もはや体の一部です。ぴったりフィットのウエストポーチ

2019.05.28

休日はいつも容量1.4Lの小さなウエストバッグを腰に巻いている。そこにスマートフォンや小銭入れ、カードケース、手帳、鍵などを入れている。以前は小さなショルダーバッグを使っていたが、ウエストバッグのほうが体に密着して邪魔にならないことを実感して、またたくまにウエストバッグのとりこになってしまった。それ以来、ウエストバッグ派を自認していたが、恥ずかしながらこの「ホールドチューブ」のことは知らなかった。

ホールドチューブは、チューブ型のウエストポーチを各種作っているメーカーである。そのウエストポーチは、まさに自転車のチューブのような形状で、ゴムのように伸び縮みする。チューブの中がそのまま収納スペースになっていて、写真の「タッチフュージョン」の場合、3つのファスナーがついている(つまり3つのファスナーポケットが付いている)。中央のファスナーポケットはいわゆるタッチパネル式で、スマートフォンを収納したまま操作ができる。生地が伸びるからポケットはけっこう収納力があって、向かって左側のポケットには500mLのペットボトルが入るから驚きだ。この3つのポケットに、私がいつも入れている小物は収まってしまう。なおかつ、いつものウエストバッグより腰への密着度が高く、邪魔にならない。うーん、もっとはやく知っていればよかった!

タッチパネルポケットには仕切り付き。

500mLのペットボトルが入る!

カラーは上から「ゴーキャンプ」「メテオラ」「ブラックライム」。

腰にぴったりフィット。

肩からかけて使うこともできる。

 

各5,292円

 

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

ホールドチューブ「タッチフュージョン」

https://www.pal-shop.jp/item/A91633610.html

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 リュック・バッグ 』新着ユーザー投稿記事

『 リュック・バッグ 』新着ユーザー投稿写真

『 リュック・バッグ 』新着編集部記事

おすすめ記事