アウトドア自由人の油井 昌由樹さんが語る「コールマンの赤ランタン」との出会い | ランタン・ライト 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ランタン・ライト

    2023.12.01

    アウトドア自由人の油井 昌由樹さんが語る「コールマンの赤ランタン」との出会い

    ランタンを手に取る油井 昌由樹さん

    アウトドアギアを中心に、世界の名品をいちはやく日本に紹介した油井 昌由樹さんをご存じだろうか若き日に世界一周に旅立ち、そこで出会ったコールマンとの出会い、そして古い道具の魅力を語っていただいた。

    アウトドアへの入り口を開いたのが、燦然と輝くコールマンの赤ランタン

    スポーツトレイン代表 油井(ゆい)昌由樹さん

    油井 昌由樹さん

    1947年生まれ。夕陽評論家でもある。’72年に「スポーツトレイン」をオープンし、海外のアウトドア・グッズの発信基地として常にトレンドをリードしてきた。

    出会ったのは’71年、今でも現役。200Aと紡いできた自分だけのストーリー

    1971年。今でいうところのパリピ青年油井昌由樹氏は(何せ趣味は赤坂で踊ること)、パンタロンにロングヘアーという出で立ちで、アラスカ州のアンカレッジに降り立った。目的は世界一周の旅。

    「当時はベトナム戦争の真っ只中だったから、出撃拠点だった日本には米兵がたくさんいてね。それが格好良くて。ただ、戦争が終息に向かうと米兵も撤退して、赤坂もスイッチを切ったみたいにつまらなくなっちゃった」
     
    米兵への憧れからの旅だった。

    「最初に泊まった3階建ての木造ホテルの隣に、アウトドアショップがあってさ。向こうはそういう店が生活の一部だから、風景に溶け込んでるんだよ」
     
    油井さんの目を奪ったのは、店先に吊るされた赤いランタン。

    「だってさ、光り輝いてるんだよ。もうそれしか見えないぐらい」
     
    当時、日本で野外用の照明といえば、灯油ランプかローソクぐらいだった。

    「明るさが違うんだよ。暗闇のなか、その店だけ昼間みたいに輝いてる。その風景を見た瞬間、オレ、これをやりたかったんだ、って。カルチャーショックってこういうことをいうんだね」
     
    翌日、リーバイス501とダンガリーシャツに着替え、頭にはワッチキャップ、ワークブーツを履き、そのショップで買ったいろいろな道具を持って、バックパッカーに変身を遂げた。

    「地下で遊んでいて外に出たら、いきなり森だった。そんな気分」
     
    マッキンリーに登ったり、タイガ地帯をアラスカ鉄道で内陸奥深くまで旅した。旅するなかで気に入ったモノに出会うと、それを日本に持って帰ったりもしていた。

    「そうするとさ、オピネルのナイフとかイムコのオイルライターとか、みんなが欲しがるんだよ。で、輸入販売会社として’72年に『スポーツトレイン』をオープンしたわけ」
     
    もちろん、店先にはコールマンの赤ランタン200Aを吊るした。これがスポーツトレインの目印になった。
     
    それから51年経つが、いまだ赤ランタンは健在だ。

    「200Aはランタンの基本の基。キャンプにもいまだ持っていくよ、オレはコレクションの趣味はないからさ。たまたま200Aと出会ったから、そいつと、とことん付き合う。今日まで一緒に過ごしている歴史が、乗っているでしょ。その自分だけのストーリーに価値があるわけよ。っていっても、最新のランタンだとちょっと難しいか」
     
    LEDランタンだって便利でいいんだけどね、と油井さんは話す。それを使ってどう過ごすかが大切なのだとも。

    「昔の道具ってノスタルジックな思いもあるけど、いい具合に面倒臭いんだよ。でも、その面倒が面白い。だってさ、せっかく空焼きしてマントル作ったのに、灰だから、ちょっと触っただけでボロッて壊れたりするんだよ。面倒みてらんないよな」
     
    といいつつ、赤ランタンを見つめる目は、どこか楽しそうだ。

    「構造が単純なんだよ。でもその分、部品さえ持ってれば修理できるから、いつまでも使える。ポンピングしてたらさ、カスカスするからポンプはずしてみたら、革のポンプカップがカッサカサでさ。オイルなんて持ってなかったから、とりあえずバター塗ったら、何とかなったよ(笑)」
     
    逆にいまの道具は便利な分、壊れたら直せないし、捨てるしかないのが残念だと。
     
    2年前、リアルな森のなかに自分の思い描くキャンプ場を作った油井さん。森のなかではどんなふうに過ごしているのか。

    「本当のキャンプは自分の痕跡を残さないもの。痕跡を残さないってことは、ありのままの自然が残ってるってこと。人間が無秩序に足を踏み入れると、自然が駄目になっちゃう。キャンプしてる横で勝手に野鳥が来て、カエルが卵を産んで、っていう世界観が大事なわけで。年を重ねるにつれて、道具が知恵という形に変わっていくのが理想かな。道具のおかげで随分気楽に生かさせてもらってるけどね」

    油井さんの昔のキャンプ風景

    ’70年代、ニッピンのA型テントを携え、愛犬のジョン太(本誌表紙を飾ったことも)とよくソロキャンプに出かけた。

    乗馬を楽しむ若き日の油井さん

    乗馬が趣味で、馬で行くことも。

     

    冬の湖畔で遊ぶ油井さん

    ’74年製200A

    1台目は店先に、これは2台目の’74年製200A。

    ツーマントルのコールマン228F

    より明るいのが欲しくて手に入れた、ツーマントルのコールマン228F。ケースがお気に入り。

    2006年モデルのコールマン285

    2006年モデルの285は防災用。緊急時はレギュラーガソリンが使える。

    コールマン222A

    コンパクトで携行に便利なイージーライト222A。

     

    油井さんが作ったキャンプ場「スポーツトレイン インフォレストキャンプ」

    スポーツトレイン インフォレストキャンプの場内

    スポーツトレイン インフォレストキャンプの入り口

    住所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2169-1
    電話:TEL:090-7988-3152
    料金:1サイト¥6,000〜 大人¥1,000/人
    HP:https://www.sportstraincamp.com/

    ※構成/大石裕美 撮影/小倉雄一郎

    (BE-PAL 2023年12月号より)

    NEW ARTICLES

    『 ランタン・ライト 』新着編集部記事

    ゴールゼロ「ライトマイクロフラッシュ」に日本限定のグレーが登場だ!

    2024.02.29

    おしゃれなランタン24選!LED、オイル、ガス…アンティーク調からユニークな個性派まで

    2024.02.26

    LEDランタンおすすめ36選!キャンプにも防災にも最適な人気モデルを紹介

    2024.02.23

    まだギリ手に入る逸品遺産!「ベルトがない」ヘッドライトが便利な3つの理由

    2024.02.12

    ペトロマックスHK500を使いこなす!魅力のポイントから使い方まで徹底解説

    2024.02.09

    スノーピークのランタン3選!ガス、LEDの人気モデルと使い方を紹介

    2024.01.30

    SOTOのランタン3選!人気モデルの使い方や魅力をレビュー

    2024.01.28

    アメリカの香り漂うアンティーク風ランタンが渋すぎるっ! LEDだからインテリアにも最適

    2024.01.28