炭火の置き方の基本・6パターンを覚えて、火加減をコントロール! | BE-PAL

炭火の置き方の基本・6パターンを覚えて、火加減をコントロール!

2016.10.21

ひと味ちがったおいしいBBQ料理を作るためには“火力の調整“がキモになる。

炭火の並べ方や高さなど、基本の6パターンの炭火レイアウト方法をマスターしておけば、強火から弱火まで、火力を自在にコントロールできる。火力調整を覚えることもまた、BBQの楽しみのひとつ。火を操ってBBQ達人を目指そう!

①ワンゾーン・ファイア

36-1

全体的に炭火を敷き詰めるレイアウト。火加減がワンパターンになるので、一気に野菜を焼くなど、火力調整の必要ない料理に向く。

②ツーゾーン・ファイア

36-2-2

グリルの半分に炭火を敷く。炭火の高さを調整することで、強火や中火を作れる。炭火のない部分はウォーマーとしても利用できる。

③スリーゾーン・ファイア

37-2-1

炭火がない場所と炭火をスロープ状に置く部分を作ることで、200度以上の強火から120度の弱火まで調整可能。ステーキなどに向く。

④スプリットツーゾーン・ファイア

37-2-2

両サイドに炭火を敷き、センター部にアルミ箔で作った脂の受け皿をセット。中央の炭火のない部分の上に肉を置き、間接的に焼く方法。

⑤サークル・ファイア

37-2-3

炭火をサークル状に並べる方法。 串焼きのときなど、先端部だけが焦げてしまうことがあるが、このレイアウトなら均一に焼ける。

⑥マウンテン・ファイア

37-2-4

炭火を真ん中に寄せ集めて山状にすることで火力を確保。BBQの終盤によく使うレイアウト。串に刺したマシュマロやチーズ焼きに最適。

 

構成/松村由美子 撮影/中村文隆

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。