アウトドアテーブルが進化する!セリアの便利なカスタマイズアイテム3選 | テーブル 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • テーブル

    2023.07.31

    アウトドアテーブルが進化する!セリアの便利なカスタマイズアイテム3選

    セリアのアウトドアテーブルカスタマイズアイテム

    セリアのアイテムでテーブルを便利にカスタマイズ!

    キャンプの必須アイテム、テーブル。ソロキャンプや仲間とのキャンプ、ファミリーキャンプなど、人数にかかわらずテーブルは必要になってきます。そんなアウトドアテーブルを便利にカスタマイズできるパーツが、セリアで販売されているのをご存じですか?

    今回は、筆者が特におすすめしたいカスタマイズアイテムTOP3をランキング形式で紹介。ぜひ最後まで読んでみてください。

    第3位 アウトドアテーブル用ポール(税込110円)

    セリアのアウトドアテーブルカスタマイズアイテム

    テーブル横に取り付けて使う「アウトドアテーブル用ポール」。

    第3位は、テーブル横に取り付けられる「アウトドアテーブル用ポール」。

    キャンプで直面するのが、アウトドアテーブルの天板サイズやサイト内のスペースには限りがあるという問題。

    その制限の中で調理器具や焚き火道具などを整理しなければなりません。そこで活躍するのが、この「アウトドアテーブル用ポール」です。

    セリアのアウトドアテーブルカスタマイズアイテム

    シェラカップなどを吊るせて便利!

    この商品をテーブル横に取り付ければ、フック状の道具を吊るせるようになります。

    キャンプギアの中には、シェラカップのように持ち手などがフック状になっているものも多くあり、そのようなギアを整理する際にとても活躍します。

    また、タオルをかけておく使い方もおすすめ。

    テーブル横への吊り下げは、必要なものをすぐ手に取れる、という意味でも非常に便利です。

    セリアのアウトドアテーブルカスタマイズアイテム

    取り付け方はとても簡単。

    しかもこちらのポール、取り付けがとても簡単。ネジでテーブルの端を挟むようにして固定するだけです。

    セリアのアウトドアテーブルカスタマイズアイテム

    テーブルの厚さの上限は6mm、テーブル端の下部がL字型になっているものが対象です。

    ネジで挟める厚さの上限は6mm。加えて、テーブル端の下部がL字型になっているものが対象です。購入前に、手持ちのテーブルへの取り付けが可能か、確認しておきましょう。

    耐荷重は3kg。小さな小物やタオル類を吊るしておくには十分なポールです。

    第2位 アウトドアテーブル用フック(税込110円)

    セリアのアウトドアテーブルカスタマイズアイテム

    穴のあいたギアを吊せる「アウトドアテーブル用フック」(写真右)。

    第2位は「アウトドアテーブル用フック」。

    こちらは、3位で紹介したポールの“フックバージョン”です。取り付けられるテーブルの条件もポールと同じで、テーブルの縁の厚さが6mm以内、テーブルの端の下部がL字型になっているものが対象となります。

    テーブルの端であればどこにでも取り付けられる点がとても便利!

    セリアのアウトドアテーブルカスタマイズアイテム

    ネジを回して取り付ける。

    フックなので、穴のあいたまな板、鉄板など、ポールだけでは吊るせなかったギアに使用できます。耐荷重はフック1つあたり1kgです。

    第1位 ポール用フック(税込110円)

    セリアのアウトドアテーブルカスタマイズアイテム

    3位で紹介した、ポール用のフックが超優秀!

    第1位は、3位で紹介したポールに取り付ける専用フックです。

    セリアのアウトドアテーブルカスタマイズアイテム

    取り付けも簡単。

    セリアのアウトドアテーブルカスタマイズアイテム

    ワンタッチで取り付け。

    ワンタッチで簡単にポールへ取り付けることができる手軽さから、第1位にランクイン。

    これにより、テーブル横に吊り下げられるキャンプギアのバリエーションがさらにアップします。

    セリアのアウトドアテーブルカスタマイズアイテム

    穴のあいたもの、輪っかになっているものなどが吊るせる。

    しかも、こちらのフックはポールの上をスムーズにスライドさせることが可能!

