「腰で運ぶ」トレンドが再来!いま気になるウエストバッグ10選 | バックパック・バッグ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

「腰で運ぶ」トレンドが再来!いま気になるウエストバッグ10選

2018.07.22

ウエストバッグをスリングとして肩に斜め掛けするのではなく、「腰」に着ける本来の装着スタイルが流行ってます。旅行やフェス、キャンプのほか、散歩のときなどにいま、腰で運ぶ便利さ、心地よさが見直されているんです!

◎旅先で重宝するパッカブル仕様
パタゴニア/
ライトウェイト・トラベル・ミニ・ヒップ・パック

メインコンパートメント内のジッパーポケットに本体をすっぽりと収納できるパッカブル式。普段使いはもちろん、旅先で使うサブバッグとして携行するのにも便利な軽量モデルだ。
¥3,800
●サイズ=18×11×5㎝
●重量=99g●容量=1.8ℓ
●カラー=全6色
http://www.patagonia.jp/home/

 

超トラディショナル!そして超希少なMade in USA
メロ/
ウエストポーチ

小容量で必要最小限の小物が入る程度だが、これぞウエストバッグ! って感じ。創業者であるジム・メルヴェルが自らデザインしたバッグを米国内で作りあげたい──という思いから、1985年に創設されたブランド。
¥4,500
●サイズ
=25×9×11㎝
●重量
=80g(実測)
●容量
=1.8ℓ
●カラー
=全3色
https://melobags.jp/

 

◎小さいながらもオーガナイザー機能充実
ドイター/
オーガナイザーベルト

本体内にジッパーポケットを含む7個のオーガナイザーポケットを装備。小型ながら、小物をきれいに整理して持ち歩けるデザインになっている。ジッパー付きアウトポケット内にはキークリップが付いている。
¥3,000
●サイズ
=23×14×6㎝
●容量
=1.8ℓ●重量=145g
●カラー
=全3色
https://www.deuter.com/JP/jp/index.html

 

◎カメラフリークの決定版!
ピークデザイン/
エブリデイスリング5L

コンデジ、ミラーレス、小型一眼レフを収納可能。独自の仕切りパッドが2枚付き、カメラを安全に持ち運べるのはもちろん、その他の収納物との仕分けも容易だ。スリング仕様だがウエストに装着することもできる。
¥14,000
●サイズ=31×19×11㎝
●容量=5ℓ
●重量=500g
●カラー=全2色
https://www.ginichi.co.jp/brand/peakdesign

 

◎収納しやすいスクエアなデザイン
ジャンスポーツ/
ウェステッド

開口部が大きく、収納物の出し入れがとてもスムーズにできる。ポケットはジッパー開閉式のアウトポケットのみ。ストラップの長さは十分にあり、肩に斜め掛けするボディーバッグとしても使えるように考慮されている。
¥3,500
●サイズ=25.5×14×5㎝
●容量=3ℓ
●重量=100g
●カラー=全5種
http://jansport.co.jp/

 

◎光沢のある生地が特徴のちょっと大きめタイプ
ケルティ/
エレガントミニファニー

長財布や500㎖のペットボトルも収納可能なサイズで、日常はもちろんのこと、野外フェスなどで歩きまわるときにも便利なサイズ。柔らかいけどめっぽう丈夫な、コーデュラナイロンのツイル(綾織り)地を使用。
¥6,500
●サイズ=32×15×10㎝
●重量=200g●容量=5ℓ
●カラー=全1色
http://www.kelty.co.jp/

 

◎フィット感バツグンのスリムデザイン
ザ・ノース・フェイス/
グラニュール

フィット感を重視したスリムなデザインで、日常使いに加えランニングなどのエクササイズ時にも対応。本体内にはメッシュポケットとキークリップ、外側(体に接する側)にはジッパーポケットが付いている。
¥3,400
●サイズ=36×13×5.5㎝
●容量=1.5ℓ
●重量=170g
●カラー=全8色
https://www.goldwin.co.jp/tnf/

 

◎旅行カバンに忍ばせておけるパッカブル式
エル・エル・ビーン/
ストアウェイ・ヒップ・パック

軽量なナイロンリップストップ素材が使われ、内部のジッパーポケットに本体を収納できるパッカブル仕様。バックパネルには通気性の良いメッシュ素材が使われ、薄着の季節でも装着感はバッチリ。キークリップ付き。
¥2,900
●サイズ
=(約)23×15×8㎝
●容量
=約1ℓ
●重量=約113g
●カラー
=全5色
http://www.llbean.co.jp/

 

◎水際遊び人にぴったりな防水仕様
シールライン/
シール パック

開口部をロールダウンして左右をバックルで留めれば、本体内に雨や水が浸入する心配がなく、SUPやカヤックなど水辺で遊ぶときにはだんぜんお薦め。正面には止水ジッパーのアウトポケットが付いている。
¥6,600
●サイズ=20×20×8㎝
●容量=4ℓ
●重量=207g
●カラー=全5色
https://www.e-mot.co.jp/sealline/

 

◎着脱式パッドも付いたたっぷり容量タイプ
ターグ/
ミディアムウエスト

ベルトに着脱式パッド(洗濯可)が付き、ウエスト装着時には腰、肩への斜め掛け時には肩への荷重負担を和らげてくれる。ジッパー操作時に本体を支えるためのループが付き、開閉がスムーズにできるよう工夫されている。
¥10,000
●サイズ=約48×21×13㎝
●容量=5.5ℓ
●重量=470g
●カラー=全6色
https://www.helinox.co.jp/product/terg

 

※サイズ表記は「幅×高さ×奥行き」の順です。

◎構成/坂本りえ ◎撮影/永易量行

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 バックパック・バッグ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。