードに使うことができ、疲れたときにはひと時の癒しをくれる商品だと言える。外だけではなく、もちろん家でも使えるので、すぐに椅子を用意したいときなどに重宝しそうだ。

ファンディングサイト「Makuake」から購入可能

タフな仕様はアウトドアでも活躍。

今のところ、このチェアバッグを購入希望の場合は、ファンディングサイト・Makuakeから「ファンディングの応援」という形で購入できる。

ファンディングは2020年4月1日〜4月28日まで募集され、支援者は販売予定価格¥10,780(税込)よりも割安な値段で商品を購入することが可能だ。商品の発送は2020年7月から順次開始されるとのこと。気になる方は、早めにチェックしてみてほしい。

「Chairbag」製品詳細

重量(約):1.2kg
サイズ(約):バッグとして使用時/H35×W45×D6cm、椅子として使用時/H35×W35×D23cm
素材:本体/撥水・防汚加工ナイロン、繊維板(High Quality MDF)・アルミニウム合金製金具
カラー:ブラック、カーキ

販売サイトはこちら
https://www.makuake.com/project/chairbag/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 リュック・バッグ 』新着ユーザー投稿記事

『 リュック・バッグ 』新着ユーザー投稿写真

『 リュック・バッグ 』新着編集部記事

おすすめ記事