休日のピースフルな友、メリノウールとクライミングパンツ。

ピースフルな週末のための服

 

週末を楽しく過ごすため、いくらギアを整えたり、おいしい食材を揃えたり、

眺めのいいキャンプ場を訪れても、自分自身が快適じゃないと楽しくない。

いや、むしろ、自分次第でどんな状況でも楽しくなるはず。

だから暑いとか寒いとか、動きづらいなんてもってのほか。

そんなミスをb*pはしませんよ。

 

そこでオススメなのが「ibex」の「スコートジュラフーディ」と、

「ROKX」の「コットンウッドパンツ」

ともに街での普段着としても使えるファッション性をもちながら、

アウトドアシーンでも使える「機能ウェア」なのだ。

僕たちb*p編集部員も、男3人、色違いで上下揃えてみた(上写真)。

 

「ibex」の「スコートジュラフーディ」

天然の温度調節素材=メリノウールのパーカだ。

自転車に乗ってもすーいすい。

腕を伸ばしたり、立ちこぎしたりしても、

どこも突っ張るところはない。

 

 

ちょっと寒くなってきたら上にジャケットを。

メリノウールは、暑いときにもムレにくい。

また、汗をかいたときに汗冷えしにくいので、

ミッドレイヤー(中間着)に最適。

肌ざわりも、ずっとさらさら。

 

 

ピクニックやキャンプやフェスに行くときには

たいてい荷物運びにはじまり、荷物運びに終わる。

そんなときに腕回りがタイトだと動きにくいが、

「スコートジュラフーディ」ならノンストレスで動けちゃう。

 

高原の冷たい風にも、パーカ1枚で充分あたたかい。

そして、ハードに動いても汗が抜けるから、暑すぎることがない。

いわば、天然のエアコンディショニング服なのだ。

 

bp_logo

→ご購入はこちら!

 

 

 

 

 

「ROKX」の「コットンウッドパンツ」

クライマーの定番パンツだから、裾(すそ)がリブで締まっている。

 

「ROKX」ブランドを立ち上げたマイク・グラハムは、

1970年代にカリフォルニアのヨセミテを中心に数々のルートを開拓し、

伝説のクライマー集団「THE STONEMASTERS」の一員として

アウトドア界にその名を轟かせた名クライマーだ。

 


(写真提供/フォワード・アパレル・カンパニー)

 

そのマイク・グラハムがクライミングのときに好んで着用していたのが、

裾をリブで絞ったパンツだった。

 

(写真提供/フォワード・アパレル・カンパニー)

 

これって、僕たちにとっては、自転車に乗るのにバッチリってこと。

 

 

 

ペグを打ったり、タープを張ったり、

イスに座って料理したり、木にランタンをつるしたり。

とにかく立ったり座ったりがしやすい。

クライマーパンツなら、余裕です。

 

 

で、別にあえてストレッチする必要もないのだが(か、堅い……)、

股下はガゼット・クロッチ仕様になっているので180度開脚できる。

え、180度?

そこまで足が開く人は少ないと思うので、ある意味でオーバースペックなのだが、

オーバースペックって言葉、みんなキライじゃないでしょ?

 

bp_logo

→こちらで販売中です!

 

★お買い物はこちらから→https://www.bepal.net/bp/24560

★お買い物はこちらから→https://www.bepal.net/bp/24618