• ホーム
  • 自作・DIY
  • 【簡単DIY】「ラブリコ」でカウンター下のデッドスペースを収納棚にしよう!

【簡単DIY】「ラブリコ」でカウンター下のデッドスペースを収納棚にしよう!

2021.04.07

私が書きました!
フリーライター
おおしまはな
愛知県在住。ファミリーデイキャンプが中心のフリーライター。昔はインドア派でしたが、外で食べるご飯のおいしさに目覚めました。最初は組み立て方もわからないギアが多かったのですが、経験を積むうちにできるように。これからキャンプを始めよう!と思う人が、参考になるような記事を書いていきます。

写真は全て著者の私物です。

部屋に合わせた棚がほしい

「収納棚が欲しいけれど、ぴったり合うサイズがない……」

このように困ってしまった経験はありませんか?

収納棚を置くと部屋が狭くなり、使いづらくなる……そんなお悩みを解消します。今回紹介するラブリコの2×4アジャスターを使えば、好みの大きさやデザインに合わせた棚が作れます。

簡単に作れるので、DIY初心者さんでも大丈夫。

新しいことを始めたい春、おしゃれで丈夫な棚を作ってみませんか?

ラブリコとは?

ラブリコの2×4アジャスターです。

ラブリコとは平安伸銅工業株式会社から販売されている、木材で棚を作るアイテムの総称です。

アジャスターやDIYパーツ、パーツ木材セットなどがあり、どれも簡単にDIYを楽しめる商品となっています。

今回は2×4アジャスターを2つ使います。

ラブリコの2×4アジャスターで棚を作ろう!

カウンターの下に棚を作ります。

今回はデッドスペースになっていたカウンター下に、棚を作ることにしました。

2×4アジャスターと2×4材を使って、スペースを有効活用していきます。

必要なもの

今回のDIYに必要な材料は、ホームセンターと100均で手に入ります。

棚は2枚つけます。

木材

・SPF 2×4材 2本
・棚板 2枚
・角材 2本

材料

・ラブリコ2×4アジャスター 2個
・ブラケット(棚受け) 4個

準備

柱となる2×4材をカットします。

大きなホームセンターで購入するなら、木材カットサービスを利用するとよいでしょう。希望の長さに切ってもらえるので便利ですよ。

今回はカウンターの高さが700ミリなので、アジャスター分95ミリを引いた605ミリにカットします。

手袋とマスク、メガネを装着して屋外で行います。

木材の表面を滑らかにするために、紙やすりをかけていきましょう。

手に木のトゲが刺さらないよう、手袋をはめて行ないます。

細かい粉が飛ぶので、マスクとメガネをつけて屋外で行なってください。

色をつける

ブライワックス。色はジャコビアンです。

今回はBRIWAX(ブライワックス)という木材用のワックスを使って着色します。

ホームセンターなどで手に入ります。

程よくツヤが出て、木材が味わい深くなります。

着なくなった服を小さく切って、使いました。

布かスチールウールにブライワックスを取り、木材に塗っていくだけ。

服に付くと取れにくいので、ワックスを使う際は汚れてもいい服装で行なうのがおすすめです。

柔らかいワックスなので塗りやすい!

ムラなく塗るのがきれいに仕上げるこつです。

棚板の前面に角材をつける

棚板の前面に、角材をつけます。

収納したものが、棚から落ちないようにするためです。

ボンドをつけます。

板の端につけます。

角材をボンドで板に貼り付けます。

固定させます。

完全に乾くまで、固定します。

棚板を柱につける

油性ペンで印をつけます。

棚板をつける位置を決め、柱に印をつけます。

ずれると棚板が斜めになってしまうので、ここは丁寧に測ってくださいね。

今回は上から26センチ、下から10センチのところに棚板をつけていきます。

収納したいものに合わせて位置を決めてください。

ネジを止めます。ゆっくり慎重に!

印をつけたら、ブラケットと2×4材をネジで止めていきます。

2×4材にはドリルで少し穴を開けて、ネジを止めやすくしています。

少しずれました……。

次はブラケットと棚板のネジを止めていきます。

ネジの長さは板の厚みよりも、少し短めを選んでください。

2×4アジャスターをはめる

アジャスターをはめます。

完成まであと少しです。柱に2×4アジャスターをはめていきましょう。

上下のアジャスターを2×4材に被せるだけなので簡単です。

大体の位置を決めたら棚を設置し、上部アジャスターのネジをゆるく締めていきます。

もしズレてしまっても大丈夫。簡単に移動ができますので、ここは気楽に。

ネジをしめて、突っ張ります。

場所が決まったらアジャスターのネジをひねり、しっかりと締めます。

ネジを強く締めると、かなり頑丈に固定ができます。

実際に柱をもって揺らしてみましたが、私の力ではビクともしませんでした。

マグやメスキットを置いてみました。

完成です。

まとめ

今回はラブリコの2×4アジャスターを使って、棚を作ってみました。

市販の棚は部屋の大きさに合わせて商品を買う必要がありますが、2×4アジャスターで作る棚はどんな大きさでも対応できます。

2×4アジャスターの使い道は棚がメインとなっていますが、部屋の間仕切りやキャットウォークなどアイデア次第で様々な使い方ができます。

壁に釘やネジで穴を開ける必要がないので、特に賃貸物件にお住まいの方におすすめです。

ラブリコの2×4アジャスターを使って、新しいインテリアを楽しんでみませんか?

2×4アジャスター LABRICO ラブリコ DIY収納パーツ

セット内容:アジャスター 1セット、取扱説明書
使用荷重:20キロ(柱1本当たり)
取付寸法(天井の高さ):高さ2750ミリまで

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 自作・DIY
  • 【簡単DIY】「ラブリコ」でカウンター下のデッドスペースを収納棚にしよう!

関連記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿写真

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。