【気になる最新ギアお試し隊】丸めて運び、広げて使う。超軽量&コンパクト焚き火台の新機軸! | 焚き火・火おこし道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 【気になる最新ギアお試し隊】丸めて運び、広げて使う。超軽量&コンパクト焚き火台の新機軸!

    2018.08.24 高橋庄太郎

    「重い」「デカい」が一般の焚き火台のイメージ。なかには「軽量」「小型」を目指したものもあるのだが、使いやすさ、持ち運びやすさでいうと……。

    バックパックにも入る焚き火台

    しかし、さらなる進化を見せてくれたのが、多摩川の某所でテストしてきたパーゴワークス「ニンジャファイヤースタンド」

    中空で軽い金属パイプとメッシュネットを組み合わせたシンプルな構造で、見た目もなかなかスタイリッシュだ。

    なにより、丸めて収納したときのサイズ感がうれしい! 大型どころか小型のバックパックにも余裕で収まり、どんなところにでも持っていける。それでいて300gに満たない重量は、クルマでは移動しない「人力派キャンプ」の「焚き火好き」は放っておけないはずだ。

    この焚き火台は軽量小型タイプだけに強度は限定的。メッシュネットには太い薪を載せられるほどのスペースはなく、鋳鉄のダッチオーブンを載せると金属パイプのゴトクは曲がりそうである。無理はさせられない。だが周囲で拾った小枝を燃やしたり、3~4人用クッカーを載せたりするのには十分だった。

    おもしろくて便利なのは、付属の火吹き棒。こいつで空気を送り、一気にメラメラと火力を高めたりして遊んでいると、妙にテンションも上がりますよ。

    金属パーツを組み立てると、上部はX型に。この部分がクッカーや焼き網を置くゴトクになる。

    真上からは地面が透けて見える。これは、薪を置く部分が目が細かい金属製のメッシュネットだから。

    なんと金属パイプにシリコンチューブが組み合わされた火吹き棒も付属。パイプは修理にも使える。

    収納時は長さ36㎝、直径3㎝ほどの大きさに。丸めた状態でトグル付きのコードを使い、固定する。

    広げた状態。中央がメッシュネット、右に金属パーツと火吹き棒。左には使用方法を描いたイラストも。

    パーゴワークス/ニンジャファイヤースタンド

    極細のステンレスパイプとメッシュネットで作られた重量280gの超軽量焚き火台。メッシュネットには柔軟性があり、ケースごと丸めて持ち運べる。バックパックにも収納しやすいので、これまでは重量やかさばりが気になって人力では焚き火台を持っていきにくかった山の中や、荷物を減らして公共交通機関で移動する際も便利だ。

    ¥13,000

    サイズ:360×360×300㎜
    収納サイズ:360×30㎜
    重量:280g 
    主素材:ステンレス

    https://www.paagoworks.com/

     

    8◎文=高橋庄太郎
    自分が行なう焚き火のスタイルは、もっぱら河原や海岸での直火。山中用に、こんな焚き火台が欲しい。著書『トレッキング実践学[改訂版]』は7月末に発売されたばかり。

    ※撮影/加戸昭太郎

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 焚き火・火おこし道具 』新着編集部記事

    無骨なデザインで多機能なのがたまらない!「THE IRON FIELD GEAR」の3way鉄製火ばさみ

    2023.01.26

    ロゴスの焚き火台は火床2段仕様!多彩な料理が楽しめる「ファイヤークックピット」

    2023.01.25

    燃料は木炭!かまど&炭コンロの「遊火」アイテム7選

    2023.01.17

    握りやすいスマートフォルム!火吹きと薪ばさみ兼用タイプの決定版

    2023.01.02

    冬キャンプにウインドスクリーンは当たり前?知っておくべき役割と効果

    2022.12.29

    ファミリーキャンプにぴったりな焚き火台を選ぶ6つのポイント

    2022.12.28

    z