なるほど、そう来たか!意外性たっぷりな2024年バックパック新作5選 | バックパック・バッグ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • バックパック・バッグ

    2024.01.03

    なるほど、そう来たか!意外性たっぷりな2024年バックパック新作5選

    毎年、数多くの新製品が発表されるバックパック。そのなかで意外性がおもしろく、新機軸に感心させられるのが、紹介する5点だ。アウトドアの達人がセレクト!

    2024年は狙うべきバックパックが目白押し!

    私が選びました! ライター 高橋庄太郎

    ライター 高橋庄太郎

    夏は北海道、冬は沖縄での野営が大好き。得意な分野は"人力で運べる"登山向けの道具で、著書に『トレッキング実践学』(ADDIX)等。

    バックパックの多様化が進み、魅力は尽きない!

    「なるほど、こう来たか!」と、驚かされるものばかりだったのが、バックパックの新製品だ。
    たとえば、ニーモ。テントなどの「住」関係のブランドが、まさかバックパックに手を広げるとは。硬派なブラックダイヤモンドによるウルトラライト系モデルにもビックリしたし、質実剛健イメージのミステリーランチが手掛けた大型軽量モデルも意外だった。ピンゴーラはブランド自体が日本初登場で、それだけでも大いに興味を引かれた。
     
    パーゴワークスの“定番モデルの素材違い”は想定内の新製品かもしれない。だが、このパリっとした質感とブラックのカッコよさは予想以上なのであった。
     
    2024年はどれを買うべきか? バックパックはあまりにも多様な方向に進化しており、それぞれ魅力的。セレクトした僕自身、迷ってしまうのだ。

    ベスト3

    中央が1位、左が2位、右が3位。

    第1位・あの人気ブランドが新ジャンルへ進出!

    ニーモ/リゾルブ35 
    ¥28,050

    ニーモ/リゾルブ35 

    テントや寝袋で有名なニーモの初となるバックパック。リサイクル素材を多用し、傷んで使用を終えたあとも再びリサイクルできる〝完全循環型″製品だ。背面長の調整もでき背負いやすい。

    問い合わせ先:イワタニ・プリムス TEL:03(6667)0680

    第2位・ウルトラライトで耐久性も上々

    ブラックダイヤモンド/ベータライト45
    ¥59,510(予価)

    近年人気のロールトップ式ULパックをクライミングなどの視点から新解釈。軽量かつ高強度のウルトラ200という生地を使い、ハーネスは体になじむランニングベストタイプだ

    問い合わせ先:ロストアロー www.lostarrow.co.jp

    第3位・残布を最大限に使い環境にも配慮

    ピンゴーラ/ルーシッド25 
    ¥24,200

    2022年にアメリカ・ユタ州で生まれたブランドが、早くも日本に進出。同モデルはかわいらしいカラーリングが印象的で、肩に滑り止めが付いたハーネスなど細部の工夫も特徴だ。

    問い合わせ先:ハイマウント TEL:03(3667)4545

    第4位・大人気モデルの2024年限定版

    パーゴワークス/バディ22SP
    ¥26,400

    パーゴワークス/バディ22SP

    大定番の本家"バディ"との違いは、その素材。こちらにはECOPAKが使われ、防水性と耐久性が格段にアップ。価格は少々高くなるが、長く使える。

    問い合わせ先:パーゴワークス TEL:042(312)2865

    第5位・質実剛健ブランドが生んだ軽量モデル

    ミステリーランチ/レイデックス47
    ¥35,200

    ミステリーランチ/レイデックス47

    重い荷物に耐えうるタフな素材と構造を持ち、容量約45ℓで重量は1.4㎏〜。巨大なフロントとサイドの巨大なポケットが大きなポイントだ

    問い合わせ先:エイ アンド エフ TEL:03(3209)7575

    ここからは…全国14のショップスタッフによる2023に売れたバックパックTOP5!

    第1位・ミレー/サースフェーNX 30+5
    ¥28,050

    ミレー/サースフェーNX 30+5

    進化を続ける大定番の2023年最新モデル。背面の通気性に優れ、表面素材の撥水性の高さにも驚く。ポケットの拡張性も素晴らしい。

    問い合わせ先:ミレー・マウンテン・グループ・ジャパン TEL:050-3198-9161

    肩のハーネスにポケットが増え、サコッシュを持たなくてもよいのも長所です。(石井スポーツヨドバシ横浜店)

    第2位・パーゴワークス/バディ22 
    ¥19,800

    第3位・マムート/リチウム25 
    ¥17,050

    第4位・オスプレイ/ストラトス36 
    ¥33,000

    第5位・モンベル/ガレナパック20 
    ¥13,200

    ※構成/高橋庄太郎 撮影/中村文隆

    (BE-PAL 2024年1月号より)

    NEW ARTICLES

    『 バックパック・バッグ 』新着編集部記事

    アウトドアブランドのショルダーバッグ10選|おしゃれで丈夫なおすすめモデルを紹介

    2024.07.09

    キャンプで活躍間違いナシのトートバッグ8選|大容量・高機能・保冷機能付きなどおすすめトート特集

    2024.07.07

    PINGORA (ピンゴーラ) / ルーシッド25

    2024.06.20

    アタックザックのおすすめ9選!本格的な登山を見据えた選び方も解説

    2024.06.18

    ドラえもん×アウトドア好きは要チェック!KELTYコラボのショルダーバッグがかわいすぎます

    2024.06.15

    パーゴワークス「ラッシュ 11R」は長く使い続けられるバックパックだ!

    2024.06.14

    アウトドアブランドリュック16選|防水・高耐久性など高機能で頼れるアイテムを紹介

    2024.06.10

    30L台のリュック15選|収納しやすく高機能。アウトドア・通勤・通学に使えるバックパック

    2024.06.05