一度は食べてみたい!幻のキノコ料理【番外編:採り方】 | 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

一度は食べてみたい!幻のキノコ料理【番外編:採り方】

2015.10.23

キノコ料理を食すには、まずは採るところから!キノコレシピを教えてくれた蜂須賀さんが教えてくれました。

根元深くから掘りとる

キノコ

根元にツボ(外皮膜)があるかどうかは見分けポイントのひとつ。根元にナイフを差し入れ、根こそぎ掘って観察。

なめてみる

キノコ
味も見分けの大きな要素。キノコを切って、中の肉に舌を当て、味を確認してみよう。ただし、決して飲み込まないこと。

狙い目は地形の変わる場所
斜面のふちなど、地形が変わるような場所に生えている場合が多い。斜面の場合は、下から上に向かって探すと、傘の裏側が見えたりして見つかりやすい。

キノコ情報をチェック!
福島の原発事故の影響で、東日本を中心に、キノコの採集が禁止されているエリアがある。林野庁のHPでは「きのこ・山菜等の放射性物質の検査結果」を公開。事前に必ずチェックしよう。

蜂須賀公之

「食べられるキノコかどうか決める法則はないんだ。それぞれの特徴を確認し、種の見分けをするしかない。よく似た毒キノ
コがあったりするし、5年や10年の経験を積まないとね。
 キノコとの出会いは一期一会。10年に1回しか出会えないものもあるよ。だから練習はなし。調理法でくくったりせず、とにかく、その1回で勝負に勝つ料理をする。完成したひと皿から、今日歩いた風景を映画のように思い起こさせるのが理想なんだ」

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。