気になるカラフルバッグが日本へ本格上陸!コトパクシの「注目バッグ」をチェックしよう | BE-PAL

気になるカラフルバッグが日本へ本格上陸!コトパクシの「注目バッグ」をチェックしよう

2021.02.02

持っているだけで楽しくなるようなカラフルなアウトドアアイテムを展開するcotopaxi(コトパクシ)が、この度待望の日本本格上陸を果たす。ファッション感度の高いキャンパーはすでにご存知かもしれないが、あらためてブランドの魅力をおさらいしつつ、最新アイテムをチェックしよう!

社会や自然の問題に取り組むアメリカ発ブランド 

コトパクシは、2013年にユタ州のソルトレイクシティで生まれたアウトドアブランド。創業者のデイビス・スミスが幼少期に南米で貧困問題を目の当たりにしたことを背景に、発展途上国の労働者を支援するフェアトレードを掲げている。 

また、製品の素材には再利用やリサイクル素材を多用するなど、環境面にも配慮。それでも品質やデザインにはこだわり、フェアトレードや再利用素材であることを活かしたアイテムは、他ブランドにはない魅力的な個性を発揮している。

斬新なのにチャーミング!注目の新作バッグ

「アルパ トラベル パック デルディア (35L)」¥25,000+税

今回はコトパクシの代表的シリーズ・デルディアの2021年春夏シリーズをご紹介。

同ブランドの顔ともいえる色鮮やかな生地を何色も組み合わせたバッグは、その時々に集まった再利用生地をフィリピンの職人が自由に配色を組み合わせて製造。ファスナーやストラップ、カラビナなど、細部にまで配色のこだわりが見える仕上がりだ。どれを選んでも1点モノということで、「人と違うモノが欲しい!」という人は必見。

上と左右の3箇所にハンドルがあり、手で持つことも可能。

ドーム状のフロント部に愛嬌を感じるアルパは、35L42Lのたっぷりサイズを展開。強いカーブを描くストラップは、薄型で肩への負荷を分散するため疲れにくく、サイドのハンドルを使いたい時などには収納も可能だ。

着替えや小物の収納に便利なメッシュコンパートメント。

レインカバー付きでアウトドア派に嬉しいのはもちろん内部には大きなメッシュコンパートメントもあり、旅行やタウンユースにもうってつけだ。また、42Lはさらに外面にラップトップ、中面にタブレットとスマートフォンを収納できるスリーブポケットが付属している。

アルパ トラベル パック デルディア (35L)

価格:¥25,000+税
サイズ:51×30×20cm
重量:1,587kg

アルパ トラベル パック デルディア (42L)

価格:¥27,000+税
サイズ:55×34×22.5cm
重量:1, 847kg 

「 バックパック デルディア (24L)」¥9,500+税。

面長でユニークなシルエットのルソンは、ハイクやトレランといったアクティビティにぴったりなバッグ。ショルダーストラップにはメッシュ素材を採用し、汗をかいても乾きやすい仕様。とにかく軽くて丈夫な点が魅力だ。

背面のトップ部にはハイドレーションチューブを通す穴がある。

サイズは18Lと24Lを展開。ウエストベルト付きで激しく動いてもバッグが左右にずれにくく、安定して背負える。口は紐で引き締めるタイプで、中のものが出しやすい。

バックパック デルディア (18L)

価格:¥7,000+税
サイズ:51×34×12cm
重量:300g

バックパック デルディア (24L)

価格:¥9,500+税
サイズ:61×30×18cm
重量:420g

発売は2021年3月頃に全国のアウトドアショップにて取扱い予定。社会や自然へ配慮しながらも、機能性も高くファッショナブルなコトパクシのアイテム。ブランドのストーリーに想いを馳せながら、ぜひアウトドアを彩るお気に入りのオンリーワンを見つけてほしい。

正規販売代理店のアルコインターナショナル 公式ページ
https://www.alco-group.com

コトパクシ 日本公式アカウント
https://www.instagram.com/cotopaxi.jp/
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 リュック・バッグ 』新着ユーザー投稿記事

『 リュック・バッグ 』新着ユーザー投稿写真

『 リュック・バッグ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。