    セリアのアウトドアテーブルカスタマイズアイテム

    フックを持って…。

    セリアのアウトドアテーブルカスタマイズアイテム

    ポール上を簡単にスライドさせられる。

    作業の種類に応じてフックの位置をすばやく変えることができるので、とても便利です。

    ここまで読んで、「2位のフックと1位のフックはどう使い分ければいいの?」と疑問に思った方もいると思います。

    どちらも一長一短あるので、特徴を知って自身に合った方を選んでみてください。

    「ポール用フック」は取り付けがさらに簡単!

    まず取り付け方。2位で紹介した「テーブル用フック」も決して面倒ではありませんが、フックを1個取り付けるたびにネジをまわす必要があります。

    その点、ポールさえあればワンタッチで取り付けられる1位の「ポール用フック」の手軽さには劣ります。これは片付けのときも同様です。

    さらに、2位の「テーブル用フック」はポール用フックのようにスライドさせて位置を変えるようなこともできません。

    ただし「アウトドアテーブル用ポール」の用意が必要

    セリアのアウトドアテーブルカスタマイズアイテム

    自身の使い道にあわせて選ぼう。

    一方で、1位の「ポール用フック」を使うには、3位の「アウトドアテーブル用ポール」と「ポール用フック」(3個セット)の2点を買い揃える必要があります。トータルコストは税込220円。

    2位の「テーブル用フック」は2個セットと、「ポール用フック」よりも1個入り数が少ないものの、別途ポールを買う必要がないのでトータルコストは税込110円で済みます。

    よって、「費用感」「欲しいフックの数」を考えながら選ぶといいでしょう。

    もちろん、両方のフックをダブルで活用する方法もあります。

    耐荷重は同じ

    ちなみに耐荷重は、「ポール用フック」も「アウトドアテーブル用フック」と同様、1個あたり1kgです。3つのフックに1kgずつのものを吊るしたら、ポールの耐荷重である3kgに達するので注意しましょう。

    テーブルを便利にカスタマイズしよう

    セリアのアウトドアテーブルカスタマイズアイテム

    テーブルを便利にカスタマイズしよう。

    以上、セリアのアウトドアテーブル用品TOP3を紹介しました。

    テーブルの上が物で溢れかえっていると、作業をするのに非常にストレスになってしまいます。

    使っていないアイテムをポールやフックに吊り下げられると、テーブルの上も気分もすっきりするのでぜひ試してみてください。

    ただし、便利なあまりフックを取り付けすぎて、テーブルの耐荷重をオーバーしないようにご注意を。

    今回の記事が読者のみなさんのキャンプに少しでも役立てば幸いです。

    ワタナベ
    私が書きました!
    ライター・日本キャンプ協会認定インストラクター
    渡邉彰大
    元製薬企業研究職・農家生まれの自然を愛するロジカル・キャンパー。多くの人が気軽にキャンプを始めて欲しい想いから、わかりやすい初心者向け記事執筆に情熱を注ぐ。完全初心者が手軽にキャンプを始めるためのキャンプコンサル、ソロに挑戦したい人向けのソロキャンプコンサルも行い、キャンプの敷居を下げるために活動中。自分だけの世界に1つだけのオーダーメイドキャンプを作りあげたい人に向けたキャンプ・ブログも執筆中。キャンプにも役立つ?料理のYouTubeチャンネルも運営中。

    NEW ARTICLES

    『 テーブル 』新着編集部記事

    ogawa(オガワ)/タフメッシュテーブル 

    2024.01.16

    Onway(オンウェー)/イージーハイテーブル

    2024.01.16

    TiNY(タイニー)/テーブル 

    2024.01.16

    ogawa(オガワ)/ロールテーブルM  

    2024.01.16

    2024年コレが来る!使いやすくてスタイリッシュなテーブル5選

    2023.12.24

    SOTOのフィールドホッパーがあれば、ソロキャンの快適度がグンと上がるのだ

    2023.11.27

    福井ブランド「ドベルグ」×「ネイチャートーンズ」のコラボテーブルは完売必至!

    2023.11.20

    キャンプの焚き火にロゴスの囲炉裏テーブルが超イイっ! クラファン達成率なんと1700%!

    2023.11.03