足元をグンと温めてくれる!冬キャンプにおすすめのテバ「リエンバー テレイン ミッド」徹底レビュー | フットウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • フットウェア

    2023.12.05

    足元をグンと温めてくれる!冬キャンプにおすすめのテバ「リエンバー テレイン ミッド」徹底レビュー

    ロゴの寄り

    スポーツサンダルのパイオニアとして名高いTeva(テバ)が、冬の足元をグンと暖めてくれるフットウェアを発売。冬キャンプで使えるシューズを探していた筆者にとって、このブーツは気になっていたアイテムのひとつだ。この度手に入れることができたので、実際に使ってみた感想をお伝えする。

    起毛素材と極厚フットベッドが快適性のミソ

    商品全体

    「リエンバー テレイン ミッド」¥17,600

    今回紹介するのは、“クラシカルなアウトドアギア”をイメージしたミドルカットのブーツ。こちらーはデザート トープというライトグレーに近いカラーで、そのほかにブラック、ダークグレーに近いセドナ セージ マルチの計3色を展開する。

    商品の外側

    前はキルティング、後ろはフェルトと異素材を配置。

    商品の内側

    擦れやすい親指の付け根部分には補強素材がある。

    一般的なシューズのデザインとは異なり、前と後ろとでは異なる素材を採用。フロントにはリップストップ生地を使った非吸湿性のキルティング、バックと内側には再生素材50%の起毛ポリエステルを使っている。

    アッパーの寄り

    等高線のようなリップストップ生地のアッパー。トゥにはつま先を保護するシンセティック素材を使っている。

    履き口の寄り

    両サイドのスリッドにゴムを配してサイドゴア仕様に。

    アウトソール全体

    アウトソールは再生素材50%を使用したラバーソールを採用。

    生地の表面にはテバ ラビット プルーフという独自の撥水加工を施しており、多少の雨や水が当たっても中に染み込みにくくなっている。それに加え、アッパーのキルティングや後ろの起毛素材のおかげで、保温性があり寒さを防ぐ。

    アウトソールはオリジナルのラバー素材を使っており、耐久性とグリップ力を備える。パターンも独自に作ったもので、水の抜け具合や歩きやすさも考慮されている。

    フットベッドを持ったところ

    発色性のあるイエローのフッドベッド。

    ほかのフットベッドとの比較

    ほかのフットベッドと比べてその厚みは桁違い!

    なんといっても、リエンバー テレインの一番の特徴は中に敷いたフットベッド。ウルトラコンフというオリジナルの発泡素材で、25mmと分厚く、クッション性の高さは言わずもがな。
    また、ライフ ナチュラルズというペパーミントを原料とした抗菌素材を使っており、臭いのもととされるバクテリアの繁殖を防ぐ。長時間履き続けても、これによって足の臭いを抑えるのはアウトドアフィールドではありがたい。

    リエンバー テレイン ミッドを実際に履いてみた

    実際に履いて歩くところ1

    ジャストサイズの26.0cmを使用。

    ディテールを紹介したところで、次は足を入れて使ってみた。同商品は1cm刻みで展開されており、筆者はジャストサイズの26.0cmを履いた。甲がやや低く、親指の先や狭い印象ではあるが、それは履き始めの一瞬で次第に慣れてきた。

    実際に履いて歩いているところ2

    フットベッドのおかげで硬い場所を歩いても硬さを感じなかった。

    ミドルカットにより足首まで寒さを感じないとともに、砂地で歩いても靴の中に砂が入り込むことがなかったのが印象に残る。また、フットベッドのクッション性で硬い場所も難なく歩け、より足元が悪い悪路でもこれなら安心だと感じた。

    坂を登るところ

    坂も難なく歩くことができた。

    平地だけでなく、坂道も便利。アッパーの溝がシワを寄せにくくし、シワによって生じやすい足の痛みをなくしている。しかもミドルカットで足首まで生地が覆っているため、靴擦れが起きにくく安定して歩けるのだ。

    総じて、オリジナル生地や再生素材をふんだんに使いながら、フットベッドのクッション性やアッパーのデザインなど快適な機能を備えており、アウトドアに最適なブーツだと感じた。

    リエンバー テレイン ミッドで気になるところ

    商品を履いているところ

    履き口の前と後ろにプルタブを配置。

    履き心地と機能は申し分ないが、2点気になるところがある。1点目は履きやすさ。前後のプルタブと両サイドのゴムバンドによって足が入りやすいようになっているのだが、筆者は普段中厚手のソックスを履いていて、中に足を入れようとするとかなり窮屈な印象だった。薄いソックスであれば問題ないかもしれないので、店頭で試着してほしい。

    2点目は雨天時のグリップ性。アウトソールのパターンはしっかり溝があるため、普段使いやある程度のトレイルに履く分には問題ないが、濡れたタイルはやや滑る印象があった。特に街中など、ぬかるみのある地面で歩く際は気をつけよう。

    冬の足元をしっかり温める頼もしい存在

    商品を履いて立っているところ

    冬キャンプに向けて着々とギアを揃えている人も多いだろうが、足元は意外と見逃しやすい。テバのブーツなら、暖かいだけでなくクッション性があり履き心地もよく、これがあるだけで十分快適に過ごせること間違いなし。ただし、履きやすさは個人差があるため、まずは店頭で試着をして履いてみてはいかがだろうか。

    商品概要

    テバ「リエンバー テレイン ミッド」

    サイズ:25.0〜30.0cm(1.0cm刻み)
    重量:300g(片足27.0cm)

    商品の詳細はこちら

    私が書きました!
    『ロウホウ』代表
    小川迪裕
    アウトドア&ファッションメディアの編集者、ライター、コンテンツディレクター。雑誌、WEBメディアの編集と執筆に加え、ブランドのホームページやブックレットの製作も行う。日産・エクストレイルの上にルーフトップテントを載せて車上泊をするのがキャンプスタイル。愛犬のジャック・ラッセル・テリアと旅をするのが今の夢。https://www.michihiro-ogawa.com/

    あわせて読みたい

    NEW ARTICLES

    『 フットウェア 』新着編集部記事

    HOKAから反発力と推進力が強化されたランニングシューズ「MACH 6」登場!

    2024.02.21

    防寒靴おすすめ31選!No.1アウトドア雑誌が選ぶ最強のあったかシューズを一挙紹介

    2024.02.19

    ネイティブシューズがこの春から全国販売スタート!新作のWonder Wander Collectionに注目だ

    2024.02.18

    ダウンシューズおすすめ3選!足元ポカポカでテントシューズにもぴったり

    2024.02.17

    春が待ちきれない…。スルーハイクやトレイルランニング向けのTopo Athletic新作シューズ「TRAVERSE」が出た!

    2024.02.11

    冬キャンプにおすすめの靴16選|防寒性が高く歩きやすいアウトドアシューズ特集

    2024.02.05

    キーンのスニーカーは裸足感覚の履き心地!ヨーロピアンデザインの「KNX LACE」登場

    2024.02.02

    ワークマン冬靴特集|防寒・防水・撥水…多機能でコスパ最強の靴6選

    2024.01.29